【予想】阪神カップ2017は大穴から攻めました

pretzel - 【予想】阪神カップ2017は大穴から攻めました

本日は阪神カップ2017の予想を発表していきたいと思います。

クリスマスイブイブ、天気も良くて気持ちいいな〜 近年のわたしのスケジュールといえば…

 

有馬のために、徹夜組シートを敷きに行くことです(꒪ꇴ꒪|||)

 

毎年有馬記念は席を確保するのに大戦争ですからね…。それでもみんなが見たいのは、今年はやはりキタサンブラックとサブちゃんでしょうね。

数々のレースで競馬を盛り上げてくれたこのコンビ。そこにゆたけパワーが乗っかって、さらに楽しませてくれました。

最後のレースもきっと何か見せてくれるだろうなと思っています。

 

明日はとても楽しみですが、本日の阪神カップもとっても楽しみです!!

思い切った予想ですが、結構自分の中ではしっくり来たので、本命から攻めて行こうと思います。

朝日杯は的中も堅くて残念でしたので、今週は波乱に期待。

sponsor link


 

阪神カップG2の予想

◎9ビップライブリー【穴馬キラリ✧】
◯10サングレーザー
▲12ダンスディレクター
☆8エポワス
△2イスラボニータ
△7モズアスコット
△6キャンベルジュニア
△17シュウジ
△5レーヌミノル
△13.1714.11.15 (11:50訂正)
(ヒモは何が来てもおかしくないので多め)

 

◎ビップライブリー

この馬はここ最近の安定感がとにかく良く、今年に入ってすでに10戦をこなしていますが、馬券圏内を外したのはたった1回。2走前のスワンSの4着だけです。

残りの9戦は馬券圏内で、さらに内8戦は連対しているという驚異的な安定感です。

“準オープンでの話”と言われてしまいそうですが、ここ2戦は重賞でもその安定感は変わりませんでした。

特に2走前のG2スワンSは、最内枠発走から重馬場で荒れたラチ沿いを通っての4着。勝ったサングレーザーとは2馬身差でした。斤量もその時の2キロ差から今回は1キロ差。

ちなみにサングレーザーとは3走前の準オープンでも対戦していて、その時は1¼馬身差の2着でした。斤量は3キロ差だったのが今回は1キロ差ですので、サングレーザーとは互角の力があると見て良さそうです。

それでこれだけ人気に差があるようなら、やはり人気薄を狙いたいところですよね。

大野Jとのコンビも4戦オール連対。1400mの距離も(3,5,1,1)と抜群で、枠もど真ん中の良いところを引きました。

今のところ単勝11番人気と全く人気していないので、大穴を開けてくれることを期待したいです。

 

◯サングレーザー

ビップライブリーと互角の力があるということは、対抗はこの馬で決まりです。

やはり評価したいのはここ2戦のスワンSとマイルCSで、ハイレベルなメンバーの中でも十分に通用する力があることを証明しました。

特に前走のマイルCSは、ベストとは言えない1600mでも最後まで脚を伸ばして0,1秒差の3着。4着には約1馬身の差をつけました。

上位2頭のペルシアンナイトとエアスピネルは今回不在ですし、距離も3戦3勝と最も得意とする1400mに替わります。

マイルだとやや行きたがる感じがありますが、1400mの流れなら追走もスムーズで、それが3戦全てで上がり最速をマークする脚に繋がっているのだと思います。

阪神も2戦2連対と相性が良いですし、福永Jはこの馬に1番合っている印象です。枠も10番と最高のところを引きましたので、ここは本命に近い対抗で行きたいと思います。

 

▲ダンスディレクター

今のところ8番人気とあまり人気がありませんが、7ヶ月の休み明けからセントウルSで0,2秒差3着、スプリンターズSで0,3秒差の8着と好走し、7歳でもまだ力は衰えていないことを証明しました。

特に前走のスプリンターズSは中山1200では不利な大外枠発走から終始外外を回ってのもので、着順以上に評価できる内容でした。

このレースはリピーターレースとして有名ですが、一昨年はハナ差の2着→去年は¾馬身差の4着と好走しています。

シュウジでも、イスラボニータでもなく、隠れリピーターはこの馬だと思ってまして、ここは3番手評価で行きたいと思います。

 

買い目

3連複21通り
◎〜◯▲〜印

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

ワイド・3連単も検討中

 

たまに行くと意外と楽しいターフィーショップw(=ω= )w
有馬記念限定グッズがあったのでオススメです♩
↓↓↓
bgt?aid=171211640326&wid=001&eno=01&mid=s00000015919001032000&mc=1 - 【予想】阪神カップ2017は大穴から攻めました

 

2017-12-23 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment