【競馬予想】秋華賞2018

おはようございます!いよいよ秋華賞2018!アーモンドアイの3冠がかかった、注目の一戦ですね。

それにしても種牡馬のロードカナロアは初年度にステルヴィオ、2年目にこのアーモンドアイを輩出するなんて、ものすごい種牡馬ですね〜、活躍する種牡馬が出てくるのはとても嬉しいことですね。

 

さてそんな強敵アーモンドアイに立ち向かう馬たち、一体どんなレースになるのでしょうか。

わたしはこう予想致しました( ¨̮ )

sponsor link


 

秋華賞G1の予想

◎13ミッキーチャーム
◯11アーモンドアイ
▲10オールフォーラヴ
☆2カンタービレ
△7ラッキーライラック
△5サラキア
△6パイオニアバイオ
△4ランドネ
△8トーセンブレス
△16プリモシーン

 

◎ミッキーチャーム

やはりこれだけ1頭に人気が集まると、馬券的にはアーモンドアイに勝つとしたらどの馬か、という予想になってきますよね。

今回は京都内回りで直線の短いコースです。過去にもビッシュやデニムアンドルビーといった差し脚が魅力の1番人気馬が馬券に絡めず、あのブエナビスタでも後ろから行って3着(入選は2着)でした。

ジェンティルドンナもローズSで完封した先行馬ヴィルシーナにハナ差での辛勝ということで、もし波乱があるとしたらやはりアーモンドアイが差し届かず、といったケースではないでしょうか。

そうなるとやはり前に行ける馬を買いたいところですが、今回はとにかく前に行く馬が多いです(笑)

ペースもかなり流れそうで、流れすらもアーモンドアイに向いてきそうですが、そんな中で私の本命はミッキーチャームにしました。

春まではなかなか勝ち切れないレースが続いたものの、3ヶ月の休養を挟んで立て直されてからは怒涛の3連勝。8馬身差→3馬身半差→3馬身半差とどれも圧勝でした。

3戦とも道中は逃げたか2番手だったにもかかわらず、上がり最速が2回、2位が1回と、前につけながらも更にもう一度伸びることができる点が、いかにも京都内回りに合いそうです。

前走は洋芝で最初の1000mが58秒6という超ハイペースになってしまいましたが、3~4コーナーで息が入るとそこからもう一伸び。更に突き放しての圧勝でした。

2着のファストアプローチは、札幌2歳Sで2着など重賞でも度々好走していた馬で、その馬を全く寄せ付けず3着馬には7馬身差をつけました。これはもう完全に本格化したとみて、本命で行きたいと思います。

 

▲オールフォーラヴ

前走のローズSは9着と大敗。ただ、このローズSと秋華賞は近年全く結び付かないことが多く、過去10年でみてもローズSからの参戦組で、ローズSでも秋華賞でも最先着だった馬はジェンティルドンナとヌーヴォレコルトの2頭だけ。他の8回はローズSと着順が入れ替わっており、秋華賞ではローズSで負けた馬の方が狙い目です。

オールフォーラヴはそのローズS、4ヶ月ぶりのレースで馬体重も22キロ増。賞金も足りていたので明らかに叩き台というレースでした。春はオークスが最大の目標だったため、馬体重がどんどん減っていき仕上げも難しい状態でしたが、前走はしっかりと馬体を戻せていました。

今回は巻き返しがあると見て、3番手評価にしたいと思います。

 

買い目

単勝◎

3連複15通り
◎~◯▲~印

3連単
◎◯→◎◯▲☆→パイオニアバイオまでの7頭 30通り

sponsor link
2018-10-14 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment