【競馬予想】アメリカジョッキーCC&東海ステークス2019

今週の重賞はアメリカジョッキークラブカップと東海ステークス2019です。久しぶりに前日に予想が固まったので、二つとも一気に書いていきたいと思います!

sponsor link

 

アメリカジョッキーCC G2の予想

◎10メートルダール
◯4フィエールマン
▲11サクラアンプルール
☆6ミライヘノツバサ
△1ジェネラーレウーノ
△5ダンビュライト

 

◎メートルダール

今のところ11頭立ての6番人気とさほど評価の高くない馬。それもそのはず、G2以上のレースは4戦してまだ1度も馬券に絡んだことがありません。G3は7戦中5戦で馬券圏内を確保したことを考えると、クラスの壁と言わざるを得ない状況です。

ただ、中距離路線に戻したここ5戦を見ても、5走前には後の宝塚記念を制したミッキーロケットに勝って重賞制覇。2走前(つい4ヶ月半前)の新潟記念では、先日の有馬記念を制したブラストワンピースよりも3キロ重い斤量を背負いながらも1¼馬身差の2着に好走しました。

それを踏まえると、そもそもの能力自体は十分にG2、G1を勝つものがあると捕らえて良さそうです。あとはきっかけひとつだと思いますが、その“きっかけ”が、今回のマーフィーJの騎乗だと思っています。

マーフィーJは先週の日曜日に2勝。月曜日は騎乗した9レース中なんと6レースで馬券圏内に。4連続連対と京成杯での連対も合わせて5レースで連対しました。今日土曜日のレースでもなんと3勝。9レース中5レースで馬券圏内に持ってきました。

印象的なのは序盤で好位の良いポジションを取れる点と、その上でしっかりと折り合いをつけられる点。これはさすがJRAの厳しい短期免許基準をクリアしたジョッキーと言うべきところでしょうか。

メートルダールはこれまで、中団よりもかなり後ろに位置することが多かった馬。どうしても展開に左右されたり、前走のように捌くのに苦労したりとなかなか能力を出しきれないことが多い馬でした。一昨年は3勝をあげていますが、どのレースも4コーナーでは先団に取り付くポジションを取っていたように、元々はもう少し前目の位置で競馬ができる馬でした。

マーフィーJが騎乗することで、しっかりと勝ち切れていた時のようなレース運びができるのではないかと期待して、思い切って本命で行きたいと思います。

 

▲サクラアンプルール

前走の有馬記念は圧倒的に不利な大外枠を引いてしまい、人気も15番人気に。やはり枠の不利は大きくスタート直後に後方にポジションを下げる形になってしまいましたが、4コーナーから直線は絶好の手応えで、勝ったブラストワンピースより速い上がり3ハロンを記録。勝ち馬とは約4馬身差の7着と大健闘でした。

2走前の天皇賞(秋)も不利な大外枠を引いてしまいましたが、ここでも6着に好走。ハイレベルなG1で、しかも外枠が不利なコースでこの着順であれば、能力は全く衰えていないと捉えて良さそうです。

今回も大外枠を引いてしまいましたが、中山2200mでしかも11頭立てであれば不利はほとんど無いと言っても良いと思います。なんと言っても(3,1,2,3)と大得意の中山競馬場への舞台替わりは魅力ですので、3番手評価で馬連に期待したいと思います。

 

買い目

馬連3通り
◎◯▲

3連単
◎◯→◎◯→印 8通り
◎◯→印→◎◯ 8通り

sponsor link

 

東海ステークスG2の予想

◎5スマハマ
◯1グレンツェント
▲4インティ
☆6アングライフェン
△7アンジュデジール
△10コスモカナディアン

 

◎スマハマ

骨折明けが不安視されていますが、調教の本数は十分。藤岡佑介騎手が付きっきりで稽古をつけ、1週前も長めから一杯に追われて好時計を記録しました。

3歳時はルヴァンスレーヴの相手筆頭に推す声も多かった馬で、前走の青竜Sでもスタートで出遅れながらも勝ったグリムとはクビ差2着。最後はグリムの驚異的な勝負根性に屈しましたが、直線馬なりで前を捕らえる時の手応えは抜群でした。更に3着のオメガパフュームには1馬身差をつけました。オメガパフュームはご存知の通り、その後G3シリウスSとG1東京大賞典を制覇。3着と4着の着差が5馬身ついたことからも、この青竜Sでは上位3頭の力が抜けていました。

ちなみに3走前の500万条件では2着に2馬身差、3着に7馬身差をつける圧勝劇でしたが、3着馬のテーオーエナジーは今回人気を集めているチュウワウィザードと2戦対戦し、2戦とも完勝しています。テーオーエナジーを物差しにすると、チュウワウィザードには負けられないところですよね。

砂を被るのがあまり良くない馬ですので、できればハナか2番手ぐらいにはつけたい馬。それを考えるとサルサディオーネが出走しなかったことはこの馬にとってはかなりプラスに働きそうです。おそらくインティかスマハマがハナを主張することになるかと思いますが、枠の並び的にもインティの外に入れたのは大きいですよね。メンバー的にも枠の並び的にも、砂を被ることはほとんど無さそうですので、この馬の力をしっかりと発揮できる展開になると見て良さそうです。

ご存知の通り、中京のダートコースは逃げ・先行馬が非常に強いコース。1、2番手を楽に追走できれば、なかなか止まることは無いのではと見ています。

 

買い目

3連複1点
◎◯▲

3連単
◎→◯▲→印 8通り
◎→☆△→◯▲ 6通り
◯▲→◎→印 8通り

sponsor link
2019-01-19 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment