【予想】今年の最後はホープフルステークス2017

有馬記念の余韻・・・抜けませんねー。

やっぱり強いキタサンブラック!

引退セレモニーはわたしが見たこの数年で、一番楽しいものでした。サブちゃんは”ありがとうキタサンブラック”という曲まで作っていて、曲に合わせてブラックの名シーンが流れていました。

キタサンブラックの新馬戦て、後藤Jだったんですよね…そしてめっちゃ強いレースでしたよね。

そんなことも思い出しつつ、結局”まつり”も歌っちゃうし、関係者の皆さんみんなはっぴの準備してるし、なんだか寒さも優しかったし。

↓帰りにモニターに表示されてました❥❥

 

そして1年を振り返ったりするわけですが、重賞は結局…外国人Jぢゃん!ლ(‘꒪д꒪’)ლ

という感想に至るのでした。

だからこそ他のジョッキーが頑張ってくれれば馬券は跳ねるので、頑張ってもらいたいところです。

ただ素直になることも大切だなって、そう思った1年です。

sponsor link


なーんて振り返っているものの、まだ終わってないんだよー!

そうです。今日はホープフルステークスが開催されます。

なんだか全然締まらない感じしちゃいますが、あるのだからやりましょう!がんばりましょう!

終わり良ければすべて良し。

 

ホープフルステークスG1

◎7タイムフライヤー
◯13ステイフーリッシュ
▲9サンリヴァル
☆12ジュンヴァルロ
※5トライン
△8シャルルマーニュ
△11フラットレー
△17ナスノシンフォニー
△10ルーカス
△16シャフトオブライト

 

◎タイムフライヤー

このレースは前走2000mを使われて勝っている馬の成績が良くて、重賞になってから勝ち馬は全て前走2000mを勝った馬、馬券に絡んだ9頭中でも5頭が該当します。

タイムフライヤーは前走、2000mのG3京都2歳Sで1番人気に推され、期待通り2着に好走しました。

グレイルとの叩き合いの末、アタマ差敗れましたが、3着には2馬身半、4着には5馬身半の差をつけました。それだけこの2頭の力が抜けていたということですよね。

2走前の萩ステークスも2着には4馬身差をつけて快勝していますし、オープンクラスのレースでこれだけ続けて差をつけているのは、やはり力上位の証だと思います。

敗れたのも新馬戦のロックディスタウンと前走のグレイルのみ。

過去4戦全てで上がりは2位以内で、ある程度中団の後ろすぎないポジションからきっちり速い上がりを使えるのが武器ですよね。

鞍上もここ2戦で高いパフォーマンスを見せているコンビ、CデムーロJが継続騎乗ですし、ここは好走必至なのではないかと思います。

だいぶ人気は割れていますが、この馬が頭一つ抜けていると見て、本命でいきたいと思います。

 

◯ステイフーリッシュ

こちらも芝2000mの前走、新馬戦の勝ち方が印象的でした。

道中は外外を追走。3~4コーナーでもずっと大外を回るロスがありながら、直線で右ムチが1回入ると後はノーステッキで突き抜けました。

2着馬には2馬身半、3着馬にはなんと7馬身半の差をつけました。あれだけ楽な手応えで上がりは33秒8、同じ日のメインレースも芝2000mでしたが、そのレースの上がり最速馬は34秒3でした。

ちなみにその前日、同じコースで行われたG3中日新聞杯を制したメートルダールの上がりは33秒6、ペースも違うので単純比較はできませんが、力の要る中京で、大外を回りながら、あの手応えで古馬の上級クラスの馬と同じ上がりが使えたことは、素直に評価していいと思います。

出走メンバー中唯一のステイゴールド産駒で、中山の舞台が向きそうなのはもう言うまでもありませんよね。昨年このレース8番人気で穴を開けたマイネルスフェーンもステゴ産駒でした。

今回はこの馬が穴を開けてくれると期待しています( ー̀εー́ )

 

買い目

単勝◎

3連複21通り
◎〜◯▲☆〜印

馬連流し4通り
◎〜◯▲☆※

 

皆さん今年1年も大変お世話になりました♩良いお年をお過ごしくださいませ( ¨̮ )

sponsor link
2017-12-28 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment