【競馬予想】神戸新聞杯2018

おはようございます。

もう一つの重賞、神戸新聞杯2018の予想を書いていきます。

 

個人的にはイニエスタとポドルスキを観に、埼玉スタジアムへ行ってきます( ¨̮ )

sponsor link


 

神戸新聞杯G2の予想

◎8エポカドーロ
◯9アドマイヤアルバ
▲2エタリオウ
△4ステイフーリッシュ
△3ワグネリアン
△6メイショウテッコン

 

◎エポカドーロ

昨日のレースを見る限り、今の阪神は明らかに先行有利な馬場ですよね。

おそらくメイショウテッコンの次ぐらいのポジションになるかと思いますが、この頭数でペースもそこまで速くはなさそうですので、道中2~3番手から動きたいときに動いていって、皐月賞のように直線で突き抜けるといった競馬ができそうです。

阪神は稍重ぐらいまでの回復になるかもしれませんが、稍重はあすなろ賞、皐月賞とどちらも圧勝。適度に力の要る馬場はこの馬にとっては絶好の馬場状態です。

お父さんのオルフェーヴルは春のクラシックシーズンから能力が開花して、秋以降にもう手がつけられなくなる程に成長しました。

エポカドーロも皐月賞まではそこまで評価の高い馬ではありませんでしたが、そこから能力が開花。お父さんと同じような成長曲線を描いてきている点も注目です。

2番人気のワグネリアンは、阪神2400mだとなかなか成績のふるわないディープインパクト産駒なのでやや割引。3番人気のエタリオウも評価は高いですが左回りがベストで、右回りだととにかく内に刺さります。(しかも鞍上は昨日制裁を受けたばかりのデムーロJ)

となると、上位人気馬ではこの馬が一枚抜けていると見ています。

 

◯アドマイヤアルバ

これまで馬券圏内を外したのは、最後方から上がり最速の脚で追い込んだダービーの9着だけ。着順は9着でしたが、勝ったワグネリアンとは3馬身差とそこまで離されてはいませんでした。

良くも悪くも相手なりに好走できる馬で、コースや距離、馬場や相手を問わず確実に馬券圏内に食い込んできます。

京都新聞杯でも11番人気と低評価でしたが、4コーナーで大外を回って2着まで着順を上げたのは立派でした。鞍上もその時の岩田Jに戻ります。人気薄のアドマイヤに岩田Jとなるとそれだけで穴を開けそうですよね。

ハーツクライ産駒ですのでゆったり走れる2400mも、やや力の要る阪神の馬場も、直線の長いコースも合いそうですので、人気薄からはこの馬に注目したいと思います。

 

買い目

3連単
◎→◯▲→印 8通り
◎→△→◯▲ 6通り
印→◎→◯▲ 8通り

sponsor link
2018-09-23 | Posted in Blog, Photo, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment