【日曜メイン競馬予想】マイラーズC&フローラS2018

本日はフローラステークス&マイラーズカップ2018の予想を発表していきます。

わたしの気合い的にはフローラに偏っていますが、気楽な予想の方が当たったりすることもしばしば( -“- )

今週もめっちゃ予想したな〜・・日曜にドッと疲れが。。

 

さて昨日今日と初夏並みの暑さですが、キャンプやピクニックに出かけたくなりますね。

今日はケツメ(友達と会う会)なので、これから急いでお出かけです♩

 

気付いたら的中してたー!というパターン希望。みなさんも頑張ってくださいね^^

 

sponsor link


 

フローラステークスG2の予想

◎12レッドベルローズ
◯10オハナ
▲5ノーブルカリナン
☆3ウスベニノキミ
△15パイオニアバイオ
△13ヴェロニカグレース
△16ノームコア
△1サラキア
△4サトノワルキューレ
×7・2

 

◎レッドベルローズ

牝馬限定戦で距離も2000m。先行馬も少なくおそらく超スローペースになることが予想されます。

土曜日のレースを見ても、開幕週の府中らしく前と内がなかなか止まらない馬場状態となると、道中は中団からある程度のポジションにつけられて、直線でも速い上がりを使える馬が良さそうです。

そうなるとディープインパクト産駒の切れ味はやはり魅力ですよね。

ただ、人気のサトノワルキューレはここ2戦は2400mを使っている上に、スタートが苦手なデムーロJが騎乗(前走もデムーロJで出遅れています)。

過去10年、距離短縮でこのレースを勝った馬がいないことは、おそらく緩いペースに慣れてしまって道中のポジションが悪くなるからだと推測できます。

サラキアは2戦とも出遅れていて、陣営もスタートに関してはまだ課題とコメントしています。

その上最内枠を引いてしまったので、1コーナーまでの距離が近い府中の2000mでは必然的にポジションは悪くなりそうです。

◎レッドベルローズは前走、まずまず流れたレースで3番手を追走できたのは収穫です。直線で抜け出すと後続を全く寄せ付けずの完勝でした。

決して展開が向いたというわけではなく、2、3着は後方から追い込んだ馬。逃げた馬は最下位で、2番人気のシャドウアイランドもレッドベルローズをピッタリマークする前目のポジションでしたが5着に沈みました。

今回も12番という枠順とペースを考えると、ある程度自由にポジションを取れそうなのは強みです。

2走前のG3クイーンCは、スタートで出遅れてしまい後方からに。直線で大外に回されると、内の馬が急に斜行して致命的な不利を受けてしまいました。

そもそもこの日の馬場は外を回すとかなり厳しい馬場でしたので、悪いことが全て重なった結果だったと思います。

それでも3着馬とは0,3秒差だったのは力がある証拠だと思います。スタートの課題も克服した今なら、好走必至と見ています。

 

◯オハナ

この馬も比較的中団から前の方につけられるディープインパクト産駒です。

デビューから3戦ともマイルを使われてきたので、距離延長で追走が楽になるのはプラスだと思います。枠も10番と絶好のところを引きました。

この馬もレッドベルローズ同様クイーンカップを走っていますが、4着とレッドベルローズより先着、重賞でも好走しました。

この馬も直線は外目を通って差してくる形になってしまい、あの時の馬場では4着まで追い上げるのがやっと。2着に入ったフィニフティと一緒に、後ろからよく伸びてきました。

新馬戦は府中のマイル戦を使われていますが、この時は重馬場だったにも関わらずラスト3ハロンは33秒6と唯一の33秒台をマーク。

道中の流れが遅かったところもありますが、言い換えると道中が緩めばこれだけ他馬よりキレる脚を使える馬ということです。

2走前は力の要る中山で、決して得意な条件ではなかったと思いますが前残りの展開の中、しっかりと前を差しきっての完勝。

前走はペースも速く追走に苦労していた印象でしたので、今回ペースも遅くなり、直線の長い府中に替わるのは間違いなくプラスに働くかと思います。

巻き返しに期待して、対抗でいきたいと思います。

 

買い目

単勝◎

3連複24通り
◎~◯▲☆~印

3連単買うなら…
◎→◯▲☆→◯▲☆△(21)
◯▲→◎→◯▲☆△(14)

sponsor link


 

マイラーズカップG2の予想

◎8ロジクライ
◯1ヤングマンパワー
▲5サングレーザー
△4エアスピネル
△9モズアスコット
△10ブラックムーン
×7.3.14

 

◎ロジクライ

京都の開幕週は、高速馬場になる傾向が強いですが、去年の台風の影響で、今年はそこまで顕著ではなさそうです。

去年のこのレースのようにレコードタイムが出るような高速レースにはならないはずで、それであればまだ未知数のロジクライも出番は十分あると見ています。

上がり馬とはいえ、3歳の頃からその能力は秀でるものがあり、シンザン記念では8番人気を覆しての勝利。目立つタイプではないですが、先行してからの粘り強さがあります。

メンバー構成を考えると前が残る展開になりそうなので、ロジクライの持ち味が活かせそうなのはプラス。

怪我でおよそ2年のブランクがあり、復帰戦こそ7着に破れているもののそれ以外では、実力を開花させたシンザン記念から考えると常に連対、まだ実力の底を見せていません。

相手は一気に強くなりますが、ここで結果を出して安田記念に進んで欲しいです。

 

◯ヤングマンパワー

去年のこのレースの3着馬、しかもレコードタイムを叩き出したイスラボニータ、今回1番人気で去年も絶好調のエアスピネルに次ぐ、ほとんど差がない(イスラボニータとは0,2秒差)3着はとても評価ができますよね。

近走はあまりいい結果が出ていませんが、去年もマイルCSでは大敗、東京新聞杯を挟んではいますが、それからマイラーズカップで好走しています。

今回もいきなり好走してもおかしくはないと思いますし、喉の手術後、調教もとにかく調子が良いそうです。

今回は先行脚質も向きそうですし、なおかつ先行してからも33秒台の早い上がりが使えるのはこの馬の武器。

前の2頭で決まるパターンもあると思っています。

 

買い目

3連複19通り
◎◯〜◎◯▲〜印

馬連box3通り
◎◯▲

単勝◎◯

sponsor link
2018-04-22 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment