【土曜メイン競馬予想】阪神牝馬ステークス2018

こちらでは阪神牝馬ステークス2018の予想を発表していきます。

すでに本日行われるもう一つの重賞、ニュージーランドTの予想はもう公開していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

今日は土曜日ですが仕事があるので、もう予想を書いていきたいと思います。

 

粒ぞろいのメンバーが集まったこのレース、予想が難解ですがとても楽しみですね( ¨̮ )

 

阪神牝馬ステークスG2の予想

◎1ジュールポレール
◯5ソウルスターリング
▲2アドマイヤリード
△3リスグラシュー
△11ミスパンテール
△7エテルナミノル
△4ミエノサクシード
×10.13

 

◎ジュールポレール

前走のエリザベス女王杯で大敗を期しているのと、近走で結果を出している実績馬が揃っていることもあり、少し人気を落としている今回は非常に狙い目です。

エリザベス女王杯は明らかに距離が長かったので、ここの大敗は度外視で考えています。

二走前までは7戦連続で馬券圏内という安定感、しかもその中には去年のこのレースとG1ヴィクトリアマイルを含んでのものです。

先行〜好位の良い位置につけ、最後の直線でしぶとく抜けてくる脚質がこの安定感に繋がっていますよね。

メンバー的には前に行きたい馬は見当たらず、むしろ決めにかける馬が多いので、ペースも落ち着き、この馬の持ち味が活きて来るんじゃないかと思っています。

去年のこのレースはこの馬にとって決して得意というわけではない重馬場での開催、重馬場が得意なアドマイヤリード、そしてミッキークイーンの3着となったのは力のある証拠だと思います。

翌月のヴィクトリアマイルG1でも3着と大健闘、マイルの戦績(4,1,2,1)が表す通り、この距離なら重賞制覇も時間の問題かもしれません。

幸Jとの相性も抜群、久々のレースはプラス材料なくらい好調ですので、ここは本命でいきたいと思います。

 

◯ソウルスターリング

本命以外はなかなか決まらなかったのですが、能力上位のG1馬2頭を選びました。

オークス制覇後、毎日王冠→天皇賞秋→ジャパンカップと大舞台でしかまだ走っておりません。

目立った結果ではなかったものの、牝馬同士のG2であれば話は全く違ってくるでしょう。

そもそも阪神JFやチューリップ賞では、今回1番人気になりそうなリスグラシューを寄せ付けずに完勝しています。

その二つのレースと同じ得意の阪神1600mであれば、ハンデ差も払拭してくれるのではないでしょうか。

ちなみに3年前までは1400mだったこのレース、1600mに変わってからたった2年ですが、明らかに傾向が変わっていますよね。

今後はさらに実績馬の好走が目立ってくるのではないかと思ってます。

 

買い目

3連複13通り
◎〜◯▲〜印

馬連6通り
◎〜◯▲△

 

ここら辺は迷い中…

単勝 ◎

or

3連単14通り
◎→◯▲→印

sponsor link
2018-04-07 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment