【予想】シンザン記念2018

↑足元でゴロンとする実家のチャオ

 

今日はシンザン記念2018の予想を発表していきたいと思います。

長期連休の最後…休み過ぎて、もう社会に戻れないなんて思っているみなさま、私もですー(;▽;)

それに加えまだ重賞の初当たりがありませんので、これじゃあ仕事なんてできないよ!

ん?仕事しないとこのままじゃ競馬できないよ。

 

よっしゃー!明日から頑張るぞー٩( ᐛ )( ᐖ )۶

 

という感じで、もっと気持ちよく出勤するために本日も頑張っていきましょう。

sponsor link


 

シンザン記念G3の予想

◎2ファストアプローチ
◯9カフジバンガード
▲11カシアス
☆3アーモンドアイ
※7ツヅミモン
△1スターリーステージ
△10ヒシコスマー
△8プリュス

 

◎ファストアプローチ

久しぶりの道悪開催になりそうな本日の京都ですので、やはりここは道悪適性を重視したいところですよね。

この馬は札幌や中山といった力の要る馬場では連対を外していません。朝日杯3着のロックディスタウンとはクビ差、ホープフルS4着のサンリヴァルとは0,2秒差でした。

お父さんのドーンアプローチはヨーロッパで大活躍の馬で、母父はサトノクラウンのお父さんでもあるマルジュです。これはもう血統的にも道悪が苦手なわけがないはず。

そんな馬が前走、レコード決着だった朝日杯FSで、直線を向いた時には’もしかしたら…’というぐらい見せ場を作りました。

2着のステルヴィオと0,1秒差の6着はとても評価できますし、決してこの馬に向く馬場ではない中での好走は、能力が高い証拠だと思っています。

そこで鞍上がデムーロJともなれば、ここは重賞初制覇の条件が整ったと見て良いのではないでしょうか!

 

◯カフジバンガード

ほとんど本命に近い対抗なので、馬連は配当的に妙味のあるこの馬から流したいと思います。

2走前の東スポ杯でもワグネリアンに次ぐ対抗評価にしましたが、能力は非常に高いと思っています。

この馬は新馬戦→未勝利戦と連続3着の後、3戦目の未勝利戦でようやく勝ち上がりましたが、新馬戦も未勝利戦も1、2着馬が強い2頭でした。(詳細は東スポ杯の予想を参照)

この連続3着は評価できますし、なんと言っても3戦目、不良馬場での圧勝は、この馬の道悪適性を表していますよね。

東スポ杯では思ったほど馬場も重くならずに4着でしたが、こうやまき賞では中京の馬場で完勝でした。

改めて時計がかかる馬場での適性を示しましたし、こういうタイプの馬はタイムもそれほど出ないので、実力ほど人気しないのが良いですよね◎

未勝利や新馬を勝っての参戦してきた馬が多いですが、未勝利戦、東スポ杯、こうやまき賞での高いパフォーマンスを信頼して、この馬を対抗にしたいと思います。

 

買い目

3連単30通り
◎→◯→印(6通り)
◎→印→◯▲(12通り)
◯→◎▲→印(12通り)

馬連流し4通り
◯→◎▲☆※

sponsor link
2018-01-08 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment