フラワーカップの予想

おはようございます!
考えているうちに寝ちゃって、気付いたら朝でした(–)zzz
競馬場に行くと、のんびりしてるはずがとても疲れているのは私だけでしょうか。
ドキドキ感を何回も繰り返しているからおそらく精神的なのですね。学生の時とか勉強してるだけで疲れたしな。動いてないけどそういうのってあるよね。

さてフラワーカップの予想です。
混戦模様で非常に悩ましいレースですが、色々考えて回り回ってやっぱりなんだかんだ追い掛けているこの馬を含め、広めに流していこうかなと思います^^

-フラワーカップ-

◎ゲッカコウ
○ラブリーアモン←追いかけてる
▲ギモーヴ
☆エンジェルフェイス

sponsor link



◎ゲッカコウ

ここ4戦、中山で安定した内容です。
4走前はメートルダールと0.3秒差。3走前はダンツプリウスと0.5秒差と、牡馬の重賞でも活躍している馬を相手に健闘。

2走前の若竹賞がまたハイレベルで、1着のジークカイザーはデビューから2連勝中のディープ産駒の評判馬。2着のクィーンズベストはチューリップ賞でシンハライト→ジュエラー→ラベンダーヴァレイに次ぐ4着。3着がこのゲッカコウで、4着はその後すぐに黄梅賞を勝ったサーブルオール。6着が昨日のスプリングステークスであわや勝利という僅差の2着に入ったマイネルハニー。

そのハイレベルなメンバーの中で3着なら、今回同じ中山1800mのこのメンバーで着順を落とすことは考えづらいです。
枠も絶好。ここは頭もあると思います。

○ラブリーアモン

距離延長と絶好枠が好材料です。
前々走、中山でのフェアリーステークスは、内と先行馬しか来ない馬場、展開の中、4コーナーで大外を回して外から唯一伸びてきたのがこの馬。
上がりは最速の34秒4。必ず終いは伸びてきますが、1600mだと追走に苦労して、少しポジションも後ろ過ぎる印象でした。

今回1800mの距離延長とメンバー構成を見る限りはペースも落ち着きそうで、中団の内枠で脚をためることができれば最後は届いてくれるはず><

武士沢Jよろしくお願いします(。・Д・)ゞ

▲ギモーヴ

牝馬限定戦を戦ってきた馬が多い中、この馬は一貫して混合戦を使ってきました。
その中でも3戦とも馬券圏内に入っていて、特に2走前の3着は1、2着馬のその後の成績を考えると非常に優秀な着差。
1着のアドマイヤダイオウは一昨日の若葉ステークスを勝利。2着のナムラシングンも非常に強い馬だし、3着以下にはそこから更に8馬身も差をつけてます。

2走前2着のヴァンキッシュランも次走すぐに勝ち上がり、500万条件でもあのレーヴァテインに先着(進路妨害で2着に降着)。
この2頭と差の無いレースをしたのは非常に評価できます。

枠も5番と絶好で、ハービンジャー産駒という点でも中山替わりはプラス。昨日同じコースのスプリングステークスを内枠から制しているシュタルケ騎手が鞍上というのも魅力です。

買い目

3連複◎〜○▲☆〜○▲☆△
△2.4.6.7.8.10.12.15
単勝◎

広めに流しました。昨日の教訓生かせるかなー
それではみなさん良いお休みを^^

sponsor link
2016-03-21 | Posted in Blog, 予想Comments Closed 

関連記事