【競馬予想】菊花賞2018

おはようございます!いよいよ菊花賞2018です。牡馬クラシック最終戦に加え、長距離戦が大好きなので、とっても楽しみなレース。

なのですが、わたし個人的にはこれから仕事関係の試験があるのと、あと家に新しく犬を買ってしまって、いかんせん集中に欠けております(꒪꒳꒪;)

ですがもちろん当てたい!皆さんも頑張ってくださいね。

sponsor link


 

菊花賞G1の予想

◎9エタリオウ
◯2グレイル
▲3ブラストワンピース
△17シャルドネゴールド
△18グロンディオーズ
△5エポカドーロ
△10アフリカンゴールド
△4ジェネラーレウーノ
△11コズミックフォース
△15オウケンムーン
△7ユーキャンスマイル

 

◎エタリオウ

昨日の京都芝コースはとにかく外差しが決まる馬場。馬場次第ではエポカドーロやジェネラーレウーノが良いかと思ってましたが、こうなると後ろから行けて決め手のある馬の評価を上げたいところです。

エタリオウやグレイルはまさに後ろから速い上がりを使える馬。◯グレイルは京都で2戦2勝しているように、中山だとやや直線が短い印象。それでも前走セントライト祈念で3着に来たのは力がある証拠で、皐月賞でも上がり最速をマークした決め脚は京都の外回りコースでこそ力を発揮すると思います。

◎エタリオウは2走前のダービー、前走神戸新聞杯と、展開や馬場は後ろから行く馬には向かなかった中で4着→2着。これは着順以上に評価できると思います。

今回はまず馬場が向きそうですし、枠順もちょうど良いど真ん中の9番。あとはレースの流れですが、メイショウテッコン、ジェネラーレウーノ、エポカドーロ、アイトーン、アフリカンゴールド、カフジバンガードと、近走道中は3番手以内につけて結果を残してきた馬が多く揃っています。

そしてもちろん全馬が3000m以上の距離は経験していませんので、良いポジションを確保しつつオーバーペースにならないようにすることはかなり難易度の高いことだと思います。

となるとやはりペースはある程度流れそうですし、前に行く馬にとっては厳しい流れ、そして厳しい馬場だと思います。というわけで、後ろでゆったりとレースを運べて、京都の外回りを利用して確実に良い脚を使えそうなエタリオウ、グレイル、ブラストワンピースに重い印を打ちたいと思います。

 

買い目

3連複17通り
◎~◯▲~印

3連単
◎→◯▲→印(18)
◯▲→◎→印(18)

sponsor link
2018-10-21 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment