【競馬予想】オールカマー2018

今週は日曜の重賞2つを予想していきますが、出走頭数も少なめなので早速1つ目、オールカマー2018の予想を書いていきたいと思います。

 

と、その前に・・・みなさまからたくさんツッコミをいただきまして、大変失礼しました!!(꒪ꇴ꒪|||)

先週のセントライト記念を間違えて、セントウルステークスと書いてました。2週連続で予想したみたいになってまして、キャーンっていう感じでした(;▽;)

それでもみなさまからのツッコミが少し嬉しかったりして。。

 

はい、今回はオールカマー!間違いなくオールカマーです!

sponsor link


 

オールカマーG2の予想

◎3ガンコ
◯7レイデオロ
▲4マイネルミラノ
☆9ミライヘノツバサ
△1アルアイン
△11エアアンセム
△2ダンビュライト
△10ブラックバゴ

 

◎ガンコ

距離短縮と中山替わりがとにかくプラスに働きそうな一頭。昨年末、ダートから芝へ舞台を移してから5走しましたが、負けたのは2回のみ。

1回は格上挑戦で参戦した日経新春杯で3着に健闘。ここでの鞍上は抜群の相性(3,0,0,1)の藤岡佑介Jではありませんでした。

もう1回が前走の天皇賞(春)で、陣営も明らかに距離が長かったと言っておりましたし、元々ダートを走っていた馬だけに京都の高速馬場も合わなかった印象です。かなり速いペースを先行し、後半はシュヴァルグランに早めにプレッシャーをかけられる厳しい展開でした。

G2日経賞を快勝している中山に戻り、距離も1000m短縮される今回は狙い目と見ています。

鞍上は引き続き相性抜群の藤岡佑介J。今回出走するエアアンセムが前走函館記念を快勝したのも藤岡佑介Jで、中山の鬼とも言えるミライヘノツバサが前走(去年の日経賞)で2着に入ったのも藤岡佑介Jとのコンビでした。その藤岡J今回ガンコに乗るのも期待の表れでしょうか。

父ナカヤマフェスタは名前の通り中山巧者で、今回と同じコースのセントライト記念を快勝。ナカヤマフェスタの父ステイゴールドは改めて言うまでもありませんが、産駒が中山のビッグレースを度々制していますよね。

血統的にもこの馬が中山の鬼になる可能性は十分ですので、この舞台なら本命でいきたいと思います。

 

◯レイデオロ

素直に行けばレイデオロなのかもしれませんが、ドバイに出走した後の馬の疲労度は相当なものと、牧場や厩舎関係者はよく口にします。藤沢厩舎ですしあくまでも目標はこの後のG1だと思いますので、ここは一つ評価を下げようと思います。

とはいえ重賞では絶好調のルメールJが鞍上で、中山も3戦2勝。5着のレースも3ヶ月ぶりの上、明らかに展開が向かなかった皐月賞ですので、舞台は絶好です。

年明けの京都記念はバルジューJで折り合いも欠いてしまいました。国内でルメールJとのコンビとなれば強さが本当に際立っていますので、取りこぼすことはあっても馬券圏内は外さないと見ています。

 

▲マイネルミラノ

この中山2200mという条件がとにかく合う馬で、今年のAJCCも8番人気で3着。去年のオールカマーはあわや逃げ切るかというところまで行きましたが、差されはしたものの勝ったルージュバックとは0,2秒差の4着と大健闘しました。

この馬はテンがそれほど速い馬ではないので、いかに負担なく先手を奪えるがとにかく重要で、同型馬の有無が大きなカギになります。

今回は逃げたい馬はこの馬だけですので、マイペースで先手を奪える絶好のメンバー構成です。人気は全く無いと思いますので、ここで一発に期待しています。

 

買い目

ワイド◎▲

3連単36通り
◎◯→印(マルチ)

sponsor link
2018-09-21 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment