【日曜メイン競馬予想】ラジオNIKKEI賞2018

夏競馬に突入ですね!まずはラジオNIKKEI賞2018から発表していきます。

 

ところでまだ6月なのにもう梅雨明けの発表というのは皆さんも驚いたかと思います。

今年の夏は長そうですねー。日が長い夏は個人的に好きなので(仕事が終わっても空が明るいと飲みいきたくなっちゃいます)、わたしはとても嬉しいです。

そして波乱の多い夏競馬も大好きなので、そろそろ調子が上がってきて欲しいなーと思っていたり(; ゚゚)

 

ちなみに実家の猫と遊びに来た猫の写真がかわいくてつい載せました。↑↑

今年の後半戦も引き続きよろしくお願いします( ¨̮ )

sponsor link


 

ラジオNIKKEI賞G3の予想

◎6フィエールマン
◯✧1ロードアクシス
▲10イェッツト
☆2メイショウテッコン
△8エイムアンドエンド
△13グレンガリー
△4マイハートビート

 

◎フィエールマン

メイショウテッコン、ケイティクレバー、キボウノダイチ、シセイヒテンと逃げて結果を残してきた馬が多い今回、少頭数ではありますがペースは速くなると見ています。

そうなるとやはり後ろで脚をためる馬に展開が向きそうで、馬群もバラけてしかも少頭数なので、ロスなく捌くことができそうなのが強みです。

前走の山藤賞で、内回り且つ右回りの1800mを経験できたのも良かったですし、3~4コーナーでスーっとポジションを上げていけたところを見ると小回りコースの適正もとても高そうです。

福島や中山は直線が短いので、3~4コーナーで加速してポジションを上げられることが重要になってきます。

前走はまさにそんな競馬で、残り1000m~800mぐらいから加速して徐々にポジションを上げていく形になりました。

直線を向いた時点では既に先頭集団で、そこからもう一伸びして後続を突き放したところを見ると、相当長く脚を使っていたのがわかります。

実際のレースラップも後半1000mが58秒8で、ラップも12.2 – 11.9 – 11.7 – 11.6 – 11.4とゴールに向けてどんどん加速していくラップでした。

それを後方からポジションを上げて、更に直線突き放したのは評価できますし、福島の1800mに合いそうな脚の使い方ができる馬というのがわかります。

ここはこの馬が勝つ馬券で、相手探しかと思っています。

 

◯✧ロードアクシス

福島で勝っている馬はロードアクシスとグレンガリーの2頭。この2頭はここでも注目したいです。

ロードアクシスは500万条件を、グレンガリーは未勝利戦をここ福島で勝ち上がりました。

中でもロードアクシスは、フィエールマンと同じように3~4コーナーでスーっと加速していき、直線でもう一伸びしての完勝。このコースと相性が良さそうです。

グレンガリーはその2走前も前走もそうでしたがややエンジンのかかりが遅く、直線で追われてようやく加速していくような馬ですので、ここではロードアクシスに適性があると見ています。

3走前の阪神内回りコースでの若葉Sでも、タイムフライヤーやメイショウテッコンに先着して3着に好走。小回りや内回りコースでの適性が高そうです。

人気も全くありませんので、ここで穴を開けるならこの馬と見て期待しています。

 

買い目

3連単
◎→◯▲☆→印 15通り
◎→△→◯▲☆ 9通り

ワイド
◯~◎▲☆

sponsor link
2018-06-30 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment