【競馬予想】阪神カップ2018

今日は阪神カップ2018の予想を書いていきたいと思います。

昨日の夜ですが、久しぶりに有馬記念の予想動画をアップいたしましたので、ぜひ見てみてくださいね。

もうすぐクリスマスですが、今日か明日の的中で、ぜひサンタさんお願いします!

sponsor link

阪神カップG2の予想

◎11レッドファルクス
◯3ダイアナヘイロー
▲2ミスターメロディ
☆13ケイアイノーテック
△ラインスピリット
△15ジュールポレール
△14ワントゥワン
△10サトノアレス
△16ベステンダンク
△6ムーンクエイク

◎レッドファルクス

今回の阪神カップがラストランの馬。去年もイスラボニータがラストランでこのレースを制しました。

1400m戦にしては珍しく逃げ馬が不在で、先行馬も5頭ぐらいしかいないメンバー構成。展開的には◯ダイアナヘイローや▲ミスターメロディのように前に行く馬に有利になると予想していますが、レッドファルクスの場合はこの中では力が一枚上と見て本命にしています。

ここ3戦の着順が8着→9着→10着と悪く、7歳という年齢からももう終わってしまったのかもしれないと捉えられがちですが、それぞれの敗因は明確です。明確な上にそれが3戦ともハイレベルなG1となれば、この着順は無視してもいいと思っています。

3走前の高松宮記念は4コーナーで中団より前にいた馬か、内を上手くついてワープした馬しか上位に来れない展開と馬場でした。そんな中この馬は後方2番手から伸びてきたものの、途中で完全に前が壁になってしまって進路を外に切り替えるロス。そこからもう一度脚を伸ばしてきましたが、勝ったファインニードルと2¼馬身差まで詰め寄るのがやっとでした。上がりはメンバー中最速で完全に脚を余したレースになってしまいました。

2走前の安田記念は(0,0,1,3)と成績の悪いマイルの距離が敗因ですよね。
前走のスプリンターズSは4コーナーで故障した馬の影響をもろに受けてしまい、かなり外を回すロスがありました。直線の短い中山であのロスは致命的ですよね。

これだけ敗因が明確で、且つ舞台がG1であれば、この近3走は度外視で良いと思います。

枠も丁度良く外目の11番。このレースは過去10年で馬券に絡んだ30頭中、19頭が10番より外の枠で、内枠の馬は近年ほぼ先行馬しか来ないというレース。外外を回らされることもなく、且つ内から外に持ち出す必要のないこの枠はまさに絶好枠です。

そこに鞍上が名手ボウマンJになるわけですので、ここはラストランを飾ってくれると期待しています。

◯ダイアナヘイロー

内枠の先行馬で、無理なく先手を奪えそうなメンバー構成。阪神1400mは今年のG3阪急杯を逃げ切ったレースで、その時の2着は安田記念を勝ったモズアスコットでした。

この阪神カップは重賞の中でも超がつくほどのリピーターレースで、阪神1400mというコース自体にもその傾向が強いです。

今年の阪神1400mの重賞を勝っていて、内枠の先行馬で、展開も向きそうなメンバー構成となれば、ここは一発があってもおかしくないと思います。

人気も今のところ12番人気と全くありませんので、超高配当に期待して対抗で行きたいと思います。

買い目

3連複21通り
◎~◯▲☆~印

馬連流し
◯~印9頭

sponsor link
2018-12-22 | Posted in Blog, 予想2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 hiro | 2018.12.22 20:00

すごい!!!!!
ダイアナヘイロー来た!!!!

 ことり | 2018.12.28 9:30

へいへいへーいっw(=ω= )w単勝もありだった〜汗

Comment





Comment