【予想】2018年・始まりのW金杯です!

a happy new year - 【予想】2018年・始まりのW金杯です!

新年明けましておめでとうございます!!( ¨̮ ) 去年に引き続きどうぞよろしくお願いいたします^^

 

去年の後半は仕事に集中したり、旅に出たり、新しい出会いがあったり、今後の目標を立てたりと、充電しながら良い時間を過ごすことができました。

旅の話とかいっぱいおもしろい話あったので、動画だったら始まりのネタに困らなかったかも…笑

 

そしてやっぱり競馬場はたくさん行きましたよー。

予想の時間も多く取れたので、後半は良い予想を発表できたなって、自己満足しています。今年もがんばりましょっ!

 

そうそう、来週なのですが久々に動画出ます。

うまっぷるではありませんが、以前何度か出演した「それ乗り競馬TV」です。1/13(土)なので、日経新春杯のときです。

またお知らせしますので、お時間ある方はぜひ見てくださいませ。

 

それでは今週は中山金杯&京都金杯から行きましょうー

sponsor link


 

中山金杯2018の予想

◎1ウインブライト
◯4アウトライアーズ
▲7ブラックバゴ
☆12フェルメッツァ
※6セダブリランテス

 

◎ウインブライト

大的中だった福島記念の予想でも触れましたが、この馬はコーナー4つの中距離、そして適度に時計のかかる馬場がベストな馬だと思います。

今回もその条件で、17番枠だった皐月賞を除いては3戦全てで連対している得意の中山コースです。

好位でレースを運ぶこの馬にとっては最内枠は悪くなく、去年も上位3頭は1~3番枠に入った馬だったようにこのレース自体も内枠有利の傾向が強いです。

あとはハンデ戦ということで、前走の54キロから2キロ重い56キロの斤量になりますが、実はこの中山金杯はある程度斤量を背負わされている馬の方が成績が良いです。

過去10年の勝馬の平均斤量は56,6キロで、55キロ未満の馬からは勝ち馬が出ていません。3着以内の平均斤量も56,2キロということで、一見斤量を背負わされているように見える実績馬ですが、今回の斤量を見てもそこまで思い切った差がつけられているわけではないので、問題はないかなと思っています。

ウインブライトはずっと期待している馬で、福島記念を制してかららの参戦というローテーションは一昨年のヤマカツエースを思い出します…♩

調教も抜群に良かったようですので、ここは重賞連勝に期待して本命でいきたいと思います。

 

◯アウトライアーズ

とても本命に近い対抗ですが、やはり近年は55キロ未満の勝ち馬が出ていないので対抗評価に留めました。

オッズも7~8番人気ぐらいとあまり人気がありませんが、穴馬としては今回かなり期待しています。

この馬もウインブライト同様、中山コースを得意とする1頭です。

皐月賞を除けば3戦全てで連対しており、ひいらぎ賞ではウインブライトにも完勝しています。

スプリングSではウインブライトと半馬身差の2着に敗れましたが、3ヶ月の休み明けで完全に皐月賞へのステップレースといった位置付けだったことを考えると、むしろ評価できる敗戦だったなと思います。

その時は同斤量でしたが今回はウインブライトやより2キロ軽くなりますし、休み明けを1度使われての変わり身にも期待できそうです。

その休み明けの前走は不得意の府中で、逆に府中の鬼であるダイワキャグニーに完敗でしたが、今度は中山に替わって適性は逆転しますよね。

斤量も2キロ差がつきますので、その敗戦でこれだけの人気差がつくようなら、美味しいオッズだと思いました。

枠も4番と最高のところを引きましたので、ここは好走必至なのではないかと思っています。

 

買い目

単勝◎

3連複23通り
◎〜◯▲〜2,3,5,6,9,10,11,12,13,14,17

3連単24通り
◎◯→◎◯▲→印5頭
◎◯→印5頭→◎◯▲

sponsor link


京都金杯2018の予想

◎3マイネルアウラート
◯13クルーガー
▲7レッドアンシエル

 

◎マイネルアウラート

寒くなってきましたので、久々にこの馬を本命にしたいと思います。追いかけ続けて大変お世話になっている1頭。条件が揃うと以前の大敗がウソみたいに好走し、度々穴を開けてます。

逃げ馬だけあって、負けるときは派手に負け、次走で人気を極端に落とすので、ハマった時は大きいですよね。

右回りと左回りで違いはありますが、直線が長くて急坂ではないコースの東京新聞杯では4着と好走。1〜3着はブラックスピネル、プロディガルサン、エアスピネルと今回に比べるとかなりハイレベルなメンバーでの好走でした。

今回は初の京都ですが、平坦コースも外回りで長い直線も条件としてはむしろ好条件。もちろん距離はベストだし、決め手勝負の馬ばかりなので前に行く馬に展開が向くのではないかと思います。

また内枠有利な京都金杯で3番と、枠にも大変恵まれ、毎年力が解放される寒い季節です。

最近の戦績は散々ですが、条件が合致した時の力は重賞でも通用することは間違いありませんので、これだけ揃った今回なら穴を開けてくれると思います。

 

◯クルーガー

1年の休養を経てマイラーズカップで復帰、さすがに1年ぶりでは大きなアドバンテージでしたが、その後の富士Sを見る限り力は全く落ちていないと確信しました。

エアスピネル、イスラボニータに続く3着は、明らかに今回のメンバーと比較すると力上位。今回1番人気のレッドアンシエルにもしっかり先着しています。

またレッドアンシエルと3キロあった斤量差が、半分の1.5キロ差となりますので、さらに有利となりました。

問題の外枠発走ですが、外が伸びるとは思いませんが、頭数が揃わず13頭となった今回は、近年よりもまだ内めを走ることが可能になり、能力で十分好走できると思います。

 

買い目

3連複21通り
◎〜◯▲〜総流し

3連単は◯頭で少し買いたいです。

2018-01-06 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment