京都牝馬ステークス&ダイヤモンドS2017の予想


おはようございます♩
びっくりするほど暖かかった昨日。でも春はまだ先のようです…。

明日はG1フェブラリーSがありますが、今日も重賞二つ。だんだんと競馬シーズンに入ってきたなっていう感じがしますね。

今日も頑張って行きましょう!

sponsor link



-京都11R 京都牝馬ステークスG3
◎13ナックビーナス
◯10レッツゴードンキ
▲2アットザシーサイド
△4.5.6.12.14.15.18

◎ナックビーナス
ますます安定感が増してきたこの馬、ここ3戦は着順だけではなくそのレース内容にも好感が持てる。距離は1200mでも1400mでも、レースは逃げ・好位差しと器用に鞍上の思惑に応えてきた。

その鞍上横山典J、このコンビがとにかく心強い。戦績から分かる通り、(3.4.1.1)と約90%馬券圏内に持ってくるほど、抜群の相性。

馬場も荒れてパワーを要求される中、ダートを使っていたこともあるこの馬であれば、もちろん問題はないだろうが、外めの枠から発走であれば好都合、逃げではなく、好位で脚を溜めて直線抜け出し、ここは初の重賞制覇を期待したい。

◯レッツゴードンキ
軸は好位から差してこれるナックビーナス、そして2列目は決めてのある差し馬2頭をチョイス。

重賞でも安定した末脚で確実に上位へ食い込んでくるものの、どうしても勝ちきれないレースが続いているこの馬。脚質的に仕方がないかもしれないが、今回はその末脚を発揮するのには良い舞台になりそう。

このレースは毎年差し馬が優勢傾向。雨や雪の影響で馬場の内側は相当荒れていると思われ、枠もちょうど良く決め手が生きそう。ここは人気でも対抗評価。

買い目
3連複15通り
◎〜◯▲〜印
馬単5通り
◎〜◯▲△4.6.14

sponsor link



-東京11R ダイヤモンドS G3
◎7フェイムゲーム
◯12アルバート
▲1.8.6
△11.4

◎フェイムゲーム
3年連続連対しているように、このレースへの適性が抜けて高いのがこの馬。長距離戦での持久力、長い直線での瞬発力など、馬へ求められる力が特徴的であればあるほど、適性の高さがものをいうはず。

このレースでは同じみのこの馬だが、今年はアルバートやカフジプリンスの存在や、近走の結果が振るっていないこともあり、人気を少し落としているのはとても嬉しい。2着であった去年も直近のレースで結果は出ておらず、調教でも目立って走っていたわけでもない。それでも人気を集めていた去年に比べ、斤量も軽くなった今年はやはり狙い目だろう。

去勢明け3戦目でそろそろ走り頃、3度目の勝利を期待したい。

買い目
3連複5通り
◎〜◯〜△
3連単20通り
◎→◯▲→◯▲△

 

ブログランキングに参加してます。1日1回応援クリックよろしくお願いします♪

sponsor link
2017-02-18 | Posted in Blog, 予想Comments Closed 

関連記事