【予想】きさらぎ賞&東京新聞杯2019

今週のきさらぎ賞と東京新聞杯2019の予想を書いていきたいと思います。両方とも日曜開催ですので、今回はちょっと余裕がありそうです( ¨̮ )

天気も良く徐々に暖かくなってくるみたいですので、やっと競馬場に繰り出せる気温!?久々にお弁当持って遊びに行きたいなと思ってます♩

そのためにはまず軍資金!今週も頑張るぞー

sponsor link

 

きさらぎ賞G3の予想

◎2エングレーバー
◯3ヴァンドギャルド
▲8メイショウテンゲン
△4ダノンチェイサー
△7アガラス

 

◎エングレーバー

今回のメンバー中唯一の無敗馬。まだ全く底を見せていませんが、それでもディープ産駒3頭のうちの2頭や重賞で好走したアガラスより人気は無さそうで、馬券的には妙味がありそうです。

新馬戦は宝塚記念のゴールドシップのような出遅れ。ゲート内で立ち上がった時にスタートが切られてしまいました。それでも中団までポジションを上げると、4コーナーではもう先頭集団へ。そこからもうひと伸びして前を捕らえてしまいました。約9馬身差をつけた7着馬が、次走ですぐ京都2000mの未勝利戦を勝ち上がったことも見逃せません。

2戦目の500万下はスタートを決めて好位の内を追走。3コーナーでペースが上がってもずっと楽な手応えでポジションを上げ、直線では更にもう一段ギアを上げて1馬身突き放しました。コーナーでの加速が非常にスムーズな馬なので、小回りのコースでより狙いたい馬ではありますが、それでも前走のように残り1000mから長~く脚を使える点は魅力です。つまり、京都の3~4コーナーの下り坂を利用してのロングスパートに期待したいと思います。

今の京都の馬場は、一昨年の台風続きでメチャメチャになった馬場の影響がまだ残っていて、非常に時計のかかる馬場。ディープ産駒の一瞬のキレというよりは、オルフェーヴル産駒のこの馬のように、じわ~っと長く脚を使える馬の方が向くのではないかと思っています。

鞍上は今やかなり信頼できる騎手と言ってもいい藤岡佑介Jが継続騎乗。中間の調教でも度々跨がっており、期待の高さが伺えます。3連勝で牡馬クラシック戦線を更に盛り上げてくれるのではないでしょうか。

 

◯ヴァンドギャルド

前走のG1ホープフルSでは本命にしましたが、直線でジョッキーが立ち上がるほどの大きな不利があり6着。その前の2戦が馬群を抜け出してくるレースセンスを示しての強い競馬でしたので、CデムーロJもその感覚だったのだと思いますが、前走はそれが仇となってしまいました。それでも最後はもう一度盛り返してきて、4着馬とはタイム差なしの6着は立派だったと思います。

2走前の東スポ杯は勝ったニシノデイジーや2着のアガラスとはタイム差なしの3着。残り200mでは先頭に立ち、そのまま重賞制覇かといった見せ場もありました。反応が良く抜け出すのが少し早すぎたため目標になってしまい、最後は2頭に差されてしまいましたが、力は十分に示したレースでした。

アガラスは戦績からも府中は大の得意コースで、右回りではナイママに完敗しているところからしても、今回は京都へのコース替わりで逆転があると見ています。新馬戦は重馬場ながら、ラスト3ハロンは33秒台の脚を使って完勝。今の京都の馬場も問題ないと見ています。

 

▲メイショウテンゲン

メンバーを問わず好走するもなかなか勝ち切れない馬でしたが、ついに4戦目で未勝利を突破。お母さんのメイショウベルーガはキャリア全7勝中5勝を京都であげ、京都大賞典や日経新春杯を勝利。エリザベス女王杯でも2着に入るなど京都の鬼と呼べる馬でした。そこにお父さんがディープインパクトですから、京都が合わないわけがないですよね。

新馬戦はワールドプレミアとクビ差の2着でしたが、3着のエスポワールには半馬身差をつけました。今回◎のエングレーバーは前走でエスポワールに1馬身差だったことを考えると、この馬もエングレーバーとの差は少ないと見ています。人気は8頭中おそらく5番人気とさほどありませんが、2、3着には好走すると見て単穴評価で行きたいと思います。

 

買い目

◎単勝

3連単フォーメーション
◎◯→◎◯▲→印 12通り

sponsor link

 

東京新聞杯G3の予想

◎6レッドオルガ
◯1サトノアレス
▲12ショウナンアンセム
☆5タワーオブロンドン
※13リライアブルエース
△10ロジクライ
△11 ジャンダルム
△2インディチャンプ
△14レアリスタ

 

◎レッドオルガ

エリモピクシーの仔と言えば、やはりマイル重賞ですよね。リディルはマイル重賞1勝。クラレントは5勝(うち4勝は左回りマイル)。レッドアリオンが2勝と、きょうだいで8勝もマイル重賞を勝っています。馬券圏内まで広げてしまうと数えきれないほどです。

特に良いのが左回りコースで、この馬自身の戦績にもそれが思いっきり表れています。左回りコースは8戦してなんと(5,0,2,1)。馬券圏内を外した1戦も重馬場の3走前で、しかも道中はかなり折り合いを欠いてしまいました。稍重以上の左回りマイルに限れば(5,0,0,0)となんとパーフェクトです。

土日は晴れ予報でおそらく良馬場での開催になりそう。良馬場の府中で行われた2走前の準オープンは、上がり最速の32秒9の脚を使って差し切り勝ち。その時よりも斤量は1キロ減りますので、更にキレが増すのではないでしょうか。

展開的にも魅力で、このレースは2年前、3年前と逃げ馬が勝利をおさめたように、逃げ・先行馬が残りやすいレースです。開幕2週目で雨が少ない時期とあり、相当能力が抜けているかペースが早くならない限りは、やはりなかなか外差しは決まりにくいですよね。

今回は前に行きたそうな馬は4~5頭で、どうしてもハナに行きたい馬はいないのでペースは落ち着きそうです。この馬は前走こそ出遅れて後ろからになってしまいましたが、本来は中団より前目で競馬ができる馬ですので、その位置から32秒台の上がりを使われたらなかなか後ろの馬は捕らえられないのではないでしょうか。

舞台適性、馬場適性、血統、展開と全てがこの馬に向きそうですので、ここは重賞初制覇のチャンスと見ています。

 

▲ショウナンアンセム

穴を開けるとしたらこの馬が面白そうです。人気は全くありませんが、府中はかなり得意としている一頭。全16走で戦績は(4,3,2,7)と半分以上馬券になっています。

ここ1年の府中成績も4着→2着→1着→1着→4着と全て好走しており、負けても着差は0,2秒以内です。展開的にも向きそうで、道中は1、2番手での競馬になりそう。

府中適性の高い逃げ・先行馬がよく穴を開けるレースですので、今回はこの馬とミナリク騎手に期待したいと思います。

 

買い目

◎単勝

3連複18通り
◎~◯▲☆~印

馬連7通り
◎~◯▲☆※
◯~▲☆※

sponsor link
2019-02-02 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment