【予想】根岸ステークス2018

昨日に引き続き本日の重賞、根岸ステークス2018の予想を発表していきたいと思います。

シルクロードステークスはめずらしく、昨日のうちにアップしています( ¨̮ )

こちら から見てみてくださいね。

sponsor link


 

根岸ステークスG3の予想

◎8サンライズノヴァ
◯2アキトクレッセント
▲10サイタスリーレッド
△14ノンコノユメ
△7キングズガード
△6カフジテイク
△12ブルドッグボス

 

◎サンライズノヴァ

過去の戦績を見て分かる通りムラがあり、なかなかアテにしづらい馬。それでも府中のダートは(3,0、0、1)と成績が安定しています。

唯一崩れた2走前の武蔵野ステークスは、他の3戦とは違い直線を向いても馬群に包まれるような格好になってしまいました。

フルゲートの内枠発走(特に東京ダート1600mは芝発送のため特に内枠不利)だったことがもろに影響してしまった形です。

勝った3戦はスムーズに外に出せており、窮屈無く追えたことが勝因だったと思います。

今回は13頭と頭数も少なく、真ん中よりやや外目の枠を引いたのでスムーズに外に出せると踏んでいます。

また、今回は他の末脚勝負の有力馬、カフジテイクやキングズガードよりも、前のポジションから勝負できそうなのも良いと思います。

先行馬はサイタスリーレッドくらいなので、ペースも例年よりは上がらず、無理せずに中団あたりに着けられそう。

3走前のグリーンチャンネルCでは、東京1400mのスローペースで上がり3Fで34秒7をマークしているように、ペースが落ち着いて東京の長い直線を利用すればあれだけの末脚を繰り出せる馬です。

自分より前の位置からこの脚を使われたら、後方からこの馬を交わすことは困難だと思います。(ペースが落ち着く想定)

フェブラリーSに確実に出走するためにはどうしてもここで賞金を加算しておかなければならない立場だと思いますので、このレースへの陣営のモチベーションも高いはずですので、ぜひ期待に応えてほしいです。

 

◯アキトクレッセント

この馬の魅力は、自在性があること。ペースに合わせて逃げても、先行しても、控えてもしっかり結果を出しています。

内枠に入ってしまったので、今回は出していくと思っていて、◎サンライズノヴァの末脚より先着できるとすると、前に行った馬が残るパターンだと思いますのでこの馬が有力です。

このレースと相性の良い武蔵野S組で、今回の出走メンバーの中では最先着。先行して、しっかり先着しているのも心強く、今回もペースは落ち着きそうですので、押し切れる能力は十分あるとみています。

荻野Jの初重賞制覇に期待です。

 

▲サイタスリーレッド

確実に前に行ける馬いました笑

有力馬は揃って決め手勝負、こういう偏ったメンバー構成の時はひょっこり意外な馬が飛び込んでくるはず。

穴を開けるならこの馬かと思いますが、逃げ切るまでの能力が足りるかどうかというところ。

 

買い目

3連複9通り
◎〜◯▲〜印

馬連box3通り
◎◯▲

2018-01-28 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment