【競馬予想】天皇賞(秋)2018


本日の重賞、天皇賞(秋)2018を予想しました。もうお昼も過ぎておりますが…(><)昨日のアルテミスのような予想を出せたらいいなと思っています。

ポカポカの本日は競馬日和♩今日の終わりもこんな気持ちで終えましょー

sponsor link


 

天皇賞(秋)G1の予想

◎6マカヒキ
◯4レイデオロ
▲3ヴィブロス
△5スワーヴリチャード
△1ステファノス
△7アルアイン
△9サングレーザー

 

◎マカヒキ

ダービー馬の復活に期待です。

前走の札幌記念は骨折明けで9ヶ月ぶりのレースになりましたがハナ差の2着に好走。勝ったサングレーザーが道中上手く内で脚をため、直線でも1頭分開いたところをスルッと抜け出す競馬。対してマカヒキは3~4コーナーではサングレーザーより4頭分ぐらい外を回す形になってしまいました。

4コーナーで先団に取り付くのにかなり脚を使ったはずですが、それでも直線でもう一伸びして3着以下を突き放す強い競馬でしたよね。一叩きして状態も上がっているはずですので、ここは更なる上積みが期待できそうです。

また冒頭から“復活に〜”と言うものの、近走それほど悪い競馬をしているわけではありません。

2走前のJCは、やや長い2400mではありましたが4着に好走。当時3歳のレイデオロとは2キロ重い斤量を背負っていました。去年は秋に台風が続いた影響で馬塲もかなり痛んでおり、JCで上がり最速のレイデオロですら34秒6を要しました。マカヒキは間違いなく速い時計の出る馬場の方が向いてますので、距離、馬場ともに向かない中での4着であれば評価に値すると思います。

3走前の天皇賞(秋)も、あの超泥んこ馬場で枠も15番と相当厳しい条件に。それでも5着まで追い込んだのは立派でした。5走前の大阪杯でも、阪神内回りでは不利な大外枠から4着と、どのレースもなかなか条件が向かない中でしっかりと掲示板を確保しました。

今回は馬場、枠とも絶好。距離も2000mとおそらくベストな距離で、鞍上は天皇賞の勝ち方を知っている武豊Jとなれば、買い時はここと見ています。

 

買い目

3連複5通り
◎◯~印

3連単
◎→◯▲→印 10通り
◎→△→◯▲ 8通り
◯▲→◎→印 10通り

sponsor link
2018-10-28 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment