【日曜メイン予想】弥生賞2018

本日行われる弥生賞2018の予想を発表していきます。

 

ポカポカしてきてとってもいい感じの季節になってきましたね。

寒くておサボりしていた現地観戦、来週久々に見に行くことになったのでとても楽しみです♩

来週に向けて、今日は頑張っておきたいなと思います( ¨̮ )

sponsor link


 

弥生賞G2の予想

◎8ワグネリアン
◯3ジャンダルム
▲9ダノンプレミアム
☆10サンリヴァル
△1オブセッション

 

◎ワグネリアン

迷いに迷いましたが、本命はワグネリアンにしました。理由はとにかく、最後の切れ味です。

おそらくこの馬が上がり最速をマークするんだと思いますが、今回は10頭立てでペースもそこまで上がらず、最後の瞬発力勝負になってきそうです。

陣営のコメントからもこの馬は後ろから行く形になりそうですが、かといってこの頭数であれば前との差もそこまでなく、馬群は小さくなると見ています。

少頭数なので後ろからでもスムーズに加速できそうなのは大きいですよね。

そうなれば、力の要る中京で32秒6、重馬場の阪神で33秒0をマークしたこの馬の末脚が炸裂すると思っています。

枠の並びも良いなと思っていて、外の2頭はおそらく前に行く2頭。そうなるとこの馬が必然的に一番外を走る形になりそうです。

とはいえ少頭数なので距離ロスは無し。前のダノンプレミアムやサンリヴァル、内のオブセッションやジャンダルムを見ながら、ストレス無く追走して動きたいタイミングで仕掛けられそうなのは良いですよね。

去年は福永Jのカデナが差し切り勝ち、一昨年は友道調教師のマカヒキが差し切り勝ち、3年前は福永Jのサトノクラウンが差し切り勝ちと、近年の弥生賞の勝ち方を知っている強力コンビに期待したいと思います。

 

◎ジャンダルム

“堅実”という言葉がまさにピッタリなこの馬。

勝ち方もそこまで派手ではなく、戦ってきた相手関係からも評価がされにくいですが、メンバーや距離、コースが変わってもしっかりと好走できるまさに“堅実”な馬です。

武豊Jのコメントからもこの馬の能力を相当評価していると感じますし、馬券的に一番妙味があるのはこの馬ではないでしょうか。

中山の2000mはトリッキーなコースとよく言われますが、そうなるとコース経験が大事になってきますよね。

今回のメンバー中、中山2000mを経験してるのはジャンダルムとサンリヴァルの2頭だけ。ジャンダルムはG1のホープフルSで2着と、ハイレベルな中でも結果を出しています。

ちなみに上位1~3番人気の馬でコーナー4つのレースを経験しているのはワグネリアンだけ。

ダノンプレミアムとオブセッションはそのあたりも課題になってきそうなので、そこにジャンダルムの付け入る好きがあるんじゃないかと見ています。

その前走、ホープフルSは、17頭立ての15番枠という厳しい枠順から、道中もやはり外外を回る競馬になってしまいました。

更に3~4コーナーでは大外をまわしてまくっていくような形で、かなり距離ロスの多い競馬になりました。(とはいえ上位に食い込むには仕方のないロス)

それで最後もう1回脚を使えたわけですから、あのレースで最後脚が鈍って距離が長いのとは違う思います。

少頭数で距離ロスもほとんど無さそうですので、今回も期待できそうです。

 

買い目

3連単12通り
◎→◯▲☆→印(9)
印→◎→◯(3)

3連複2点
◯☆~◎▲

sponsor link
2018-03-04 | Posted in Blog, 予想Comments Closed 

関連記事