【予想】共同通信杯・京都記念2019

共同通信杯と京都記念2019の予想を書いていきます。延期になってしまったクイーンカップはこちらからご覧ください。

今朝車で移動していると、ど田舎の道がなぜか渋滞。車から降りて前方をのぞいてみると、大きなトラックが二車線を塞ぐように横転!(◎□◎;) ブレーキかけちゃったのでしょうか?

皆さんもスリップ事故には気をつけてくださいねー

sponsor link

 

共同通信杯G3の予想

◎5フォッサマグナ
◯1ダノンキングリー
▲4アドマイヤマーズ
△7ゲバラ

 

◎フォッサマグナ

アドマイヤマーズとクラージュゲリエの2頭の重賞勝ち馬と、前走の500万条件でのレコード勝ちがインパクト大だったダノンキングリーが出走。そのため、藤沢厩舎にルメールJといういかにも人気なになりそうな組み合わせでも、予想オッズは4番人気です。

新馬戦の勝ちっぷりと、最終追い切りの抜群の動きを見るともっと人気になってもおかしくないところですが、このオッズで買えるのは魅力です。

アドマイヤマーズとクラージュゲリエは賞金的には確実にクラシックに出走できるため、ここは始動戦という意味合いが強い2頭。その上、斤量も他馬より1キロ重い57キロとなれば、ここでの苦戦は必至かと思います。

フォッサマグナの新馬戦は、スタートで出遅れてしまい後方からに。開幕週の中京の馬場で、まだまだ前が残りやすい馬場でしたが、直線だけで10頭をごぼう抜きにしてしまいました。実際に2着~4着は道中1~3番手につけていた3頭で、その前のレース(4R)も、道中1~3番手が1~3着を独占。次のレース(6R)も、2、3番手につけていた馬の1-2フィニッシュでした。

この馬が4コーナーで大外を捲っていく時の迫力というか、一気に前を飲み込む勢いは凄まじいものでしたし、直線一瞬で先頭に立った時の脚も一頭違うものがありました。結局はノーステッキで気合いをつけられた程度でしたが、それでも上がり3ハロンは33秒7と、上がり2位の馬に1秒もの差をつけました。

レースの2着馬は先週のきさらぎ賞で3着に好走したランスオブプラーナ。3、4着馬も次走ですぐに未勝利を勝ち上がっており、決してメンバーレベルが低かったわけではありませんでした。その中での一頭別格のパフォーマンスでしたので、ここはキャリア1戦ではありますが、その1戦を評価したいと思います。

 

買い目

◎単勝

3連単フォーメーション
◎◯→◎◯▲→印 8通り

sponsor link

 

京都記念G2の予想

◎2ノーブルマーズ
◯8ダンビュライト
▲10ステイフーリッシュ
△7パフォーマプロミス
△11タイムフライヤー
△12マカヒキ
△9カフジプリンス

 

◎ノーブルマーズ

前回の日経新春杯でも対抗評価として挙げていた馬、惜しくも4着と馬券に絡むことは出来なかったものの、外めの枠からの出走で前に行けず、差す競馬になってしまってのこの結果はまずまず。やはり京都の舞台と重めの馬場はこの馬にとっては好条件です。

アルゼンチン共和国杯(休明け初戦)やJC(レコードが出る程の高速馬場)での大敗は度外視するというのは引き続きの評価で、やはり宝塚記念3着という実績は見逃せません。

このレース自体も逃げ・先行馬が好走する傾向が強く、内枠も絶好!勝つまでは怪しいですが、ここは再度立て直しの馬券圏内に期待したいと思います。

 

買い目

3連単フォーメーション(2〜3着固定)
◯▲→◎→印 10通り
◯▲→印→◎ 8通り

馬連2通り
◎〜◯▲

sponsor link
2019-02-10 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

関連記事

Comment





Comment