【競馬予想】マイルチャンピオンシップ2018

おはようございます!本日はマイルチャンピオンシップ2018の予想を書いていきます。

なんだか最近は良いことありませんが( •́ε•̀ ) そろそろかなーと期待しているところです。みなさん的中目指して頑張っていきましょー

sponsor link


 

マイルチャンピオンシップG1の予想

◎3アルアイン
◯14エアスピネル
▲8モズアスコット
☆6ジュールポレール
△1ステルヴィオ
△7ロジクライ
△2ペルシアンナイト
△16カツジ
△9ウインブライト
△15アエロリット

 

◎アルアイン

京都マイル、そしてマイルCSと言ったらやはりディープインパクト産駒ですよね。ここ6年連続のこのレースでも半数近い8頭が馬券に絡んでいるように(しかもそのうち7頭が人気以上に好走)、ディープ産駒というだけで評価を上げないといけない状況と言っても過言ではありません。

今年はこの◎アルアインと、☆ジュールポレール、△カツジ、ケイアイノーテック、ミッキーグローリー、レッドアヴァンセと6頭が参戦。その中でもアルアインに最も可能性を感じています。

まずは戦ってきた相手が他の馬とは少し違いますよね。レイデオロやスワーヴリチャードといった現役馬の中でもトップホース達と互角に渡り合ってきた実績はこの中でも間違いなく最上位です。

しかも、新馬戦後にムーアJがこの馬はマイラーだと言っていたように、もしかしたら適性より長い距離で渡り合っていたという可能性もあります。実際にお母さんのドバイマジェスティは、アメリカの最優秀短距離牝馬にも輝いたようにスプリント戦線で活躍していた馬です。となれば、距離が中距離からマイルに短縮されてよりパフォーマンスを上げる可能性が高いと考えても辻褄が合いますよね。

京都は4戦して(1,1,0,2)ですが、着外の2戦は思いっきり不利のあったシンザン記念と、距離も馬場も全く適性とはかけ離れていた菊花賞ですので、度外視と見て良いのではないでしょうか。むしろ新馬戦のマイル戦は完勝で、適性外の京都記念ではレイデオロやモズカッチャン、ディアドラにも先着していますので、京都適性は高いと判断しています。

ディープ産駒からはこの馬の血統や実績、そしてまだ隠れていた適性にかけて、本命で行きたいと思います。

 

◯エアスピネル

熱発明けと外国人騎手の人気でかなり評価を落としている一頭。確かに熱発の影響は少なからずあるのかもしれませんが、それでも去年のこのレースでは勝ちに等しいハナ差の2着。

マイル戦は(4,3,2,2)で、馬券に絡めなかった2戦は安田記念(5着)と富士S(4着)のともに府中でのもの。京都は絶好で、全6戦で馬券に絡んでいます。あの3000mの菊花賞ですら3着に好走しているわけですから、余程適性があると見て良さそうです。

前走の富士Sが少し不甲斐ない結果でしたが、目標はこのマイルCSのはずで明らかに叩き台。1走してガス抜きもできたかと思います。

◎アルアインや☆ジュールポレールにも言えることですが、高速馬場のヨーイドンの勝負よりは、今の京都の時計のかかる馬場の方が間違いなくプラスの馬。順調なら1番人気を争うほどの馬だったと思いますし、私もおそらく本命にしてた馬だと思いますので、ここは熱発の影響で評価を下げたとしても対抗までにしたいと思います。

 

買い目

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

3連複
◎~◯▲☆~印 21通り

sponsor link
2018-11-18 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment