【日曜メイン予想】阪急杯2018

本日の重賞二つ目の予想、阪急杯2018を書いていきます。

中山記念の予想はすでに公開してますので、こちらから( ¨̮ )

今日は遅くなってしまいましたが、阪急杯の他にすみれステークスの予想も少し書きます。

 

sponsor link


 

阪急杯G3の予想

◎12ディバインコード
◯8ヒルノデイバロー
▲6レッドファルクス
☆17モズアスコット
△16アポロノシンザン
△4ペイシャフェリシタ
△7ムーンクレスト
△14モーニン
△15カラクレナイ
△13ダイアナヘイロー

 

◎ディバインコード

この条件なら、3着以内にはまず入ってくるだろうと思っています。

芝1400m戦では5戦して(2,1,2,0)と馬券圏内を外しておらず、うち4戦はオープンクラスのレースでした。G2の京王杯2歳Sでもしっかりと3着をキープしています。

キャリアで馬券圏内を外したのは府中マイルの2戦だけで、距離短縮と右回りコース(2,2,2,0)に替わるのは明らかにプラスです。

また圏内を外したとはいえ、その2戦もG1のNHKマイルと前走の東京新聞杯でレベルの高いレースでのものでした。

前走の東京新聞杯はリスグラシュー、サトノアレス、ダイワキャグニーが上位に入る中、0,3秒差の5着と大健闘。グレーターロンドンやアドマイヤリード、ダノンプラチナといったG1でも勝ち負けをしてきたような馬にも先着しました。

なかなか勝ちきれないところもあるのですが、メンバーが強くても確実に好走する馬で、それを可能にしているのはやはり番手でしっかりと折り合えるレースセンスだと思っています。

好位から直線でももう一度良い脚を使うことができるので、なかなか崩れにくいですよね。

開幕週の阪神内回りコースということもあり、過去のレースを見ても逃げ・先行馬の活躍が目立つレースです。過去10年で馬券に絡んだ30頭のうち、半数以上の17頭が、4コーナーを6番手以内につけていた馬でした。

今回のメンバーを見てもハナ争いはアポロノシンザンとニシノラッシュで多少速くなりそうですが、その後ろはダイアナヘイローとディバインコードあたりが楽に追走できそうなので、位置取りも絶好のところを取れそうです。

コース替わり、距離短縮、脚質、展開と全てが向きそうですので、この馬を本命で行きたいと思います。

 

◯ヒルノデイバロー

ディバインコードが今のところ6番人気、ヒルノデイバローが10番人気ということで、この2頭で決まればかなり良い思いができそうです( ¨̮ )

10番人気ではありますが、本命をこの馬にするか悩んだぐらい私の中では評価が高く、その上枠も8番と良いところを引きました。

1400mの距離は去年のこのレースで2着と、2走前のG2スワンSで2着、どちらも着差はアタマ差で、ハイレベルな中でも結果を残しています。

中山記念と同様、このレースもリピーターの多いレースで、ここ10年で見てもスズカフェニックス、ローレルゲレイロ、サンカルロ、マジンプロスパー、ミッキーアイルと、5頭も複数回馬券に絡んだ馬が出ています。

サンカルロに至っては4回も3着以内に入るというリピーターぶりでした。今年の出走馬の中で過去馬券に絡んだのはこの馬だけで、それで10番人気はとても魅力的ですよね。

10着に敗れた11月末の京阪杯以来、約3ヶ月振りのレースになりますが、この馬はこれぐらいの間隔を開けたときは3戦全てで連対しています。

その前走もスタートで隣の馬にぶつけられてしまい、さらに道中もずっと馬に囲まれる形になってしまってと、ストレスのかかる厳しい競馬になってしまいました。

2走前のスワンSはスタートをしっかり決めて、道中3番手を追走、直線では最後サングレーザーに差されてしまいましたが、3着以下には約2馬身差をつけました。

その時の鞍上四位Jに今回は戻りますし、本来は道中4~5番手を追走できる馬で、4コーナー6番手以内につけることも可能だと思いますので、今回穴を開けるのはこの馬だと期待してます。

 

買い目

3連複21通り
◎〜◯▲☆〜印

3連単40通り
◯▲☆→◎◯→ペイシャフェリシタまでの5頭
◯▲☆→ペイシャフェリシタまでの5頭→◎◯

ワイドBOX3通り
◎◯▲

 

番外編

阪神9Rすみれステークス

◎5ケイティクレバー

頭数が少ないのですが、他が人気を被ってくれているので意外と狙い目。この馬が突き抜けると思うので、頭から書います!

sponsor link
2018-02-25 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment