【土曜メイン競馬予想】京都新聞杯2018

今週は京都新聞杯2018の予想から書いていきます。

 

あっという間にGW後半、わたしの北陸旅行も本日まで。夏のような暑い日もあれば横殴りの雨も降ったりと、天気の対応力が重要でしたが、そこは上手くやって、とっても充実した数日間となっています。

ちなみに今日は最高の天気( ¨̮ )

旅の拠点は富山県の絶景キャンプ場で、そこから福井へ行ったり金沢・能登半島に行ったり、もちろん富山も楽しんで、という感じでした。

 

宿泊が格安なので、その代わりに美味しいものをたくさん食べて、買い物して、というお決まりスタイルとなっています。

 

そしてお休みの締めくくりは今日、明日の競馬となるわけですね。

今日も明日もなかなかおもしろそうなレースなので、楽しみです。頑張っていきましょう!

sponsor link


 

京都新聞杯G2の予想

◎7ケイティクレバー
◯15シャルドネゴールド
▲2グローリーヴェイズ
☆8アドマイヤアルバ
△13ステイフーリッシュ
△11アルムフォルツァ
△1フランツ
△12ユーキャンスマイル
△3レノヴァール
△9ロードアクシス

 

◎ケイティクレバー

密かにずっと買い続けているこの馬。好走してもあまり人気にならないので、今回も皐月賞の大敗でさほど人気しないのではないでしょうか。

その皐月賞は、関東への初輸送、テン乗り、距離短縮、初めてジョッキー、5番手に控える競馬と、難しい条件が重なってしまいました。

ただ、この時に控える競馬を経験したことが今回に必ずいきてくると思いますし、先行争いが激しくなりやすい中山2000mから、最初のコーナーまでが長い京都の2200mになることが今回は非常に大きいと思っています。

ゆったりと番手を追走できれば、更にチャンスが広がるのではないでしょうか。

京都のコーナー4つのコースは(2,1,1,0)と絶好で、京都2歳Sでグレイル、タイムフライヤーに次ぐ3着に入り、若駒Sを3馬身差で圧勝し、すみれSでキタノコマンドールと0,1秒差の2着に好走した舞台です。

大敗したのは朝日杯FSと皐月賞のG1の2戦。どちらも距離短縮で臨んだレースでした。

ハービンジャー産駒は距離延長を得意とすることは有名ですし、母父はこのレースで2度も産駒がワンツースリーを決めているディープインパクト、血統的にも舞台適正は高そうです。

ここはこの馬が巻き返すと見ています。

 

◯シャルドネゴールド

前走のG3毎日杯は7着と案外な結果に終わってしまいました。

なかなか敗因を特定するのが難しいところですが、この馬は1800mよりも2000m以上の距離で、ワンターンよりコーナー4つのコースの方が適正があるとみています。

新馬戦もワンターンの1800mで3着でした。(それでもロックディスタウンと1馬身差であれば評価できる!)

その後3戦はコーナー4つの2000mを3戦走って1着→2着→1着。

戦ってきた相手もなかなか強く、葉牡丹賞はジェネラーレウーノ(京成杯1着→皐月賞3着)とハナ差2着で、マイネルファンロン(スプリングS3着)には完勝でした。

勝ち上がった500万条件戦では、フローラSの覇者サトノワルキューレとも大接戦を演じたエタリオウ(青葉賞2着)を下しました。そのレースには今回も対戦するフランツやリシュブールも出ています。

ちなみに7着に負かしたアイトーンはその後、福寿草特別と若葉Sを連勝しているように、メンバーレベルはかなり高い一戦だったと言えますよね。

前走の7着と15番という枠で多少人気を落としそうですが、距離延長とコーナー4つのコースで巻き返すとみて、対抗でいきたいと思います。

 

買い目

単複◎

3連複21通り
◎~◯▲☆~印

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

sponsor link
2018-05-05 | Posted in Blog, Photo, 予想1 Comment » 

関連記事

コメント1件

 レンレン | 2018.05.05 16:06

大的中ですね〜♫
明日は僕もやったります(^^)
◎テトラからとイチロー馬券(51、31)

Comment





Comment