【日曜メイン競馬予想】CBC賞2018

こちらはCBC賞2018の予想になります。

ラジオNIKKEI賞は昨日のうちにUPしているのでコチラから見てね。

 

今回はヒモ荒れに期待♩

それと関係ないけど熱中症には注意(((( °_° ))))

sponsor link


 

CBC賞G3の予想

◎16ペイシャフェリシタ
◯✧9セカンドテーブル
▲8アレスバローズ
☆2トウショウピスト
△6アクティブミノル
△12ダイメイフジ
△1トーキングドラム
×12ダイメイプリンセス
×14フミノムーン
×18アサクサゲンキ

 

◎ペイシャフェリシタ

4走前の同コース、浜松Sのパフォーマンスが圧巻でした。直線で馬場の真ん中から、1頭だけ他馬とは全く違う末脚で、スプリント戦にも関わらず2馬身半突き抜けてしまいました。

そこまでポジションを下げることなく、中団あたりから速い上がりを使えるのが魅力で、今の中京だとあまり後ろ過ぎると前を捕らえきれないかと思うので、その点は差し馬ですが不安が少ないかと思います。

包まれない外目の枠を引いたのも良いですよね!このレースは7~8枠の成績が特に良いレースですので、枠も味方してくれそうです。

3歳時はなかなか力を出しきれないレースが続きましたが、立て直されて4歳に入ってからは成績がとにかく安定しました。

4歳以降で馬券圏内を外したのは3回ですが、スタートで出遅れてしまった札幌スポニチ賞と、内枠で出負けした上に直線で完全に前が塞がってしまったみちのくS、

そして高松宮記念前のハイレベルなメンバーの中、0,1秒差の5着に好走した阪急杯の3戦だけで、いずれも全く悲観することは無いレースです。

スタートさえ普通に出れば今回も普通に好走してくると思っています。

あとはこのレース、馬券に絡んだ18頭のうちなんと13頭が5歳馬という、とてつもなく偏った傾向が出ています。

今回はこの馬と、ダイメイプリンセスとワンスインナムーンの3頭。

ダイメイプリンセスはこのレースで2番人気のに推されたベルカント以外全く来ていない距離延長組で、ワンスインナムーンは今回無理矢理にでもハナを奪いにいくようですが、アクティブミノルよりだいぶを外枠を引いてしまったのは痛いです。

相当無理をしないといけないかと思いますので、今回の5歳馬ではやはりこのペイシャフェリシタが有力と見ています。

 

買い目

馬連
◎~トーキングドラムまでの6頭

ワイド
◯~トーキングドラムまでの6頭

3連複21通り
◎~◯▲☆~印

sponsor link
2018-07-01 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment