【競馬予想】北九州記念2018

ここでは北九州記念2018の予想を書いていきます。

札幌記念はすでに公開してますので、こちらをご覧くださいね。

 

上の写真は軽井沢の緑に癒された1枚…今日はゴルフ場の緑と戯れてきます!!

夏休みはこれで終わり、今年もあっという間でしたが、来週からも元気に仕事しようと思います。

sponsor link


 

北九州記念2018の予想

◎6セカンドテーブル
◯9ラブカンプー
▲1ゴールドクイーン
△14アサクサゲンキ
△17フミノムーン
△4ナインテイルズ
△11ダイメイプリンセス
△3ダイアナヘイロー
△16ナリタスターワン

 

◎セカンドテーブル

前走のCBC賞が優秀な内容。レースの前半3ハロンが32秒7という超ハイペースを2番手で追走。直線が長く坂もある中京ということもあり、1、2、4着には差し馬が突っ込んできました。

そんな中、直線でももう一度脚を使って3着に粘ったのは非常に価値が高いと思っています。

今回は直線が短く平坦な小倉に替わって粘りが増すと思いますし、逃げ馬が何頭かいるのでその後ろあたりで無理なく折り合えそうな点もプラスです。

2走前、1番人気で4着に敗れた鞍馬Sの内容からも、スローペースからの直線での切れ味勝負は部が悪く、前半かなり速い流れで入った時が確実に好走しています。

その点、今回は逃げ馬が揃っているので展開的にもこの馬好みのペースになりそうです。

今の小倉は相当速い時計が出る馬場ですが、前走のCBC賞と3走前の中山での春雷S(しかも大外16番枠)で1分7秒台前半のタイムをマークしており、時計的な裏付けがあるのも心強いです。

ここは京王杯2歳S以来久々の重賞制覇の、そして水口Jの重賞初制覇のチャンスと見ています。

 

◯ラブカンプー

1000〜1400mの短距離戦では9戦して8連。連を外した1戦もG2フィリーズレビューで、掲示板は差し馬が独占したように、逃げ馬にとっては厳しい展開のレースでした。

常に安定した走りをしつつも、3歳牝馬らしく近走メキメキと実力をつけてきた、成長著しい1頭です。

特に前走のアイビスSDでは古馬相手に2着と大健闘、このレースとも相性の良いアイビスSDで結果を残しているのも好感が持てます。

これまでは逃げの戦法で結果を残していますが、過去10年の北九州記念では逃げ馬は1頭も逃げ残っていません。しかし今回は最内枠でテンの速い▲ゴールドクイーンがハナを切ると思いますので、2番手あたりを無理なく追走できれば、直線でゴールドクイーンを捕らえることができると見ています。

 

▲ゴールドクイーン

逃げ馬が揃っている中でも特にテンが速く、得意のスタートを決めてハナを切るのはこの馬になりそう。

傾向的に逃げ残るのは難しいレースなので一つ評価を落としていますが、距離ロスの少ない最内枠を引けたのは好条件。

新しく重賞となった葵Sでは、アイビスSDで2着となったラブカンプーを退けて完勝しており、その粘り強さは今回も注目です。

この馬自身も、前走初めて古馬との対戦となったバーデンバーデンカップで勝ち馬とタイム差なしの2着と好走。最後に差されてしまいましたが、最後までたれることなく力強い走りでした。

さらに相手は強くなり、ペースも速くなりますが、ここで逃げ残れるようであれば一気に実力を示せると思いますので期待しています。

 

買い目

3連複13通り
◎〜◯▲〜印(※全頭流しも検討)

他の馬券考え中です

sponsor link
2018-08-19 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment