【予想】京都牝馬S&ダイヤモンドS・2018

日曜重賞の京都牝馬ステークス、ダイヤモンドステークスの予想を発表していきます。

冬季オリンピック、盛り上がってますねー

時差30分しかない平昌での開催、オリンピックでの寝不足がないというのは良いですが、なかなかタイムリーに応援できないのは難点です。

日本の選手たちを大声で応援してますが、ふと我に帰ると馬を応援している時となんら変わらないことに気付きました。

お恥ずかし。

 

さぁ今週の競馬は重賞が4つもあり、いよいよ今年のG1がスタートします!

応援&良い予想を頑張っていきしょー。

sponsor link


 

京都牝馬ステークスG3の予想

◎10デアレガーロ
◯8ミスパンテール
▲7サザナミ
☆2ワンスインナムーン
△1オーヴィレール
△6アリンナ
△3ソルヴェイグ
△12エスティタート

 

◎デアレガーロ

前走準オープン戦からの参戦組が非常に好成績を収めているこのレース。過去10年で見ても、出走24頭中8頭が馬券に絡んでいます。

複勝率は33%で、G1組17%、G2組14%、G3/重賞組25%、オープン特別組8%と、比べても抜けています。

馬券に絡んだ8頭の中でも、その準オープンを勝ち切って参戦している馬が特に良くて、実に6頭が勝ってここに臨んだ馬でした。

今回の出走馬中、前走準オープンを勝っての参戦はデアレガーロとエンジェルフェイスの2頭。

今回は出走頭数は少ないものの、前に行きたい馬が多くてペースはかなり流れそうなことを考えると、展開的にはデアレガーロに流れが向くと思っています。

流れが速くなる上に、多頭数ではないので捌くのにそこまで苦労しなそうな点も良いですよね。

その前走市川Sでは、暮れの中山で上がり33秒3という抜群のキレを見せての完勝。道中は1頭だけ別次元の脚色でした。

個人的には2走前0,3秒差の4着だった秋風Sを評価していて、勝馬はG1ヴィクトリアMで3着に入ったジュールポレール、2着はG3ターコイズSでも2着に入ったフロンテアクイーンでした。

負かした馬も既に3頭がオープンへの昇格を決めており、中山金杯3着のストレンジクォークや京都金杯5着のストーミーシーもいました。その中で3歳牝馬が4着は立派ですよね。

次走で3着馬をキッチリ負かして成長も見せていますし、ここは新しいヒロインの誕生に期待したいと思います♩

 

◯ミスパンテール

この馬も後ろから行く馬ですので、展開が向くと見ています。

前走のターコイズSでは16頭のフルゲートということもあり、直線では全く前が開かず万事休すかと思いましたが、残り100mで開いた隙間を縫っての差し切り勝ち!前が開いてからの瞬発力は凄まじいものがありました。

稍重発表でしたがそれ以上に馬場が悪そうだった桜花賞、距離が長かったオークスとローズSを惨敗し評価を下げてしまいましたが、得意のマイルに戻ってから2連勝で重賞を制覇、ダイワメジャー産駒ですのでやはり短いところが合っていそうです。

チューリップ賞で直線リスグラシューを行かせてから、その外に持ち出して差し切った脚はやはり魅力です。

12頭立てであれば直線もスムーズに進路が空きそうですので、その切れ味を存分に発揮できると思います。

 

買い目

単勝◎
3連複10通り
◎〜◯〜総流し

3連単24通り
◎→◯▲☆→印(18)
◯→◎→印(6)

ワイドBOX3通り
◎◯▲

sponsor link


 

ダイヤモンドステークスG3の予想

◎1リッジマン
◯14フェイムゲーム
▲6ソールインパクト
☆3プレストウィック
△5ホウオウドリーム
△8レジェンドセラー
△2ハッピーモーメント

 

◎リッジマン

距離を伸ばすたび、見違えるほど良い走りをするようになる典型的な長距離馬。距離が伸びる今回はもちろんプラスだと思います。

地方でデビューした後、4戦目からは中央へ参戦していますが、最初は短距離での大敗が続きました。そんな中、一気に1800mに距離を伸ばした500万下条件戦を快勝!

1000万下条件では引き続き中距離を使いなかなか勝てませんでしたが、更に2600mに距離を伸ばすと2戦目ですぐに勝ち上がることができました。

このレースと相性の良く、3000mと更に距離が伸びた前走の万葉Sは2着と好走、そして今回3400mのダイヤモンドSです。

持ち前のスタミナがどこまで通用するのか底知れない部分ですので、人気のないこのタイミングで思い切って狙っていきたいと思います。

2走前のグレイトフルSは9着と大きく負けてしまいましたが、休み明けで太め残りがだったことが敗因として挙げられます。

一叩きされた次走の万葉Sでしっかり絞って結果を出しました。今回も間隔は中5週と丁度良く、調教の動きからも状態は更に上向いていそうです。

また、この馬が制した3走前の1000万下条件の札幌日刊スポーツ杯には、今回人気になりそうなレジェンドセラーも出走していました。

斤量はリッジマンが2キロ重かったのですが、今回は逆にリッジマンが2キロ軽くなります。

負かしている馬に実質4キロも有利になるのは人気を考えると馬券的妙味はありますよね。

実力最上位の◯フェイムゲームとの馬券で勝負したいと思います。

 

買い目

3連複9通り
◎〜◯▲〜印

3連単10通り
◎◯→◎◯→印

sponsor link
2018-02-17 | Posted in Blog, 予想2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 jun miyazaki | 2018.02.17 23:50

ご無沙汰です。
完璧でしたね。久々の(失礼)大当たり!
ありがとう!

 ことり | 2018.02.24 10:41

はいっ(。◠‿◠。)こちらこそコメントありがとうございますっ!!

Comment





Comment