【土曜メイン競馬予想】毎日杯&日経賞2018

Horsing Around - 【土曜メイン競馬予想】毎日杯&日経賞2018

おはようございます!

今週は4つの重賞がありますが、まずは毎日杯と日経賞2018の予想を発表したいと思います。

 

色々悩んでしまいまして、もっと早くupしたかったのですが、遅くなってしまいました(><)

当たるといいな〜

sponsor link


 

毎日杯G3の予想

◎5ギベオン
◯3インディチャンプ
▲4シャルドネゴールド
☆7ユーキャンスマイル
△10アルムフォルツァ
△1ブラストワンピース

 

◎ギベオン

新馬戦、500万下を1番人気の評価に応えて快勝。阪神外回り→府中と、異なる競馬場でも上がりはともに33秒7で、ディープ産駒らしく高いレベルで安定した末脚が魅力です。

特に評価しているのが前走のフリージア賞で、スタートで出遅れて後方からになってしまいましたが、直線では外を力強く伸びて完勝。

2着は先週のスプリングで3着に入ったマイネルファンロン、3着は血統的にも評価の高いシユーマの仔ブレステイキング。

更に3馬身半離した4着にはマリアライトの全妹で、新馬戦を5馬身差で圧勝したエリスライトと、なかなか豪華な顔ぶれでした。

その中でも唯一の上がり33秒台を、スタートで出遅れながらも記録したのは評価できます。

今回のメンバー中、この阪神外回り1800mで勝っている唯一の馬で、メンバー中唯一のディープ産駒です。

ディープ産駒はこのレースとの相性が抜群で、初年度産駒から7年が経ちますが馬券に絡んだのがなんと10頭、21頭中約半数はディープ産駒ということになります。

去年もアルアインとサトノアーサーのワンツーで、6年前にはワンツースリーを決めていますよね。

そしてキャリア2戦の馬も、過去10年で(1,2,2,5)と半数が馬券に絡んでいます。

調教師は今年好調の勝ち星を重ねている藤原厩舎ということで、強調材料の多いこの馬を軸で行きたいと思います。

 

◯インディチャンプ

この馬もギベオンと同じく、新馬戦→500万下を連勝で2戦2勝。

新馬戦こそ好位につけててから直線で抜け出してのクビ差勝でしたが、2戦目のスタートで大きく出遅れたことにより、結果的にこの馬の能力を引き出したかもしれません。

直線を向いてもまだ最後方。そこから大外に持ち出されると、一気に加速して全頭をごぼう抜きにしてみせました。

その間、ムチは肩ムチと、最後抜け出してから気を抜かないために1回入れられたかどうかで、ほとんどノーステッキでのあの走りは驚きでした。

その時の上がり3ハロンは33秒8。1月の京都は昨秋の台風の影響もあり、馬場が悪くかなり時計のかかる状態でした。

調べてみたら1月の芝マイル以上のレースで、古馬を含めても33秒台の上がりを記録したのはこの馬も含めて3頭だけ。

残り2頭はブラックムーンとヒーズインラブで33秒9。つまり、この馬の末脚が一番キレたということになります。

それをほとんどムチ無しで記録したのですから、やはり凄いですよね!

2着に負かしたレッドサクヤが、次走でオープンのエルフィンSを勝ったことからも、メンバーレベルも高かったと言えます。

1頭だけかなり目立ったピッチ走法ですので、坂のあるコースも良さそうですよね。

調教も抜群で、最終追いきりでは先日のAJCCを制したダンビュライトに馬なりで先着と、仕上がりも良さそうです。

心配されるとしたら初の1800mという距離ですが、確かに母系は短い距離での活躍馬が多いのですが、お父さんがステイゴールドですので、先週阪神大賞典を勝ったレインボーラインのように結局は距離を延ばしても問題なかったね、となってほしいと思います。

 

買い目

3連複4通り
◎◯~印

馬単3通り
◎→◯▲☆

3連単16通り
◎◯→◎◯▲→印

sponsor link


 

日経賞G2の予想

◎4ロードヴァンドール
◯15ソールインパクト
▲9ゼーヴィント
△7トーセンバジル
△14キセキ
△11サクラアンプルール
△12ガンコ
△3チェスナットコート
△1アルター

 

◎ロードヴァンドール

過去10年で、中山で行われた9レース中、逃げ馬が残ったのは1頭という不安データはあるものの、連対馬の半数は先行馬が占めており、やはりコース形態からしても前につけられて持久力のある馬が優位とみています。

ならば、ここ2走でより評価が上がったこの馬を狙いたいです。

前走は距離を不安視されていた初の2400m戦でしたが大健闘。

直線でガンコに交わされるか?!と思いましたが、なんとか振り切って、最後は1馬身以上引き離しての2着でした。

斤量差が4キロもあったことを考えると、同斤量になる今回は、さらに差が開いてもおかしくないですよね。

2走前の中日新聞杯は、上位馬は差し・追込が占めており、展開的に楽ではない中で逃げ残っての3着というのも評価できます。

メートルダールやミッキーロケット、マキシマムドパリなど、重賞を勝つような有力馬が多数揃ったレースでしたので、メンバーに恵まれたという訳ではなく着実に力をつけてきていると言えそうです。

ここ2戦に跨ったの横山典Jとのコンビが継続するのも心強いですね。

メンバー的にもすんなりハナに行けそうなので、マイペースに持ち込んで好走を期待したいです。

 

◯ソールインパクト

この馬の実績からすると、あまりにも人気がないので注目したいのがこの馬。

芝2400m以上の成績は(1,1,3,1)と抜群で、まず馬券圏内には高い確率で入ってきます。

スパッとキレる脚はないですが、スタミナがあって長く良い脚が使えるタイプ。

やや時計がかかる馬場の方が合うので、中山の舞台はこの馬にとって絶好で、実際に中山芝の成績は(2,0,4,3)と得意にしています。

そして時計のかかる稍重の成績は(0,2,1,0)と、こちらにも馬場の相性が表れています。

今週は結構雨が降り続き、昨日も雨が降っていたようなので、本日晴れていても稍重か、良でも多少水分が含んだ馬場になると思うので、この馬にとっては好条件です。

福永Jとも非常に相性が良く、勝ち切るパンチ力はないものの、馬券圏内の信頼性は高いと思います。

 

買い目

3連複13通り
◎〜◯▲〜印

馬連box
◎◯▲

sponsor link
2018-03-24 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment