【予想】根岸ステークス&シルクロードステークス2019

遅くなってしまいましたが、根岸ステークスとシルクロードステークス2019の予想を書いていきたいと思います!もう早速書いていっちゃいます(。・Д・)ゞ

sponsor link

 

シルクロードステークスG3の予想

◎10ラブカンプー
◯6ラインスピリット
▲2ダノンスマッシュ
☆9ペイシャフェリシタ
△1ナインテイルズ
△3フミノムーン
△13ダイメイプリンセス
△16アンヴァル

 

◎ラブカンプー

おそらくサイタスリーレッドとの先手争いになり、その直後をラインスピリットやダノンスマッシュが追走する形になりそう。ペースはかなり流れそうで、前に行く馬には一見キツイ展開に思えますが、この馬はハイペースでハナ争いをしたとしても直線でもうひと踏ん張りできる馬。

3走前のG3北九州記念でのレースの前半3ハロンは32秒4。対して後半は34秒2と2秒近くも差のある前傾ラップでしたが、そこで3着に粘りました。この馬以外は6着までが差し馬だったことを考えると非常に価値のある3着だったと思います。

2走前のG2セントウルSも前半を33秒3で逃げてレースを引っ張り、後半は35秒7で踏ん張っての2着(レース全体は後半35秒5)。前走のスプリンターズSはレースの前半が33秒0という、G1らしい速い流れを2番手で追走。前半は33秒2で入りました。最後はファインニードルにクビ差差されてしまいましたが、後半を35秒1でまとめてあわやG1制覇というところまで健闘しました。

この3走からもこの馬の特徴はハイラップを刻んでの粘り込みというのが分かりますよね。そう捉えるとサイタスリーレッドやラインスピリットといった同型がいることは全く気になりません。

むしろ、このシルクロードS自体が前有利のレースで、逃げた馬は過去10年でなんと5頭も連対。先行馬が6勝もしています。戦ってきた相手、レース展開、レース傾向から、この馬の本命は揺るぎないかと思います。

 

買い目

3連単フォーメーション
◎→◯▲☆→印 18通り
◯▲☆→◎→印 18通り

 

根岸ステークスG3の予想

◎12サンライズノヴァ
◯2ユラノト
▲1クインズサターン
△13メイショウウタゲ
△15キタサンミカヅキ
△3サトノファンタシー
△6モーニン
△11コパノキッキング
△10レッドゲルニカ

 

◎サンライズノヴァ

皆さんもご存知の通り、東京ダートはとにかく無類の強さ。戦績はなんと(6,3,0,2)で、11戦中連対を外したのは2回だけ。1回目は3歳時に参戦したG3武蔵野Sで12着と惨敗。ただ、このレースで敗因が明確になり、その後崩れることは全く無くなりました。

敗因は馬混みに入れてしまったこと。6番枠スタートから道中はずっと馬群で我慢をさせられる展開に。直線を向いても外から被せられる形になってしまい、馬が走る気を無くしてしまいました。

このレース以降、戸崎Jは内枠を引いてもいったんポジションを下げ、外を追走する形を徹底するようになりました。4コーナーでも大外を回すと、絶望的な位置からでも必ず伸びてきて連を確保できる馬になりました。

通常、このようにいったん下げて大外を回すような競馬はロスが大きいですし、内枠を引いてしまうと相当後ろまで下げなくてはいけないため更に大きなロスになってしまいます。ですが、武蔵野S以降はほとんどのレースが4枠より内へ。それでもこれだけ好走できているのがこの馬の力を証明していますし、今回は12番という外目の絶好枠を引きましたので、ロスは最小限に抑えられるのではないでしょうか。

ちなみに東京ダートコースで連を外した2回目のレースは去年のG1フェブラリーS(4着)。この時も4コーナーでゴールドドリームに、直線でノンコノユメに外から被せられる形になってしまいました。それでも4着は確保。
当然、そのフェブラリーSより今回の方がメンバーは数段落ちますので、ここはまず連は外さないと見ています。

 

買い目

3連単フォーメーション
◎→◯▲→印 14通り
◯▲→◎→印 14通り

sponsor link
2019-01-27 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment