Blog

【予想】秋華賞です!

enable - 【予想】秋華賞です!

↑凱旋門賞を勝利したエネイブルのパドック

 

遅くなってしまいました(><)

本日はいよいよ秋華賞です!

結構強い雨模様なのは少し残念ですが、3歳牝馬戦最終章はどの馬が勝利するのかワクワクしますね!( ¨̮ )

 

それではわたしの予想です♩

 

秋華賞G1の予想

◎14ディアドラ
◯16ファンディーナ
▲8カワキタエンカ
☆12レーヌミノル
△17ポールヴァンドル
4モズカッチャン
1アエロリット
7リスグラシュー
2ラビットラン
6メイショウオワラ

 

◎ディアドラ

2ヶ月前は古馬の準オープンでも好走するラヴィエベールに勝ち、1ヶ月前は終始外外を回されながらも紫苑ステークスを完勝し、万全の臨戦過程で本番を迎えます。

どちらも秋華賞を意識しての小回り2000mでしっかりと結果を出している点は強みですよね。

前走は3~4コーナーで包まれないようにかなりの大外を回して差しきりました。内を上手く捌けた2、3着馬とは通ったコースが明らかに違う中での完勝でしたので、紫苑ステークス組では力が抜けていた印象です。

京都は4戦全てで馬券圏内に入っている相性抜群のコースですし、2走前に札幌の稍重で完勝しているように、馬場が渋っても問題なさそうです。

ルメール騎手の手綱捌きにも期待して、ここは軸でいきたいと思います。

 

◯ファンディーナにしましたが、人気薄から狙いたいのは

▲カワキタエンカ

ローズSでは本命にした馬ですが、今回も期待したいと思います。

そのローズSは最初の1000mが58秒6というハイペースを逃げて、それに着いていった馬たちがことごとく馬群に沈むなか、唯一2着に踏ん張りました。

勝ったラビットランと3、4着のリスグラシュー、ミリッサは後方で待機していた馬で、直線も長い阪神外回りコース。展開としては明らかに差し馬有利の中での2着は素直に評価できます。

今回は京都内回りコースに替わり、コーナーら2つから4つに。直線も短くなるので、更に条件は向くんじゃないかと思います。

道悪も苦にしないタイプですので、もしこの後馬場が悪くなっても対応できそうです。
今回も人気はありませんので、狙ってみたいと思います!

 

買い目

3連複21通り
◎〜◯▲☆〜印

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

2017-10-15 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【予想】府中牝馬ステークスG2です!

先週の予想はお休みし、凱旋門賞を観に行きつつ、フランスとスペインへ旅行に行ってきました。

とーっても良くて、ずっと目がキラキラしてましたっ(✪▽✪)

 

satono diamond - 【予想】府中牝馬ステークスG2です!

凱旋門賞は今年も残念な結果となってしまいましたが、いつか日本馬が勝つところを見てみたいですね。

なかなか観に行ける機会もないので、出来ればサトノダイヤモンドに勝って欲しかったのです(><)

 

さて、先週も良いレースを見ることができました!

個人的にはリアルスティールの勝利がとても嬉しくて、あまり予想してなかったですがリアルから少し買ってました♩

 

今週は秋華賞もありますので、気合い入れて頑張りますっ!

 

府中牝馬ステークスG2の予想

◎10クインズミラーグロ
◯4クイーンズリング
▲11クロコスミア
☆7アドマイヤリード
△12ワンブレスアウェイ
△1ヴィブロス
△13アスカビレン
△3デンコウアンジュ

 

◎クインズミラーグロ

ここ5戦連続で重賞でも馬券に絡んでいる馬が、他の有力馬よりも2キロ軽い54キロで出られるのはやはり有利ですよね。

5走前の愛知杯では中京の稍重でかなり力の要る馬場状態でしたが、3着に好走しました。今日も同じ左回りで直線の長い府中、そして馬場もかなり重くなりそうです。

元々、中山や福島を得意としているように、時計がかかる馬場の方が力を出せるタイプですので(前走札幌でのクイーンS、3走前の福島牝馬Sではともに上がり最速)、今日の馬場ならこのメンバーでも好走可能と見ています。

枠も10番と絶好で、鞍上は武豊騎手。その割にはあまり人気もしていませんので、3連複の軸としては狙ってみたいと思います。

 

◯クイーンズリング

このレースは近年リピーターの多いレースで、ここ10年でも5頭が複数回馬券に絡んでいます。

ここ5年では全ての年でリピーターが1頭は馬券に絡んでいることを考えると、その傾向はより強くなっていると考えて良さそうです。

先週の毎日王冠もリアルスティールが勝ちましたが、あの馬も国内での重賞勝ちは全て府中の1800mです。

牝馬だとルージュバックあたりも府中の1800mはスペシャリストですよね。つまり、この条件は得意不得意がはっきり出るコースなんだと思います。

そう考えると去年このレースを制しているクイーンズリングはたとえその時よりも2キロ重い斤量だったとしても評価したいところですよね。

重馬場で行われた昨年の京都牝馬Sを勝っているように、馬場が渋るのはこの馬には悪い条件ではなさそうですので、ここは重い印でいきたいと思います。

 

△クロコスミア

3番手は穴馬のつもりで選びましたが、今のところ思ったより人気してしまっている印象です。

府中も良いですし、馬場が渋るのは大歓迎のタイプ。

鞍上はここに来て復調気配の岩田騎手ですので、一発があってもおかしくないのではないかと思います。

 

買い目

3連複15通り
◎〜◯▲☆〜印

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

2017-10-14 | Posted in Blog, 予想1 Comment » 

 

【予想】スプリンターズステークスG1です

パリに到着したのは昨日の昼過ぎ。(ちなみに今は深夜3時すぎ)

そのまま競馬場へ行ってみようと思っていたのですが、荷物を受け取るのに時間がかかってしまったり、ホテルに寄っている時間もなかったので、急遽「パリ・サンジェルマン」の試合を観に行ってきました!

ネイマールがいきなりフリーキックでゴールを決めて、大興奮!現地の応援も物凄く熱狂的でした。

parc de prance - 【予想】スプリンターズステークスG1です

会場に向かう途中に普通に馬がいました。

警官なのかなー?警備員が馬に跨って、かっこよかったです( ¨̮ )

police horse - 【予想】スプリンターズステークスG1です

今日は戦う馬たちを間近で見てきます♩

 

その前に、いよいよ秋のG1シーズンが幕を開けます。

春は高松宮記念とドバイから、秋はスプリンターズSと凱旋門賞からということで、国内のスプリントG1と海外のビッグレースでいきなり開幕を迎えるG1シーズン。この週は特別なワクワク感がありますよね!

馬券も当てて、ワクワクを喜びに変えたいところです(^^)

 

スプリンターズS G1の予想

◎3セイウンコウセイ
◯5ラインミーティア
▲9メラグラーナ
☆8レッドファルクス
※13ファインニードル
△14ネロ
△2レッツゴードンキ
△6ワンスインナムーン
△7ダイアナヘイロー
△15シュウジ

 

 

◎セイウンコウセイ

評価したいのは4着に敗れた前走の函館スプリントSです。

前半の3ハロンが32秒2という超ハイペースを2番手で追走。道中5番手以内につけていた馬が次々と馬群に飲み込まれていくなか、この馬だけが4着に粘りました。

ちなみに前につけた5頭の中にはシュウジやブランボヌール、クリスマスといった上位人気の馬たちも含まれていましたので、先行馬にはいかに厳しい流れだったかがわかります。

それをシュウジとセイウンコウセイ2頭で引っ張っての4着ですので、これは素直に評価できますよね。しかも高松宮記念を制して一息入れての休み明けだったのだから尚更です。

今回も間隔は同じですが、前走は明らかに始動戦の意味合いが強い調整過程でした。

元々ここを目標にしての予定通りの間隔ですので、前走の休み明けとは全く中身が違うと見ています。調教の良や強さ、タイムを見てもそれは明らかですよね。

中山の芝で走ったことがないのを不安視する声もありますが、坂は高松宮記念で克服してますし、1年前の福島ではメラグラーナに勝ち、前走も函館で好走と、小回りコースの適性もあります。

中京、福島、函館のようなパワーも要求される馬場でのパフォーマンスは相当高いので、適度に荒れてきている4週目の中山の馬場はむしろピッタリではないかと思っています。

そもそもこのスプリンターズSは過去10年(中山開催の9回)で見ても、連対馬18頭中9頭が中山芝未経験の馬でしたので、むしろ好材料かもしれません。

 

◯ラインミーティア

全く人気がありませんが、アイビスSDを勝ち、セントウルSで2着の臨戦過程の馬がこれだけ人気していないのもなかなか興味深いですよね。

アイビスSDはなんと31秒6という極限の上がりを使っての差し切り勝ち。ここまでなら私も対抗までは評価を上げませんでしたが、前走では道中6番手とある程度前目の位置でレースを運ぶことができました。

スプリンターズSにおいてはこれは非常に重要で、ある程度前目、もしくは中団あたりにつけられることが好走の条件とも言えるレースです。

前走は直線を向いてもなかなか前が開かずに、何度も進路を変えながらも鋭く抜けてきたところを見ると、直線で上手く捌くことさえできればファインニードルを逆転することも可能と見ています。

先行するには枠も内の良いところを引きましたよね。前回のようなスタートから、直線で抜け出せれば穴を開けるのはこの馬じゃないかと思っています。

この2頭に中山3戦3勝とパーフェクトなメラグラーナを3番手で、馬券を組み立てていこうと思います。
いかがでしょうか~

 

買い目

3連複フォーメーション21通り
◎〜◯▲☆〜印

ワイド流し4通り
◯→◎▲☆※

2017-10-01 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【予想】シリウスステークスG3

doha - 【予想】シリウスステークスG3

お昼も過ぎてしまいましたーきゃー(><)

 

飛行機に乗って、ここはドーハ。

乗り継ぎの間に急いでブログを更新しています。(無計画ですみません)

 

向かうはフランス!凱旋門賞です( ¨̮ )わーぉ

サトノダイヤモンド&サトノノブレスの応援に、初めての現地観戦。

とっても楽しみです♩

 

そのまま色々と回ってこようと思っています。

何してるかなーと思ったら、ぜひインスタをチェックしてみてください。

 

さて本日の重賞をちょこっとやりたいなと思います。

予想してみたら、今年も堅いかなという結論になってしまったので、明日のG1に期待したいと思います。

 

シリウスステークスG3の予想

◎6マスクゾロ
◯3モルトベーネ
▲11マインシャッツ
☆13ピオネロ
△12ミツバ
△15トップディーヴォ
△5ドラゴンバローズ

 

◎マスクゾロ

昨年の勝ち馬、逃げ馬にとって決して有利ではないコースでもしっかり勝利を納め、実力を見せつけました。

このレースを制した後、長期休養となってしまったものの、前走で一度叩けたことは非常に良かったです。まだまだ本調子ではないながらの2着は好内容で、間違いなく上積みは期待できます。

斤量に関しては、500キロを超える大型馬という事で、そこまで気にしていません。

前に行く馬がこの馬くらいであれば、展開も味方してくれそう。2連覇を期待しています!

 

買い目

3連単30通り

◎→印 ながし

 

kotori(・8・)

2017-09-30 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【予想】オールカマー&神戸新聞杯

newspaper 630x420 - 【予想】オールカマー&神戸新聞杯

おはようございます( ¨̮ )

カラッとしていて気持ちいいですね〜♩

読書の秋、食欲の秋、競馬の秋と秋はいろいろ忙しいですが、みなさんはどんな感じでしょうか?

 

先週のセントライト記念、やっぱり人気サイドで決まってしまいましたね。

ローズも含めてわたしの先週は良い予想だったのですが、今週はもっとプラスを目指したいなと思います。

sponsor link


 

オールカマーG2の予想

◎2アルバート
◯14モンドインテロ
▲15ツクバアズマオー
☆4ブラックバゴ
△12デニムアンドルビー
△6ルージュバック
△8ステファノス
△7ディサイファ
△15カフジプリンス

 

◎アルバート

天皇賞(春)5着からの秋初戦になりますが、去年も天皇賞(春)6着から秋初戦のアルゼンチン共和国杯で2着に好走しました。

勝ったシュヴァルグランとは半馬身差で、3着のヴォルシェーブと4着のモンドインテロより、重い斤量を背負いながらの2着ですので、高いパフォーマンスだったと言えます。

臨戦過程は今回も同じ。

重賞3勝のうち2勝はここ中山でのG2ステイヤーズSで、3走前も有馬記念で0,7秒差の7着と健闘しました。

有馬記念では6着シュヴァルグランとは0,2秒差。サウンズオブアースやマリアライトには先着しています。

単純にこの中山の舞台でこれだけの成績を残している馬は、今回のメンバーだとこの馬とルージュバック(一昨年の有馬記念で0,5秒差と健闘)ぐらいでしょうか。

あとは久々となる中距離克服がカギかと思いますが、2400~2500ではずっと好走を続けている馬ですので、どちらかというとパワーやスタミナを要求される中山でなら、2200mもこなしてくれるのではないかと思っています。

 

◯モンドインテロ

とにかく右回りコースとの相性が良くて、7戦して(4,0,2,1)と馬券圏内を外したのはG1の大阪杯だけです。

夏に1戦して、しっかり勝ち切っている点も良いですよね。しかもその前走は+18キロという、明らかに余裕残しの仕上がりの中での完勝でした。

今回は上位人気の馬がステファノス、タンタアレグリア、アルバート、ルージュバックと揃って休み明けのレースになります。夏に一叩きしている点は間違いなく強みですよね。

さらに今回、中山での成績が抜群に良い田辺騎手が乗るのも魅力です。

4年前にもこのレースで9番人気のヴェルデグリーンを勝たせていますし、同じコースのAJCCでも2014年にヴェルデグリーン、2015年にクリールカイザーで連覇を飾っています。

速い上がり使えないので勝ちきれないところもありますが、3連複での信頼度はかなり高いのではないでしょうか。

 

▲ツクバアズマオー

穴っぽいところで、中山実績抜群のツクバアズマオー。

去年のこのレースでは3着。勝ったのが前年の有馬記念覇者のゴールドアクターで2着がサトノノブレス。

4着にはこのコースの鬼クリールカイザー、5着が宝塚記念を勝ってからの参戦だったマリアライトですから、G1馬が1頭もいない今年なら、十分巻き返しが期待できるのではないでしょうか。

 

☆ブラックバゴ

4歳時に無理をさせなかったことが良かったのか、5歳になって(2,0,1,1)と成績が凄く安定してますよね。

元々はホープフルSや京成杯といった、重賞でも馬券圏内に入っていた馬ですので、同じ中山の中距離は絶好の舞台かと思います。

 

買い目

3連複フォーメーション18通り
◎〜◯▲☆〜印

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

sponsor link


 

神戸新聞杯G2の予想

◎3ダンビュライト
◯6アダムバローズ
▲8レイデオロ
☆4ベストアプローチ
△9マイスタイル
△2サトノアーサー
△14アドマイヤウイナー
△11カデナ

 

◎ダンビュライト

今年は頭数も14頭とやや少なく、前に行く馬もどんどん飛ばして行くというよりはタメ逃げタイプが多いので、ペースはかなりのスローになると思います。

かと言ってヨーイドンの瞬発力勝負になるかと言えば、そうはならないと思っていて、マイスタイルの横山典J、アダムバローズの池添J、そしてこのダンビュライトの武豊Jと、先行馬にこれだけの名手が揃っていますので、分の悪い瞬発力勝負には持ち込まないような騎乗をしそうですよね。

特にこのダンビュライトはスパッと切れる脚があるわけではないので、ある程度早めからペースアップして長く脚を使うような展開に、武豊Jが持ち込むんじゃないかと思っています。

前半がスローになりそうな分、そうなるとやはり前にいる馬が有利かと思いますので、ダンビュライトやアダムバローズの評価を上げました。

皐月賞では好位の外から粘って3着、ダービーでは勝負どころで内から出れず不運なところもありましたが、それでも6着と健闘しました。

まだ本賞金が1060万ということで、ここで賞金を加算できないとこの後のレース選択が難しくなりますし、その勝負気配を感じさせるだけの中間の追い切りでした。

仕上がり具合も加味して、本命でいきたいと思います。

 

◯アダムバローズ

勝つか負けるかと成績のハッキリしている馬ですが、前走の皐月賞は前半59秒0とかなり速いペースになってしまいました。

やはり中山のG1ともなると、前半のポジション争いが激しくなりますよね。

今回は先程も言ったようにペースがかなり落ち着きそうですし、そうなるといつでも動ける状態での池添騎手の手綱捌きが不気味です。

皐月賞以来約半年ぶりのレースになりますが、調教の本数も多いですしCWで好時計を連発しています。

人気は全くありませんが、激走に期待したいと思います。この馬が頭で来る馬券も買いたいです。

 

買い目

3連複フォーメーション11通り
◎〜◯▲〜印

3連単12通り×2=24通り
◎→◯▲→印
◯▲→◎→印

2017-09-24 | Posted in Blog, 予想2 Comments » 

 

【予想】セントライト記念!

topautumn - 【予想】セントライト記念!

フギャーლ(‘꒪д꒪’)ლ

ローズ…あぁローズ…本当もう、凹みました。

◎カワキタエンカが、あのペースで粘ってくれたのに(;▽;)

 

もう切り替えるしかなーいっ!(なかなかムリ〜)

 

本日はセントライト記念です。

天気、超快晴!(今日こそ笑)

昨日の予想は大雨前提でやっていたのですが、あれ?全然降ってない?むしろ良馬場発表?という、状況になってました。

 

だからしっかり天気を確認。

だけど気になるのは、夜遅くまで思いっきり大雨だったことです。

JRAのことだから笑、やや重→良くらいの発表になっちゃうかもしれませんが、相当水は吸っているはずなので、考慮は必要かなと思います。

それでは今日も頑張りましょう♩

sponsor link


 

セントライト記念G2

◎7アルアイン
◯4クリンチャー
▲5ミッキースワロー
△9プラチナヴォイス
△6サーレンブラント
△1サンシロウ
△15スティッフェリオ
△14クレッシェンドラヴ
△2サトノクロニクル

 

今年のセントライト記念は、ダービー出走馬が2頭しかおらず、まだ500万条件すら勝ち上がっていない馬が5頭もいるというメンバー構成になりました。

力差がややハッキリしているような印象で、“大荒れ”はあまり期待できないかなと踏んでいます。

そうなると3連複でもあまり点数を買えないので、絞っていきたいと思います。

 

◎アルアイン

圧倒的な1番人気になることが予想されるので、できれば逆らいたかったのですが、ここは崩れる要素が見当たりませんでした。

同じ中山での皐月賞を制しているので、中山適正はもちろん問題なし。

千両賞の走りからも道悪も問題なし。(同じく道悪だったシンザン記念は、直線で致命的な不利があったので度外視)

2ヶ月半ぶりのレースだった毎日杯の走りからも、間隔が開いても問題無さそうです。

最終追い切りではCWで4ハロン50秒8、ラスト11秒7という抜群の時計を馬なりで叩き出しました。

個人的には松山Jとの名コンビになることを期待していましたが、安定感抜群のルメールJに替わり、より死角は見つからなくなりました。

ダービーは超スローペースの瞬発力勝負になってしまい、この馬にとっては厳しい競馬になってしまいました。

それでも掲示板を確保したのは素直にこの馬の力ですし、ダービーで掲示板に乗れるような馬が、今日のレースではアルアイン以外に見当たりませんので、ここは逆らわずにいきたいと思います。

 

◯クリンチャー

賞金だけ見ると冬に3歳オープンを勝っただけですので、菊花賞やその後のレース選択を考えると、ここではどうしても本賞金を加算したい立場です。

ダービーは思うような競馬ができず残念な結果になってしまいましたが、皐月賞では見せ場たっぷりの4着と、レイデオロにも先着する素晴らしい走りでした。

まだキャリアも浅いのでハッキリとは言えませんが、右回りでのパフォーマンスの方が明らかに高い馬だと思います。(新馬戦惨敗の敗因は、左回りではなく道悪の可能性もあります)

この馬もアルアイン同様、ヨーイドンの競馬よりある程度ペースが流れての消耗戦になった方が持ち味を発揮できるタイプですので、今回のメンバー構成は得意の展開になりそうですよね。

セントライト記念自体も、後半はずっと12秒ちょうどぐらいの同じラップが続くことが多く、瞬発力勝負にはなりにくいレースですので、その点もこの馬とアルアインには良さそうです。

そうなると必然的に前につけられる馬が有利で、逃げ・先行馬の成績が良いのも頷けます。

ここはアルアインとクリンチャーを信頼して、3連複は2頭軸でいきたいと思います。

 

買い目

馬連BOX3通り
◎◯▲

3連複7通り
◎◯〜印

2017-09-18 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【予想】ローズステークス2017はこの穴馬から!

blue rose - 【予想】ローズステークス2017はこの穴馬から!

遅くなってしまいました…><

せっかくの3連休なのに、台風で大雨が降って残念ですが、競馬は通常開催ということなので、先週に引続き今週も頑張っていきたいと思います。

今日の重賞はローズステークスです。

雨の想定で予想してますが、思った以上に朝は大雨でしたので、何が起こってもおかしくないような気がします…。

思い切っていきましょう( ¨̮ )

sponsor link


 

ローズステークスG2

◎16カワキタエンカ
◯6リスグラシュー
▲10レーヌミノル
☆11メイショウオワラ
△2モズカッチャン
△15カラクレナイ
△8ブラックスビーチ
△17ファンディーナ
△13ハローユニコーン

 

台風の影響で大雨、おそらくかなり馬場が悪くなっていそうです。そうなると連想されるのは今年の桜花賞で、稍重発表ではありましたが、重でもおかしくないような力の要る馬場でした。

舞台は同じ阪神外回りで、距離は1ハロン延びますが最初のコーナーまでの距離が延びるだけで、コーナー2つという点も一緒。そこまで大きな差は無いと考えると、やはり桜花賞での走りに重きを置きたいところです。

 

◎カワキタエンカ

桜花賞は大逃げを売っての7着。しかもあの馬場の中、最初の1000mを58秒3で入ったわけですから、これは超ハイペースと言って良いかと思います。

それでもラスト1ハロンまではまだ先頭に立っていましたし、勝ち馬と0,6秒差にまで粘ったのは本当に評価して良いと思います。

今回は最初のコーナーまでの距離が延びてペースももっと落ち着きそうですよね。また、出走していたらおそらく先行争いに加わっていたベルカプリが出走しないのもまたプラスです。

そもそもこのローズステークスはデータ上は一見差し馬有利なレースに見えますが、去年は11番人気のクロコスミアが逃げて2着に好走。3年前も同じく逃げた9番人気のリラヴァティが3着と、近年は逃げ馬が穴を開けるケースが目立ちます。

この馬も予想オッズは7番人気。道悪実績もありで、好走する条件は揃っているのではないでしょうか。

秋華賞に出走するには賞金が足りない馬ですので、ある程度仕上げていると見て、思いきって本命でいきたいと思います

 

◯リスグラシュー

この馬も桜花賞で半馬身差の2着と好走しました。

魅力は何と言っても、デビューから1度も掲示板を外していない安定感ですよね。唯一馬券を外してしまったオークスも、道中かなり引っ掛かってしまい、接触もあり、直線でも内にモタれたり一瞬前が塞がってしまったりと悪いことが重なってしまいました。

それでも掲示板を確保したのは立派だったと思います。

阪神の舞台は絶好で、4戦全てで馬券圏内を確保。G1でも2度の2着があるベストの舞台です。未勝利戦の阪神1800mの4馬身差レコード勝ちは圧巻でしたよね。

理想は良馬場なんでしょうが、桜花賞の走りからも道悪はこなせそうですので、ここは対抗でいきたいと思います。

 

買い目

3連複フォーメーション18通り
◎〜◯▲☆〜印

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

2017-09-17 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【予想】昨日に続け!京成杯AH・セントウルS がんばるぞ

wedding - 【予想】昨日に続け!京成杯AH・セントウルS がんばるぞ


昨日は友人の結婚式でタイムリーにレースを見れなかったのですが…❥❥

紫苑S、印上位3頭で的中できました\( °∀° )/ 先々週に引き続き、調子良いです♩

キーンランドの時は3連単買わずで死んでおりましたので、その時の反省もあり、今回は3連単も買いました。(印の上位4頭で少しだけ買う戦法)

今日も重賞が2つありますので、勢いに乗って頑張りたいと思います!

sponsor link


 

京成杯オータムハンデG3の予想

◎2ボンセルヴィーソ
◯16マイネルアウラート
▲6グランシルク
☆1ダイワリベラル
※12トーセンデューク
△3ガリバルディ
△8ブラックスピネル
△9ウキヨノカゼ
△11アスカビレン
△14ミッキージョイ

 

◎ボンセルヴィーソ

ファルコンS、ニュージーランドT、そして前走NHKマイルといずれも重い印を打ちましたが、全て3着以内に好走してくれました。

枠、馬場、展開問わずいつも好走してくれるので3連複の軸にはピッタリの馬ですよね。

この馬はまだ1勝馬ですので、賞金を考えると秋の大舞台に向けて必ず賞金を加算しないといけない立場です。

調教でも2週続けて松山騎手が跨がってビッシリ追われていますので、休み明けでもここは仕上がってるとみています。

必ず逃げないといけない馬ではないので、マルターズアポジーが引っ張った流れを2~3番手で追走し、直線で抜け出して粘り込んでくれるとみています。

 

◯マイネルアウラート

本命にしようか悩みに悩んだ結果、今日の比較的高い気温も加味して対抗に留めました。

前走負けた時に、次、秋冬の中山に出てきたら絶対に買おうと思っていましたが、戦績からもわかる通り理想はもう少し涼しくなってからですよね。

それでもこの中山での良績は魅力です。

直近中山で走ったのは4月のダービー卿CTで、勝ち馬とは半馬身差の4着。その前は1月のニューイヤーSで、グランシルクよりも2キロ重い58キロを背負いながらも完勝でした。(今回は1キロ差)

5走前のリゲルSでもサトノラーゼンやグァンチャーレ、ダノンリバティらに完勝していますので、前走の大敗だけでこの人気なら妙味がありますよね。

心配なのは暑さだけですが、意外と問題なかったとなることを願っています。

 

穴馬からはマイネルアウラートの他、ダイワリベラル、トーセンデューク、ガリバルディに注目しています。この4頭のワイドBOXは買っておきたいです。

ダイワリベラルは何と言っても中山での抜群の戦績がgood。去年のこのレースでもロードクエスト、カフェブリリアント、ダノンプラチナに次ぐ4着と好走しました。

上位3頭よりは今年のメンバーはやや落ちるかと思いますので、今年は馬券圏内がありそうです。

トーセンデュークは、前走の関屋記念で上がり最速をマークしましたが、あまりに位置が後ろで届きませんでした。

2走前のCBC賞、3走前の京王杯SCと勝ち馬とは0,4秒差と着順ほど負けてはいません。枠も12番と絶好で、距離延長でもう少し前にポジションが取れるようであれば面白いと思っています。

 

買い目

3連複21通り
◎〜◯▲☆〜印

ワイドBOX6通り
◯☆※ + トーセンデューク ガリバルディ

馬連ながし5通り
◯〜◎▲☆※ + トーセンデューク ガリバルディ

セントウルステークスG2の予想

◎14フィドゥーシア
◯3アルティマブラッド
▲11スノードラゴン
△2メラグラーナ
△13ダンスディレクター
△7ファインニードル

◎フィドゥーシア

2年前は逃げた大穴人気のアクティブミノルが制しているように、このレースは近年、前で残る傾向が強いレースです。

逃げ馬の中でもスピード感があるフィドゥーシア。それに加え、周りを見渡しても 前に行く馬があまりいないので、さらに展開が味方してくれると思います。

安定感も増し、充実している今、初の重賞制覇を期待したいです。

◯アルティマブラッド

狙いどころはやはり先行力のある馬。内めの枠を生かして、この馬の粘り込みに期待します。

過去のレースから、フィドゥーシアを負かすことは厳しいと思いますが、フィドゥーシアと行った行ったの競馬が理想。

▲スノードラゴン

差し馬から狙いたいのはこの馬。

高齢馬で以前ほどの結果が出ていないのは事実ですが、とはいえ1200mであれば、G1でも掲示板に食い込む力はあります。

実績は最上位、外めの枠も良く、メンバー的にも、歯車が合えば上位に入ってもおかしくないと思います。

買い目

3連複5通り
◎〜◯▲〜印

3連単流し20通り
◎→印

2017-09-10 | Posted in Blog, Photo, 予想No Comments » 

 

【予想】紫苑ステークス2017

topshion - 【予想】紫苑ステークス2017

おはようございます!

今週はちゃんとアップされているかなー><

先週はここでグダグダとムダ話を書いていたのですが、書いてしまったことで、途中から表示されないというトラブルが起こりまして、わけわからなくゴルフ場の写真だけ見れたっていう感じでした(; ゚゚)

なぜゴルフ場?

前にも同じようなことが起こっていたので、文章消せば表示されると思って、ざっくり消してしまったのですが、ワードプレスっておかしくなること多くって、困っちゃいます。

 

さてさて、切り替えまして

先週の2つは的中ならず…。カフジプリンスを上位評価にしていたなど、良いところもあったのですが、今週の3重賞は的中目指して頑張りたいと思います!

sponsor link


 

紫苑ステークスG3の予想

◎16ディアドラ
◯7ポールヴァンドル
▲17シーズララバイ
☆11カリビアンゴールド
△18サロニカ
△8ホウオウパフューム
△14ナムラムラサキ
△9プリンセスルーラー
△15ルヴォワール
△13ミッシングリンク

 

このレースは去年からG3に格上げされたレースですし、中山の馬場改修が施されてから今年で3回目ですので、過去の傾向はそこまで気にしなくて良いかと思っています。

 

◎ディアドラ

理由は前走。なんと言っても前走のHTB賞です。

1000万条件で古馬と牡馬を相手に勝ちきったのは本当に価値があると思います。

しかも負かした相手が準オープンでも1番人気を背負って勝ち負けするようなラヴィエベールですので、この価値はよりいっそう高まりますよね。

道中も終始外外を追走して、3~4コーナーでもラヴィエベールより1頭分外を回しての完勝でした。

3着以下にはさらに3馬身半の差をつけたこともこの馬がこの1000万条件クラスでは力が違ったことを表しています。

夏競馬で一叩きして(しかも勝って)の参戦というのも、信頼感が増しますよね。

また、馬場改修後の中山は以前よりよく差しが決まっていますし、開幕週ですのでエアレーションの効果で差しが決まりやすい馬場になることが予想されます。

その点を踏まえると、ここ4戦全てで上がり最速をマークしているディアドラの末脚が活きそうです。

桜花賞では4番手評価に推して6着(14番人気)。
オークスでは対抗に指名して4着(9番人気)と、“穴馬”として常に狙ってきた馬ですが、今回は堂々本命でいきたいと思います。

 

◯ポールヴァンドル

この馬も、函館の1000万条件を勝ち上がっての参戦です。

3走前のスイートピーSでは1番人気に支持されましたが、直線で鐙が外れるアクシデントもあり5着。それでも勝ったブラックスビーチとは0,1秒差と僅差でした。

これまで8戦使っていますが、スイートピーSも含め府中では4戦して未勝利

逆に中山(ダートでの1戦も含む)と函館では(3,1,0,0)と抜群の成績です。

右回りで小回りの馬場、そしてパワーも必要とされる馬場の方が合っているんだと思いますので、今回の中山内回り2000mはピッタリですよね。

5番人気以内には入ってくるかもしれませんが、それでもこの人気は美味しいんじゃないかと思います。

限りなく本命に近い対抗評価でいきたいと思います。

 

買い目

3連複フォーメーション21通り
◎〜◯▲☆〜印

馬連5通り
◎◯〜◯▲☆

本命からなので、ヒモ荒れに期待します!

2017-09-09 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【予想】とりあえず新潟記念のみです

kinugawa country 630x473 - 【予想】とりあえず新潟記念のみです

 

新潟記念G3の予想

◎6ハッピーモーメント
◯12マイネルフロスト
▲11アストラエンブレム
☆7カフジプリンス
△10ソールインパクト
△2ルミナスウォリアー
△1タツゴウゲキ
△13トーセンバジル
△5ロイカバード
△8フルーキー

 

◎ハッピーモーメント

7歳にして今だ成長を感じさせる、ディープインパクト産駒のハッピーモーメント。

古馬となってから初めて出走した前走のG2目黒記念では、いきなり3着と私たちを驚かせました。

1・2着は一気に追い込んできた2頭で決まり、この馬にとっては決して恵まれたわけではないレース展開の中、東京競馬場の長い直線を、先行してラストはさらに伸びるという内容はとても評価できます。

前走に引き続き54キロと斤量も軽く、過去10年で最も馬券に絡んでいる3枠、そして鉄砲駆けするこの馬に、現在勝利数No.1の戸崎Jが騎乗するのですから、何か期待してしまいますよね。

人気はあまりありませんが、思い切って狙いたいと思います。

 

◯マイネルフロスト

ここ3戦すべてで馬券に絡む好成績を納めており、ブリンカーを着けた効果で、集中力が増しているのは明らかです。

前に行けた時こそ持ち味が出るタイプなのですが、なかなか結果が出ないレースはほとんどがポジションを取れていませんでした。

ブリンカーのおかげで、本来の力を発揮できるようになった今であれば、初の重賞制覇も十分期待できると思います。

また新潟の最終週ということもあり、枠順や通ったコースの影響を受けやすいのがこのレース。

去年は極端な外差し馬場となりましたが、今年のメンバーを見るとそこまでペースは上がらないので前も残ると予想。

外めの枠はプラス、新潟大賞典で見せた長い直線でのしぶとい走りができれば、好勝負となるでしょう。

 

買い目

単勝 ◎

3連複21通り
◎〜◯▲☆〜印

馬連box6通り
◎◯▲☆

2017-09-03 | Posted in Blog, 予想6 Comments » 

 

【予想】札幌2歳ステークスだよっ

samurai japan australia - 【予想】札幌2歳ステークスだよっ

△サッカー日本代表の応援に行ってきました!! W杯出場おめでとう〜

 

先週はたくさんのお祝いコメントを、どうもありがとうございました\( °∀° )/

キーンランドカップの予想は、自分でもびっくりするくらいそのままの結果でした。(1〜4着までそのまま)

3連単は残念ながら買ってなかったのですが、3連複をちょこちょこ重ねて購入していたのでひとまず。(感覚的にはもう少しつくかなと思ったのですが残念)

あとは単勝をなんと…100円だけ買ってました笑

当たってもなお、自分の下手ッピーな買い方に肩を落としております〣( º-º )〣

 

さぁて今週も頑張りましょう♩

sponsor link


 

札幌2歳ステークスG3の予想

◎クリノクーニング
◯ダブルシャープ
▲ロックディスタウン
☆コスモインザハート
△ミスマンマミーア
ファストアプローチ
ディバインブリーズ
マツカゼ
カレンシリエージョ

 

◎クリノクーニング

本命はオルフェーヴル産駒の初重賞制覇に期待して、クリノクーニングにしました。

前走函館の1800mで行われた新馬戦がとにかく圧巻で、3~4コーナーで少し促されると、反応良く先頭集団までポジションを上げ、直線ではノーステッキで2着に1馬身半、3着には更に8馬身の差をつけました。

かなり余裕の手応えでしたが、それでいてタイムは函館1800mの2歳コースレコードでした。

今開催の函館は時計の出やすい馬場でしたので鵜呑みにはできませんが、それでも価値のある勝ち方とタイムだと思います。

そして負かしたカレンシリエージョは次走で未勝利戦を8馬身差で圧勝しました。

(この未勝利戦の2着馬は次走コスモス賞7着なのでレースレベル自体は低かったです)

好位で折り合えるレースセンス、操縦性、反応の良さ、時計的な裏付け、洋芝1800mの適性と強調材料の多いこの馬を軸に、馬券を組み立てていきたいと思います。

 

◯ダブルシャープ

今回のメンバーでは唯一のオープン勝ち馬です。つまり2勝をあげているのはこの馬だけということになります。

新馬戦を勝ち上がった馬同士で、更にその中でも勝っているわけですから、当然能力は上位ですよね

クローバー賞で負かした相手も、新馬戦で強い勝ち方をしたタワーオブロンドンでした。

しかも道中はずっと手綱を抑えながらの追走で、4コーナー辺りまで手綱はピンと張ったままでした。

少なからず消耗はあったと思いますが、それでも一度差されたタワーオブロンドンをもう一度差し返したあたりは強かったですし、距離が延びてもスタミナは問題なさそうだなと感じる内容でした。

前走オープン特別組の好走が目立つレースですし、意外と人気しなそうなのもまた良いですよね。

ここは本命に近い対抗で頑張ってほしいです。

 

買い目

単勝◎

3連複フォーメーション13通り
◎〜◯▲〜印

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

*3連単で買うなら…
◎→◯▲☆→印 21通り
◯▲☆→◯→印 21通り

2017-09-02 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【予想】新潟2歳ステークス&キーンランドカップ

ladakh night 630x473 - 【予想】新潟2歳ステークス&キーンランドカップ

おはようございます!と言いつつ上は星空。

インドのラダックの奥地では、今まで見たことがないくらいの量の星が空にびっしりと引き詰められ、驚くほどキレイだったんですねー。

写真だとおそらく半分くらいしか伝わらないけれど…

予想前に、一旦こころを和ませて、いざ!勝負しましょう( ¨̮ )

最近の重賞イマイチなので、そろそろかなと期待しております♩

sponsor link



 

新潟2歳ステークスG3

◎プレトリア
◯ムスコローソ
▲ダンツセイケイ
☆シンデレラメイク
△オーデットエール
△マイネルサイルーン
△テンクウ
△フロンティア
△コーディエライト
△エングローサー

 

◎プレトリア

新馬戦が着差以上に強い内容でした。レース前はかなりイレ込みがきつくてレースではどうかなと思って見ていましたが、案の定スタートで出遅れて後方からになってしまいました。

18頭立てということもありましたが4コーナーではなかなか見られないぐらいの超大外を回していましたよね。かなりロスの多い競馬になってしまいましたが、それでも直線を向くと上がり最速の脚でうちの馬達を一気に差しきりました。

3着馬には半馬身、4着馬には2馬身以上の差をつけましたが、その2頭とも次走で未勝利戦を勝っていることからも、決してメンバーレベルが低かったわけではないと思います。(ちなみに5着馬もその後の未勝利戦を連続2着)

18頭立ての多頭数を経験している点もアドバンテージですよね。このレースはとにかく終いの脚を持っている馬が好走するレースですので、ここはこの馬の末脚を評価したいと思います。

 

◯ムスコローソ

この馬も、負かした2、3着馬が既に未勝利を勝ち上がっています。しかもその2、3着馬にはノーステッキで5馬身以上もの差をつけたわけですから、ここでも間違いなく能力は上位ですよね。

最内枠に入りましたが、新馬戦でも内でじっとしていて、直線でも内をついて抜け出してきました。この経験が今回確実にいきてくると思いますし、お父さんがヘニーヒューズということで多少内が荒れていても苦にしなそうなのは心強いですよね。

終いの脚も開催後半の府中で傷んだ内を通っての34秒1(しかもノーステッキ)ですから、今回はもっと速い上がりを使えそうです。

大野騎手も昨日400勝を達成して心情的に余裕がある状態かと思いますので、人馬とも期待ができるんじゃないかと思います。

 

▲ダンツセイケイ【穴馬キラリ

新馬戦は評判馬トゥザフロンティアと1馬身差の3着。ちなみに4着馬は次走で未勝利を勝ち上がっています。

2走目の未勝利戦は、直線で楽なままの手応えで突き放し、ムチを2発入れられただけで2着馬には2馬身、3着馬には更に2馬身差をつけての完勝でした。

とにかくスタートが速くて楽に先手を奪えますし、それでいて折り合いもつくので、直線でももう1回脚を使うことができます。

左回り1ターンの1600mを2回経験しているのは強みかと思いますので、前で残るとしたらこの馬なのではないかと思っています。

 

買い目

単勝◎

3連複フォーメーション21通り
◎〜◯▲☆〜印

馬連流し6通り
▲〜テンクウまで

sponsor link



 

キーンランドカップG3の予想

◎エポワス
◯ソルヴェイグ
▲ナックビーナス
☆フミノムーン
△モンドキャンノ
△ヒルノデイバロー
△イッテツ
△ネロ
△シュウジ
△ノボバカラ

 

◎エポワス

洋芝の1200mはとにかく得意で、これまで13戦して8回が馬券圏内。馬券を外した5回も、うち3戦は勝ち馬から0,3秒差以内と僅差でした。

前走は大きく負けてしまいましたが、これは3~4コーナーでぶつけられる不利が痛かったので、度外視で良いと思っています。

今回は鞍上がルメールJになりますし、枠も絶好、今のやや時計のかかっている札幌の馬場はピッタリです。13頭と少ないので捌くのに手間取らなそうな点も良いですよね。

先行争いが激化しそうですので、2走前の函館SSと同じように後ろから差してきてくれると信じています。

 

◯ソルヴェイグ

もう色々なところで言われていますが斤量が良いですよね。

去年のこのレースを勝ったブランボヌールが4キロ増で最内枠。2着のシュウジとはなんと5キロ増で、最近は凡走続きです。それに対してこの馬はたった1キロ増の54キロで出られますので、これは明らかに有利です。

あとは久々がどうかですが、調教は質、量とも申し分ないですし、そもそも大目標のスプリンターズSに向けてここで賞金を加算しないといけない立場ですので、ここはしっかりと仕上げてきているんじゃないかと思います。

というわけで、対抗はソルヴェイグでいきたいと思います。

 

買い目

3連複フォーメーション15通り
◎〜◯▲〜印

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

2017-08-27 | Posted in Blog, 予想2 Comments » 

 

1 2 3 4 5 29