【競馬予想】富士ステークス2018

こんばんは( ¨̮ )

今週は土曜重賞の富士ステークス2018から予想します。

 

その前に…

先週はアーモンドアイが見事、秋華賞を制覇!牝馬3冠を達成しましたね٩( ᐛ )( ᐖ )۶すごいぞー!!ジェンティルドンナに続いて、新たな名牝がここに誕生しました。

圧倒的な1番人気の勝利で馬券はあまりつきませんでしたが、わたしもしっかり的中♫ 本命にした◎ミッキーチャームがなかなか良い走りで粘っていましたが、最後はもう能力の違いを見せつけるような勝利でした!(秋華賞の予想

 

牡馬クラシックも最終戦、盛り上がっていきましょー!と、その前に富士ステークスの予想です。

sponsor link


 

富士ステークスG3の予想

◎11ワントゥワン
◯18ジャンダルム
▲9ハクサンルドルフ
△6エアスピネル
△12クルーガー
△14レッドアヴァンセ
△8ロジクライ
△17ヒーズインラブ
×3.15.4.10

 

◎ワントゥワン

直線の長い府中が舞台となれば、やはり最後の決め手があるかどうかが重要な要素になってきそうです。

今回はマルターズアポジーが出走するのでタメ逃げは無さそうですし、更にウインガニオンもいるのである程度レースは流れそう。そうなれば馬群もバラけて、差し馬にとっては捌きやすくて良い展開になるのではないでしょうか。

ワントゥワンはキャリア全24戦中なんと16戦で上がり最速をマーク。全てのレースで上がり3位以内という、このメンバーの中でも1、2を争う“キレる馬”です。ここ3戦は重賞で3戦とも上がり最速。メンバーレベルが上がってもそのキレ味は健在でした。

前走はさすがに中山ではその脚を活かすのは難しいかと思って評価を下げていましたが、スローペースを最後方で追走し、4コーナーでは一番外を回すというかなり厳しい展開の中でも、1頭だけ抜けた脚を使っての半馬身差2着。上がりはなんと中山で33秒0で、上がり2位の勝ち馬ミッキーグローリーより0,5秒も速いタイムでした。

どうしても最後方に近いところから追い上げてくる分、勝ち切るには展開の手助けが必要になりますが、ここでモレイラJが初騎乗というのが魅力的です。道中、無理なくもう少しだけ前のポジションで競馬をさせられることが上手な騎手ですし、それでいて直線もこれまでと同じような脚を使わせることができます。

なかなか勝ち切れなかった馬がモレイラJを鞍上に迎えてあっさり!というレースを何度も見ていますよね。ここは鞍上への期待も込みで、本命で行きたいと思います。

 

◯ジャンダルム

ようやく適性の高い距離での出走が叶ったこの馬。お母さんがスプリント路線で大活躍したビリーヴですので、やはりマイル前後の短いところが良さそうです。

マイルでは新馬戦→G2デイリー杯と連勝しており、そのデイリー杯ではスタートで出遅れたにもかかわらず、カツジやNHKマイルを勝ったケイアイノーテックを寄せ付けませんでした。

弥生賞も決して適性距離とは言えなかったものの、ダービー馬ワグネリアンとは半馬身差と健闘。マイル~中距離であれば世代上位の力があるところを証明しました。

あとは古馬との力関係がどうかですが、今年の3歳世代はプリモシーンが関屋記念を、ブラストワンピースが新潟記念を勝ち、ステルヴィオが先日の毎日王冠で2着に入ったように古馬との戦いでも十分勝ち負けになっています。

ここ2戦の大敗で評価を落としそうですが、皐月賞は出遅れ、ダービーは距離と敗因は明確ですので、3歳馬の成長力にも期待してここは対抗で行きたいと思います。

 

買い目

単勝◎

3連複19通り
◎~◯▲~印

 

3連単なら…

2頭軸マルチ
◎◯~ヒーズインラブまでの6頭 36通り

sponsor link
2018-10-19 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment