【土曜メイン競馬予想】青葉賞2018

おはようございます。GWに入られた方もいらっしゃいますね。

わたしもそんな感じで休みに入ったのですが、後半はテントを担いで北陸の旅を計画しています。

なので雨が降らないと良いのですが、ちらほら雨マークあるんですよねー〣( º-º )〣

みなさんも良い休日をお過ごしください。

 

さて今週は天皇賞(春)ですが、何だかあまりテンションが上がらないんですねー…メンバーのせいでしょうか。

その前に本日の青葉賞2018の予想を書いていきたいと思います。(こっちの方が楽しみ)

sponsor link


 

青葉賞G2の予想

◎3スズカテイオー
◯12ダノンマジェスティ
▲15エタリオウ
☆18サトノソルタス
△8オブセッション
△10スーパーフェザー
△4ダブルフラット
△13ノストラダムス
△1カフジバンガード
△11トラストケンシン
△9ゴーフォザサミット

 

◎スズカテイオー

現在のオッズでは7番人気、穴馬としてとても妙味のある1頭です。

新馬戦はサトノシリウスや、今回も出走するディープインラヴなど同じディープインパクト産駒の評判馬に完勝。

すみれSは皐月賞でも頑張ったキタノコマンドールには離されましたが、2着は若駒Sを勝ったケイティクレバー、5着にG3京成杯で2着のコズミックフォースと、なかなかハイレベルなメンバーの中4着に好走しました。

そして強調したいのが前走の大寒桜賞で、勝ったのは今回人気を集めそうなダノンマジェスティでしたが、勝馬とはタイム差無しの4着に好走。ただ、レース内容的にはかなりロスの多い競馬でした。

パトロールビデオを見ると、3~4コーナーでかなりの大外を回す形に。真ん中でじっとしていたダノンマジェスティや1~3着馬より距離ロスは相当大きかったと思います。

4コーナーでは3着馬が大きく外に膨らみ、その煽りを受けてこの馬も大外に膨らんでしまいました。

そして直線、何度も3着馬が内に外にとフラフラしてしまい、この馬はその度にブレーキをかけるような形に。

ダノンマジェスティもその影響を受けて1度ブレーキをかけるようなタイミングがありましたが、スズカテイオーの方がその不利は大きかったと思います。

それでもラスト3ハロンはなんとメンバー最速。しっかり伸びてタイム差無しの4着まで詰め寄ったのは評価できます。

このロスがなければおそらく勝っていたと思いますし、そうなればここでも人気になっていたと思います。
(ちなみに2着のグレートウォリアーも次走ですぐに新緑賞を勝ち上がりました。)

前走大寒桜賞組はここ5年連続で馬券に絡んでいる相性の良いレースです。

今回の出走メンバーではこのスズカテイオーとダノンマジェスティの2頭のみ。

この人気差であれば、レース内容からもダノンマジェスティよりこの馬を狙いたいところですよね。

 

◯ダノンマジェスティ

5年連続で馬券に絡んでいる大寒桜賞組のもう1頭。ちなみにその5頭は全て大寒桜賞の勝ち馬です。

この馬も前走は直線で3着馬に大きな不利を受けましたが、そこからもう一度伸びてきて差し切り勝ち。スズカテイオーに次ぐ上がり2位のタイムを記録しました。

今回の出走メンバーで唯一、新馬戦から全てのレースで1番人気に支持されているように、ポテンシャルの高さは相当なものです。

ただ、気性が難しく、きさらぎ賞のような凡走もあるため本命にはできませんでしたが、今回は初めてジョッキーが継続騎乗。この点は相当大きいのではないかと思います。

もう1つ大きいのが左回りという点です。

右まわりの新馬戦は4コーナーからずっと外に外に行こうとして、直線でも最後は大外にまで斜行しての、3馬身半差圧勝。

きさらぎ賞でも道中はずっと掛かりっぱなしで、外に外に行こうとして消耗し、4コーナーではやはり大きく外に膨れて競馬になりませんでした。

前走の大寒桜賞は左回りになってそれまでの2戦よりその点が明らかに改善されてきましたし、ジョッキーも馬混みに入れることでだいぶ馬も落ち着いて走っていました。

今回も上手く馬混みに入れて運べれば、直線では突き抜ける可能性もあると思っています。

初めて1番人気にはならなそうですが、ここが狙い目と見て、対抗でいきたいと思います。

 

買い目

単複◎

3連複24通り
◎~◯▲☆~△

馬連5通り
◯~スーパーフェザーまでの5頭

sponsor link
2018-04-28 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment