【競馬予想】東スポ杯2歳ステークス2018

日に日に寒くなるこの季節。日に日に熱くなるG1レース。来週のジャパンカップは毎年とても楽しみですが、マイルチャンピオンシップが好きな通なファンも多いですよね♩

その前に今週は東スポ杯2歳ステークス2018から予想を書いていきたいと思います。

風邪治ったのに、またぶり返している私にどうか的中を〜( ー̀εー́ )

sponsor link


 

東スポ杯2歳ステークスG3の予想

◎3カテドラル
◯15ルヴォルグ
▲5ヴァンドギャルド
△11ナイママ
△7ヴェロックス
△4アガラス
△12ホウオウサーベル
△2ニシノデイジー
△16ゴータイミング

 

◎カテドラル

新馬戦のメンバーと勝ちっぷりからも注目していた一頭。前走の野路菊Sでは1番人気になるかと思われましたが、新馬戦の勝ち方が派手だったヴェロックスの方に人気が集まりました。6頭立てで単勝が3,6倍はなかなかおいしいオッズでしたよね。

その野路菊Sでは、前向きな気持ちを抑えられないような形でハナに。道中ずっと福永Jが手綱を引っ張りっぱなしで、これはかなり消耗してしまったかなというところから、結局は上がり最速タイの脚を使って逃げ切ってしまいました。

どこまで行ってもヴェロックスとの差は詰まらないのではと思うぐらい直線でもまだ余裕がありましたし、3着以下とはどこまでも差が開きそうな感じで3馬身半ちぎりました。

新馬戦は2馬身半差の完勝。良血馬が揃ったため人気は4番人気でしたが、勝ち方は断然の1番人気馬のような横綱相撲でした。

負かした馬たちの次走がまた強烈で、2着のトーセンカンビーナが次走5馬身差の圧勝。3着馬のヴィルシーナ初仔も3着馬に9馬身半差で圧勝。4着馬のダノンチェイサーも3着に6馬身半差の圧勝でした。この時に左回りで直線が長いコースを経験してるのも強みです。

明日の土曜日は天気があまり良くなさそうですが、新馬戦は重馬場、2戦目の野路菊Sは良馬場発表だったものの、5Rまでは稍重で回復したばかりのやや時計のかかる馬場でしたので、天気もこの馬には味方しそうです。

人気はルヴォルグとヴェロックスに譲りそうですが、実力はこの馬が1番と見ています。

 

▲ヴァンドギャルド

◯ルヴォルグは人気を集めそうですし、新馬戦はもう分かりやすく強い競馬でしたので、ここは穴っぽいところでヴァンドギャルドに期待しています。

新馬戦は1¼馬身差の完勝。重馬場だったため時計は目立ちませんが、上がりはなんと33秒台をマーク。急坂のある阪神の重馬場で33秒台は立派ですよね。

しかも直線ではなかなかスムーズに進路が見つからず、右に左にと方向を切り替えるようなロスのある走りになってしまいました。それでも1頭分開いたところで追い出されると、瞬時に反応して馬群を割って出てくることができたのは、この馬のレースセンスの高さですよね。

約2馬身差をつけた3着のメイショウショウブが、先週のG2デイリー杯2歳Sでアドマイヤマーズと僅差の2着に好走。メンバーレベルも高かったことが証明されました。

この走りなら週末の雨も問題なさそうですし、ディープインパクト産駒ですので直線の長い府中も合いそうです。

最終追い切りは6F80秒2でラストが11秒5と抜群の時計。古馬1000万条件の馬が一杯に追うところを2秒3も追走して先着しました。

CデムーロJも跨がって感触を掴んだかと思いますので、ここは人気薄での一発に期待したいです。

 

買い目

馬連
◎◯

3連単
◎◯→◎◯▲→印 28通り

sponsor link
2018-11-16 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment