【競馬予想】ホープフルステークス2018

 

本日で仕事納めの方も、そうでない方も、みなさまおはようございます!

なんだか平日に中央競馬というのは、大雪での振替開催の時を思い出しますが、今年最後の重賞ホープフルステークス2018の予想を公開していきたいと思います。

有馬は良いところに目をつけていたのですが、肝心の勝ち馬を軽視してしまったので完敗でした。

ただし土曜開催の阪神カップで的中できたので、調子はまずまず。キャリーオーバーしているWIN5も注目したいところですが、大掃除の合間にちょこっとやりたいところですね。

今年最後の運試し、頑張っていきましょう!

sponsor link

 

ホープフルステークスG1の予想

◎11ヴァンドギャルド
◯2ブレイキングドーン
▲5サートゥルナーリア
☆7ミッキーブラック
△1ニシノデイジー

 

◎ヴァンドギャルド

今回の出走馬中唯一のディープ産駒。このレースは3年前のハートレー、4年前のシャイニングレイと、ディープ産駒が勝ちきっているレースです。前走の東スポ杯はニシノデイジーとタイム差なしの3着。最後はニシノデイジーに差し返されてしまいましたが、残り200mでは先頭に立ち、そのまま重賞制覇かといった見せ場もありました。

ニシノデイジーとは4コーナーでの位置取りも、上がり3ハロンも同タイム。ニシノデイジーは直線で内をつけた点が良かったですし、なかなか前が空かずに追い出しが一歩遅れたことが、逆に最後に差し返す伸びに繋がりました。

ニシノデイジーがジワーっと良い脚を使い続けられるタイプだとすれば、前走を見る限りこの馬が使える脚はわりと短い印象。つまり、府中の残り200mで先頭に立ったように、直線の短い中山では丁度先頭に立ったあたりがゴールになるようなイメージでしょうか。

新馬戦、そして前走と、ともに馬群を割って抜け出す競馬を経験している点は、直線がさほど広くない中山ではプラスに働くと見ています。少頭数で直線が長く、広いコースしか経験していないサートゥルナーリアに付け入る隙があるとしたらそのあたりでしょうか。

また、中山芝2000mでの厩舎と騎手の強さも魅力です。過去5年間での藤原厩舎の中山芝2000m戦での勝率はなんと30%超え。今回出走馬がいるトレーナーでこの次に勝率が高いのは20%の河内厩舎ですが、使った数は5戦のみ(1勝)。10戦以上を使っている厩舎でその次に勝率が高いのは17%の堀厩舎です。藤原厩舎の数字がいかに抜けているかがわかりますよね。リーディングトレーナー争いでもトップを走る藤原厩舎の厩舎力に期待です。

また、厩舎だけでなくジョッキーもこのコースを得意としています。CデムーロJは過去5年、この中山芝2000mでの勝率が27%。ルメール騎手の38%は群を抜いていますが、今回騎乗する騎手の中では2番目に高い勝率です。ちなみにお兄さんのMデムーロJは13%台ですので、相性の良さでは弟の方に軍配があがります。

中山のコースはトリッキーでクセのあるコースですので、その舞台でのジョッキー・トレーナーのこの成績の良さは、プラス材料と捉えて良いのではないでしょうか。

 

買い目

3連複5通り
◎~◯▲~印

3連単BOX6通り
◎◯▲

 

本年はたくさんの方から温かい言葉をかけていただき、大変励まされた年になりました。本当にどうもありがとうございました( ¨̮ )

来年も素敵な一年が送れるよう大切に過ごしていきたいと思いますので、来年も変わらず、みなさまどうぞよろしくお願いいたします!

sponsor link
2018-12-28 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment