Blog

【日曜メイン競馬予想】函館記念2018

めーっちゃ遅くなってしまい申し訳ありません…(꒪꒳꒪;)

ちょと体調が優れず、予想がなかなか進みませんでした…が!だいぶ良くなったので、この函館記念を的中させて、残り半分のお休みを満喫したいと思います♩

sponsor link


函館記念G3の予想

◎11マイネルハニー
◯5スズカデヴィアス
▲10ブレスジャーニー
△6エアアンセム
△14エテルナミノル
△7トリコロールブルー
△1ブラックバゴ
△8ロジチャリス
△12ナスノセイカン
△2カデナ

 

◎マイネルハニー

これまで何度も重い印を打っている馬で、期待に応えてくれたり全然ダメだったりとかなり波のある馬ですが、今回は走り時だと見ています。

前走の巴賞はスローペースを先行したにもかかわらず、直線では全く伸びずに8着。

どちらかというと直線でのヨーイドンの競馬より、ある程度ベースが流れたところから長めのスパートで、持久力勝負に持ち込む方が好走できる馬なので、前走のような競馬になるとやや分が悪いです。

今回は前にいく馬も揃っていてペースは流れそうですので、Bコースに替わって前が残りやすい馬場ということもありこの馬に条件が向くと見ています。

その前走の巴賞は明らかに叩き台で、急仕上げで調教の負荷も足らず、馬体重も+12キロと完全に太め残りでした。

一回叩かれた上に今回は調教の負荷もかなりかけられていて、タイムも手応えも抜群でした。

斤量もその時の58キロから1キロ減って57キロになりますので、ここは巴賞組には先着すると見ています。

3走前の白富士Sは◯スズカデヴィアスを負かしての勝利。左回りの2000mはスズカデヴィアスが得意の条件で、そこで勝ちきったのは価値がありますよね。

丹内Jは一昨年、マイネルミラノでこのレースを制していますので、同じマイネルの先行馬での好走に期待しています。

 

買い目

3連複15通り
◎〜◯▲〜印

3連単32通り
◎◯→◎◯→印
◎→印→◯
印→◎→◯

2018-07-15 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】プロキオンステークス2018

今日はプロキオンステークス2018の予想になります。

そして七夕賞の予想はすでにアップ済ですが、思ったより馬場が良いのでどうしても1頭ヒモだけ変更しました( -“- )

ということでそちらもよろしくお願いします。

 

ちなみに昨日のオジュウチョウサンのレースは見ましたか?

強かったですねー手応えが1頭違いました。障害で鍛えられた足腰で、気付けばどの馬よりも早く走れるようになってしまっているのでしょうか。

今後も盛り上げてくれそうで、とても楽しみです!

 

さて金魚でも見て涼みつつ、今日も熱いレースで盛り上がりましょう!

ではプロキオンステークス2018の予想です。

sponsor link


 

プロキオンステークスG3の予想

◎3ウインムート
◯5ルグランフリソン
▲6インカンテーション
☆7キングズガード
△8ドライヴナイト
△12ブラゾンドゥリス
△2ドリームキラリ
△1サクセスエナジー

 

◎ウインムート

みなさんご存じの通り完全な夏馬で、6~9月の成績が(6.1,1,2)とほぼ完璧。やはりこの時期に合わせてきたかのようにここ2戦連勝中と上向いてきました。

3走前、4時走前の大敗は、もうこの季節を理由にして見ないフリでいきます…!

今回は前にいく馬が多くてかなりペースは速くなりそうですが、前走でもペースはかなり速かったところを2番手追走。

しかも58キロを背負いながらも、直線抜け出しての完勝でした。

中京ダートは元々前が残りやすいコースですので、ハイペースでの展開が嫌われて少しでも人気が落ちるようであれば、馬券的にも妙味ありです。

2走前の不良馬場で完勝しているように、道悪も(1,0,1,1)と苦にしません。

芝でオープンまでのぼり詰めた馬なので、脚抜きの良い馬場になるのはプラスかと思います。

勝つか負けるかという傾向の強い馬ですので、馬券も頭からという買い方で行きたいと思います。

 

◯ルグランフリソン

人気薄からはこの馬に注目しています。

今のところ14頭中9番人気と人気がありませんが、2走前のオアシスSでコンビを組んだ福永Jに戻ることから、前走ではなくこの2走前を評価したいです。

2着に負かした馬はサンライズノヴァで、東京ダート1600mではとにかく強い馬。先日のOPアハルテケSでも、出遅れとトップハンデをものともせず完勝でした。

その馬を東京ダート1600mで負かしたというのは相当強い競馬をしたと思いますし、距離は少し短くなりますが同じ左回りコースですので、前走の敗けで人気を落としている今回は狙い目と見ています。

しかもこの馬も元々芝で活躍していた馬で、ダートに転向してから道悪は初めてになります。

これがハマれば、もしかしたら圧勝なんてことも十分考えられるかと思っています。

 

買い目

3連単フォーメーション24通り
◎◯→◎◯▲→印

3連複6通り
◯▲~総流し

2018-07-08 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】七夕賞2018

やっほー暑くて暑くて大変です。今週も日曜重賞の七夕賞2018の予想から書いていきますよ!

それにしてもピタッという予想がだんだん懐かしくなってきてますが、先週のCBC賞では穴馬キラリ✧の◯9セカンドテーブルのおかげで、ワイドだけ的中できました♩ひゃっほ〜

 

でも…(;▽;)

 

こんな時に限ってちょーっとだけしか買ってなかった〜ショック。弱気になってしまいました。

ワイド 1,930円

 

でも穴馬を見つけるときは、わたしの調子も上がってきているときなので、やはりこの夏競馬に期待です!

それでは予想に移ります^^

sponsor link


 

七夕賞G3の予想

5マイネルサージュ
◯10レイホーロマンス
▲11マイネルミラノ
△6サーブルオール
1プラチナムバレット3マイネルフロスト
△7ワンブレスアウェイ

(訂正7/8 9:00 馬番間違いと、馬場が良さそうなのでヒモ変えました)

 

◎マイネルサージュ

福島実績と6歳になってからのパフォーマンスを評価したいです。

福島は(1,2,0,0)と3戦オール連対で、4月には福島民報杯を勝利。過去10年(11年を除く)、同年の福島民報杯の覇者はこのレースで(1,0,1,1)と好相性で、やはり同じコースということもありこの点は心強いですよね。

その福島民報杯は、3コーナーを過ぎたあたりから外目をスーっと上がっていって直線は大外へ。そこからもう一度加速してごぼう抜き!しっかり勝ち切ってしまいました。

2~4着が4コーナーで5番手以内にいた馬だったことを考えると、まだ10番手ぐらいの位置から抜き去ったのは非常に価値がありますよね。

2着に負かしたマイスタイルは、先日1000万下を圧勝、弥生賞2着の実績があるように、今後も重賞で活躍できる馬だと思います。

3着のストーンウェアは、続くメイSでダイワキャグニーと僅差の2着。ちなみにメイSの3着は次走でエプソムCを制したサトノアーサーでした。

マイスタイルやストーンウェアといった実力馬を、この舞台でねじ伏せたパフォーマンスは、相当高かったと言えそうです。

2走前の中山記念は、豪華メンバーの中で上がり3位を記録。しかし先行馬が上位を独占したように展開が向きませんでした。

それでもヴィブロスとは同じような位置から同じような脚を使ってのタイム差なしで、能力の高さは見せています。

3走前の白富士Sでは、先日重賞を勝ったススカデヴィアスとは僅差の3着。今回人気しそうなプラチナムバレットや、重賞でも好走しているテオドールには先着しています。

ここ3戦は戦ってきたメンバーもレース内容も非常に評価できるものだと思いますので、ここは本命で行きたいと思います。

 

◯レイホーロマンス

前走のマーメイドSでは1番人気に推されましたが、かなり消極的な競馬になってしまい6着と不本意な結果でした。

本来は中団ぐらいで競馬ができる馬ではありますが、道中は後ろから2~3番手を追走。

コーナーで上手く加速できる馬ではないので、あの位置取りは致命的だったと思います。

直線で大外に持ち出されてからはジワジワ伸びていましたが、途中でペースがかなり緩んだこともあって、さすがにあの位置からでは届きませんでした。

ただその負けもあって、今回は斤量が更に減って51キロ。そして鞍上が内田Jに替わるのもプラスのように思います。

2走前のG3福島牝馬Sは5着でしたが、4コーナーで下がってきた馬と内の馬の間に挟まれて落馬寸前という不利がありました。

それでも掲示板に載れたのはこの馬の強さですよね!

地方ではありますがダートでも(3,1,0,0)で、稍重の中山牝馬Sを3着、力の要る中京での愛知杯を2着に来ているように、雨で馬場が重くなっても問題はなさそうですので、この馬の復活に期待しています。

 

買い目

馬連BOX
◎◯▲

3連単BOX
◎◯▲ 6通り

3連単フォーメーション
◎→◯▲→△ 6通り
◯▲→◎→△ 6通り

3連複
◎◯~印 4通り

2018-07-06 | Posted in Blog, 予想2 Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】CBC賞2018

こちらはCBC賞2018の予想になります。

ラジオNIKKEI賞は昨日のうちにUPしているのでコチラから見てね。

 

今回はヒモ荒れに期待♩

それと関係ないけど熱中症には注意(((( °_° ))))

sponsor link


 

CBC賞G3の予想

◎16ペイシャフェリシタ
◯✧9セカンドテーブル
▲8アレスバローズ
☆2トウショウピスト
△6アクティブミノル
△12ダイメイフジ
△1トーキングドラム
×12ダイメイプリンセス
×14フミノムーン
×18アサクサゲンキ

 

◎ペイシャフェリシタ

4走前の同コース、浜松Sのパフォーマンスが圧巻でした。直線で馬場の真ん中から、1頭だけ他馬とは全く違う末脚で、スプリント戦にも関わらず2馬身半突き抜けてしまいました。

そこまでポジションを下げることなく、中団あたりから速い上がりを使えるのが魅力で、今の中京だとあまり後ろ過ぎると前を捕らえきれないかと思うので、その点は差し馬ですが不安が少ないかと思います。

包まれない外目の枠を引いたのも良いですよね!このレースは7~8枠の成績が特に良いレースですので、枠も味方してくれそうです。

3歳時はなかなか力を出しきれないレースが続きましたが、立て直されて4歳に入ってからは成績がとにかく安定しました。

4歳以降で馬券圏内を外したのは3回ですが、スタートで出遅れてしまった札幌スポニチ賞と、内枠で出負けした上に直線で完全に前が塞がってしまったみちのくS、

そして高松宮記念前のハイレベルなメンバーの中、0,1秒差の5着に好走した阪急杯の3戦だけで、いずれも全く悲観することは無いレースです。

スタートさえ普通に出れば今回も普通に好走してくると思っています。

あとはこのレース、馬券に絡んだ18頭のうちなんと13頭が5歳馬という、とてつもなく偏った傾向が出ています。

今回はこの馬と、ダイメイプリンセスとワンスインナムーンの3頭。

ダイメイプリンセスはこのレースで2番人気のに推されたベルカント以外全く来ていない距離延長組で、ワンスインナムーンは今回無理矢理にでもハナを奪いにいくようですが、アクティブミノルよりだいぶを外枠を引いてしまったのは痛いです。

相当無理をしないといけないかと思いますので、今回の5歳馬ではやはりこのペイシャフェリシタが有力と見ています。

 

買い目

馬連
◎~トーキングドラムまでの6頭

ワイド
◯~トーキングドラムまでの6頭

3連複21通り
◎~◯▲☆~印

2018-07-01 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】ラジオNIKKEI賞2018

夏競馬に突入ですね!まずはラジオNIKKEI賞2018から発表していきます。

 

ところでまだ6月なのにもう梅雨明けの発表というのは皆さんも驚いたかと思います。

今年の夏は長そうですねー。日が長い夏は個人的に好きなので(仕事が終わっても空が明るいと飲みいきたくなっちゃいます)、わたしはとても嬉しいです。

そして波乱の多い夏競馬も大好きなので、そろそろ調子が上がってきて欲しいなーと思っていたり(; ゚゚)

 

ちなみに実家の猫と遊びに来た猫の写真がかわいくてつい載せました。↑↑

今年の後半戦も引き続きよろしくお願いします( ¨̮ )

sponsor link


 

ラジオNIKKEI賞G3の予想

◎6フィエールマン
◯✧1ロードアクシス
▲10イェッツト
☆2メイショウテッコン
△8エイムアンドエンド
△13グレンガリー
△4マイハートビート

 

◎フィエールマン

メイショウテッコン、ケイティクレバー、キボウノダイチ、シセイヒテンと逃げて結果を残してきた馬が多い今回、少頭数ではありますがペースは速くなると見ています。

そうなるとやはり後ろで脚をためる馬に展開が向きそうで、馬群もバラけてしかも少頭数なので、ロスなく捌くことができそうなのが強みです。

前走の山藤賞で、内回り且つ右回りの1800mを経験できたのも良かったですし、3~4コーナーでスーっとポジションを上げていけたところを見ると小回りコースの適正もとても高そうです。

福島や中山は直線が短いので、3~4コーナーで加速してポジションを上げられることが重要になってきます。

前走はまさにそんな競馬で、残り1000m~800mぐらいから加速して徐々にポジションを上げていく形になりました。

直線を向いた時点では既に先頭集団で、そこからもう一伸びして後続を突き放したところを見ると、相当長く脚を使っていたのがわかります。

実際のレースラップも後半1000mが58秒8で、ラップも12.2 – 11.9 – 11.7 – 11.6 – 11.4とゴールに向けてどんどん加速していくラップでした。

それを後方からポジションを上げて、更に直線突き放したのは評価できますし、福島の1800mに合いそうな脚の使い方ができる馬というのがわかります。

ここはこの馬が勝つ馬券で、相手探しかと思っています。

 

◯✧ロードアクシス

福島で勝っている馬はロードアクシスとグレンガリーの2頭。この2頭はここでも注目したいです。

ロードアクシスは500万条件を、グレンガリーは未勝利戦をここ福島で勝ち上がりました。

中でもロードアクシスは、フィエールマンと同じように3~4コーナーでスーっと加速していき、直線でもう一伸びしての完勝。このコースと相性が良さそうです。

グレンガリーはその2走前も前走もそうでしたがややエンジンのかかりが遅く、直線で追われてようやく加速していくような馬ですので、ここではロードアクシスに適性があると見ています。

3走前の阪神内回りコースでの若葉Sでも、タイムフライヤーやメイショウテッコンに先着して3着に好走。小回りや内回りコースでの適性が高そうです。

人気も全くありませんので、ここで穴を開けるならこの馬と見て期待しています。

 

買い目

3連単
◎→◯▲☆→印 15通り
◎→△→◯▲☆ 9通り

ワイド
◯~◎▲☆

2018-06-30 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】宝塚記念2018

アップが遅くなってしまいました(ノД`)

本日は宝塚記念2018の予想を書いていきたいと思います。

 

それと、POGのランキングを先日発表してますので、まだ確認できていない方はコチラ

上位30名にはプレゼントをお送りしますので、チェックをお忘れなく〜。

すでにメールを送ってくれたみなさま、添えてあるメッセージに心温まっております( ¨̮ )大感謝♩

sponsor link


 

宝塚記念G1の予想

◎10ヴィブロス
◯15ゼーヴィント
▲9サトノクラウン
☆3サトノダイヤモンド
△1ステファノス
△14スマートレイアー
△5ストロングタイタン
△8ダンビュライト
△13ワーザー
△7パフォーマプロミス

 

◎ヴィブロス

過去の戦績から、中山や阪神のような坂のあるコースと2200mという距離が不安視されていますが、この2つはどちらも問題ないと見てます。

おそらくそう言われる要因は、過去2年の中山記念と去年のエリザベス女王杯での敗けだと思いますが、この3戦はいずれも明確な敗因がありました。

中山記念の2戦はどちらも休み明けで、さらにドバイ遠征前の完全な叩き台、ジョッキーも決して相性が良いとは言えない(4戦コンビを組んで全てで馬券圏外)内田Jでした。

中山はG3の紫苑Sであれだけの不利がありながら2着に好走していますので、この2戦の凡走は叩き台というのが全てだと思います。

エリザベス女王杯はスタートが良すぎてしまったこともあり、向こう正面ぐらいまで前半はほとんど掛かりっぱなしでした。

あれだけ長く掛かっていればさすがに最後は沈んでしまうかと思いきや、0,3秒差の5着に粘ったのはむしろ評価しても良いくらいかもしれません。

人気薄のクロコスミアやマキシマムドパリが上位に残るぐらいの超スローペースでしたので、掛かってしまうのはやや仕方の無いところはありましたよね。

今回はもっとペースは流れると思いますので、折り合いに不安が無さそうなのは間違いなくプラスです。2000mの秋華賞を最後あれだけの脚で伸び切っているのですから、距離は問題ないと見ています。

今回は(2,1,0,0)と相性抜群の福永Jとのコンビです。馬体重もどんどん増えていて、お兄さんのシュヴァルグランのように5歳になって本格化してきたように思います。1週前調教の動き、時計とも抜群でしたよね。

また、これはよく言われていますがディープ産駒の牝馬はとにかくこの宝塚記念に強いです。ここ5年連続で馬券に絡んでいるのはもちろんですが、

13年 ジェンティルドンナ(1番人気3着)、14年 ヴィルシーナ(8番人気3着)、15年 デニムアンドルビー(10番人気2着)、ショウナンパンドラ(11番人気3着)、16年 マリアライト(8番人気1着)、17年 ミッキークイーン(4番人気3着)と、ジェンティルドンナ以外はみんな人気よりも着順を上げています。

お姉さんのヴィルシーナが好走している点も心強いですよね。というわけで、今回はヴィブロスが1着になると期待しています。

 

◯ゼーヴィント

穴からはこの馬に注目です。

骨折明けで8ヶ月ぶりのレースとなった2走前の日経賞は6着。それでも今回2番人気のキセキには先着しました。

前走は(0,0,1,3)と苦手としている左回りの目黒記念。直線で進路を取ったところでことごとく前が塞がってしまい、残り100mでもブレーキをかけることに。それでも57,5キロを背負いながら1¼馬身差の6着は立派でした。

この2戦の6着で評価を落としていますが、今回は骨折明けの日経賞を除くと(4,3,0,0)とパーフェクト連対の右回りコースに替わります。

パワー要求される福島で重賞を2勝。セントライト記念やAJCCで2着に好走しているように、直線で坂のある2200m実績があります。

そしてなんと言っても今回は池添Jとの初コンビが魅力です。

14年のカレンミロティックや15年のショウナンパンドラなど、人気薄を馬券圏内に持ってきていますし、オルフェーヴルやドリームジャーニーで勝利を飾るなど、宝塚記念では度々好走しています。大舞台に強い池添Jの手綱捌きにも期待したいです。

ここ5年連続で勝利をおさめておる8枠。今年はこの8枠15番ゼーヴィントの半端ない活躍に注目しています。

 

買い目

単複◎

ワイド◎◯

馬連流し◯~ストロングタイタンまでの6頭

3連複
◎◯~◎◯▲~印 19通り

2018-06-24 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

2017-2018うまっぷるPOG「順位発表です!」

やっぱり今年もあっという間でしたね〜

日本ダービーも幕を下ろし、さてさてやっと集計完了!POGの結果を発表いたします。

 

たくさんの方が参加してくれましたが、今年の1位は一体どなたなのでしょうか!?

 

えーっと・・・ちなみに早々に脱落してしまったわたくしは、もう影も形も見ることはありません(´;ω;`)

 

毎年ですが、優勝している方は「何でこんなにバッチリ選べたのー??」って疑問です。

それでコツを聞いたりするのですが、いざ自分が選ぶ時はちょっとひねりたくなってしまって、失敗するんですよね…。

 

だからだから、今年こそは忠実に勝者の助言を守って行きたい気持ち、結構あります。今のところ(=ω= )

 

ちなみに運営があまりできなくて参加者のみなさまにはタイムリーに順位を公開することができなくて、申し訳なかったなと思ってます。

今年はちょーっとできそうにないのですが、POGファンのみなさん、ぜひいろんなPOGに参加して豪華賞品をGETしてくださいねー♩

 

さて、いよいよ全ランキングを載せて行きます。

そして、

ささやかの贈り物は上位30名の方にお送りしたいと思いますよ〜(✪▽✪)

 

必ずお願いしたいのは、「応募した時と同じアドレスで、ニックネーム・お名前・ご住所」をお送りください!!

これ送ってもらわないと、ささやかな送り物が届かないのでご注意を。→アドレスはこちら

それではまず、上位3名を発表です!

 

うまっぷるPOGランキング「BEST3」

 

3位 HIDE902さん 30,180pt

指名馬:ワグネリアン・スヴァルナ・パンコミード・プリメラビスタ・ソリッドドリーム

 

2位 ツカッちゃんさん 31,845pt

指名馬:ワグネリアン・タニノフランケル・エイシンテースティ・シンハラージャ・アドマイヤビクター

 

・・・

 

✧1位✧ 目玉競馬さん 32,320pt

指名馬:ワグネリアン・スヴァルナ・トゥザフロンティア・シーリア・ロングランメーカー

 

 

おめでとうございます〜〜❥❥

3名とも、今回はとにかくダービー馬ワグネリアンが要でしたね!

5頭の中で引き当てるなんて、本当にお見事です。

 

ちなみに1位の目玉競馬さんからのコメントいただきました⚑︎゛

まさか、優勝できるなんて思っていませんでした。

結果的に勝ち上がれなかった馬もいましたが、1年間指名馬を応援し続けて、より競馬を楽しめただけでなく、最後に結果がついてきたというのは本当にうれしいです!

 

ちなみに目玉さんもブログをやっているので、ぜひチェケラしてみてください♩

新馬戦が得意だったりして( ー̀εー́ )

こちらです→http://eclipse1st.net/

 

では全順位はこちらになります▼

 

ということで、もう一度言いますね。

上位30名のみなさまには、ささやかな贈り物をご用意します。

必ず応募と同じアドレスから、「ニックネーム、お名前、ご住所」をメールくださいませ(⑉°з°)

アドレスはこちら

 

1年間お付き合いいただき、本当にありがとうございました^^

今後ともどうぞよろしくお願いします!

2018-06-18 | Posted in Blog, お知らせNo Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】函館スプリントS&ユニコーンS2018

本日は函館スプリントステークスとユニコーンステークス2018の予想を書いて行きます。

今週から函館ということで、夏ですね〜。

以前北海道へ行った時は、開催されていない函館競馬場前まで行っただけでした・が!今年は観戦しに行こうかなと思っているところです♩

 

さて早速予想に移りましょう!

sponsor link


 

函館スプリントSG3の予想

◎15ライトフェアリー
◯13キングハート
▲9ヒルノデイバロー
☆8ワンスインナムーン
※3ラインスピリット
△1セイウンコウセイ
△2ダイアナヘイロー
△12エポワス
△7ナックビーナス
△14アドマイヤゴッド

 

◎ライトフェアリー

外枠の時の成績がとにかく良いこの馬。過去、7枠か8枠に入った時の戦績は(4,2,2,4)で、4着と5着があるので掲示板を外したのはわずかに2回だけです。

今回も8枠15番で大外は前にいかないノボバカラという絶好の並びを引き当てました。

スタートしてからのダッシュはそこまで早くなく、徐々にじわ~っとポジションを上げていくタイプですので、やはり包まれやすい内枠は難しいレースになってしまいます。(4走前のみちのくSはまさにそのパターン)

前走の鞍馬Sも大外枠からの発走。やはりジワ~とポジションを上げていき2番手に。

ティーハーフやカラクレナイ、アレスバローズといった追い込み馬が外から脚を伸ばして上位を占める中、ともに先行した1番人気のセカンドテーブルは全く寄せ付けず、ほぼ勝ちに等しいハナ差の2着に健闘しました。

4ヶ月の休み明けだった2走前も大外枠発走。今回と同じ柴山Jを背にスタートを決めて2番手を追走し、直線で抜け出してからは後続を全く寄せ付けない完勝でした。

休み明けのこの2戦は枠にも恵まれ理想のレースができており、勢いに乗ってます。

今回もまた外枠を引きましたし、鞍上は騎乗した2戦とも完璧なレースで勝利を飾っている柴山J。人気はありませんが好走してくれると期待しています。

 

買い目

◎単・複

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

3連複21通り
◎~◯▲☆~印

ワイド4通り
▲~◎◯☆※

sponsor link


 

ユニコーンステークスG3の予想

◎7グリム
◯4トキノパイレーツ
▲13リョーノテソーロ
☆14ルヴァンスレーヴ
△8ハーベストムーン
△3プロスパラスデイズ
△9コマビショウ
△5グレートタイム
△1セイウンクールガイ

 

◎グリム

ユニコーンSと非常に関連性の高い青竜Sの覇者。青竜Sができてから今年が5年目ですので過去4年のサンプルになりますが、青竜Sの勝ち馬がユニコーンSに出走したのは過去3回、その全頭が馬券に絡んでいます。

勝ち馬だけでなく、青竜Sで連対した馬も、ユニコーンSに出走した5頭が全頭馬券に絡んでいるという、非常に関連性の高いステップレースです。

今年の青竜Sの覇者はこのグリムで、2着のスマハマは今回出走しません。

ちなみに3着のオメガパフュームは先週の1000万条件を古馬相手に圧勝。今年もレースレベルが高かったことがわかります。

その青竜Sでは、直線残り300mのところで先頭に立つと、その外からスマハマに目標にされる厳しい立場に。手応えもスマハマの方が優勢でしたが、交わされそうでなかなか交わされない粘りと勝負根性を発揮して押しきりました。

ペースも前半3ハロンが35秒4とかなり速く、それを4番手で追走しながら、後方から差してきた馬を抜かせませんでした。

直線で1頭目標にされていたことを考えると、着差以上に強い競馬だったと思います。

その時初コンビを組んだ川田Jが今回継続騎乗というのも心強いですので、ここはこの馬の勝負根性に期待して本命でいきたいと思います。

 

◯トキノパイレーツ

今のところ14番人気と全く人気していませんが、大穴として期待している1頭です。

これまで6戦走っていますが、ダートでは2戦2勝。どちらも今回と同じ東京1600mでした。

1戦目は最初の3ハロンが35秒3、2戦目は35秒2と、どちらも良馬場でかなりのハイペースでした。

それを2番手で追走して、直線を向くと抜群の手応えで先頭へ。そこから追い出されると、後続を全く寄せ付けない強い勝ち方で2勝しました。

未勝利戦では2着に0,2秒、3着に0,8秒、4着以下には1,2秒以上もの圧倒的な差をつけましたが、2~5着馬と9着馬が既に未勝利を勝ち上がっており、決してメンバーレベルが低いレースではありませんでした。

ちなみに芝では4戦使われていますが、セントポーリア勝では5着。フリージア賞でも、後に毎日杯とNHKマイルで2着に入ったギベオン、スプリングS3着のマイネルファンロン、ダービー3着のコズミックフォースと、大接戦を演じた超良血馬ブレステイキング、マリアライトの妹で新馬戦を圧勝したエリスライトに次ぐ5着と、ハイレベルなメンバーの中でも十分戦える能力を示しました。

ダートでは全く底を見せていませんし、コース実績も十分。鞍上も乗り慣れた津村騎Jですので、ここは1発に期待したいと思います。

 

買い目

馬連3通り
◎~◯▲☆

ワイド3通り
◯~◎▲☆

3連複13通り
◎~◯▲~印

3連単18通り
◎→◯▲☆(マルチ)

2018-06-17 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】エプソムカップ&マーメイドステークス

お疲れさまですー

今週は久々に土曜の重賞がありませんでしたが、日曜に2つ。梅雨入して、馬場状況も心配されますが、波乱のレースをガシッとGETしたいところですね♩

遅くなってしまいましたが、エプソムカップ&マーメイドステークス2018の予想を書いていきたいと思います。

sponsor link


 

エプソムカップG3の予想

◎13アデイインザライフ
◯10ダイワキャグニー
▲8サーブルオール
☆7マイネルフロスト
△14バーディーイーグル
△6ハクサンルドルフ
△16サトノアーサー
△3エアアンセム
△2ベルキャニオン

 

◎アデイインザライフ

3連勝で新潟記念を制した後、1年4ヶ月の長期離脱。そこから2戦走りましたが、やっと今回この馬の得意な左回りの中距離という条件で走ることができます。

ここ2戦は右回りでコーナーもきつく、直線が短い中山というこの馬には最も向かないコース。中山で2勝はしていますが、新馬戦と準オープンでメンバーも比較的楽な相手でした。

何よりその2戦も含め、中山で馬券に絡んだ4戦は全て2000mで、休み明けの2戦はマイル戦でした。コーナー4つの中山2000mとは追走スピードが全く異なるので、この馬には少し忙しい印象でしたよね。

それでも1年4ヶ月ぶりの復帰戦では勝ったダノンプラチナと0,3秒差、前走のG3も最後は伸びては来ていました。

今回は(3,1,2,1)と相性抜群の府中に替わり、新潟記念を制した左回りの中距離コースに替わります。

あとは状態が以前のようなデキにあるかですが、なんと最終追い切りは美浦の坂路で一番時計を叩き出しました。

休み明けの58キロで臨んだニューイヤーSでの走りからも能力は衰えてないと思いますので、得意条件に戻るここが買い時と見ています。

あとは道悪適性ですが、5戦前にほぼ重馬場と言っても良いぐらいの稍重の府中で完勝していますので、問題なくこなしてくれると見ています。

 

☆マイネルフロスト

穴馬からはこの馬に期待です。今のところ11番人気と全く人気がありませんが、ブリンカーを装着してからのここ4戦の内容がとにかく秀逸です。

新潟大賞典ハナ差2着→鳴尾記念2馬身差3着→七夕賞¾馬身差2着→新潟記念1馬身差6着と、全てG3の中距離戦で好走しています。

9ヶ月の休み明けという点が嫌われて評価を落としているのかもしれませんが、調教の量、時計、動きを見る限りは既に仕上がってるんじゃないかと思うような内容でした。

デキ自体は全く問題ないとすれば、ここ4戦の内容でこの人気は美味しいですよね。

あとはこのレース、最近はとにかくマイネルの先行馬がよく絡みます。

6年前のマイネルスターリー(15番人気3着)、4年前のマイネルラクリマ(4番人気2着)、2年前のマイネルミラノ(6番人気3着)、去年のマイネルハニー(6番人気3着)と、ここ6年で4回です。

全て逃げ・先行馬で、この4頭のうち3頭の鞍上は柴田大地Jでした。

今年も、マイネル・先行馬・柴田大地Jが、穴を開けてくれると期待していますし、マイネルフロストはそれができる実績と、それができるデキにあると思います。

 

買い目

馬連◎◯

3連複
◎◯→◎◯▲→印 19通り

3連単なら… 36通り
◎→◯▲☆→ハクサンルドルフまでの5頭
◯▲☆→◎→ハクサンルドルフまでの5頭
◯▲☆→ハクサンルドルフまでの5頭→◎

sponsor link


 

マーメイドステークスG3の予想

◎5レイホーロマンス
◯2ルネイション
▲7エテルナミノル
☆13エマノン
※12ミエノサクシード
△10ヴァフラーム
△1ワンブレスアウェイ
△11アルジャンテ

 

◎レイホーロマンス

前走のG3福島牝馬Sは5着でしたが、4コーナーで下がってきた馬と内の馬の間に挟まれる大きな不利がありました。

パトロールビデオを見るとよく落馬しなかったなというぐらいしっかり挟まれていて、そこを無理矢理こじ開けて出てくるという、馬には少しかわいそうな競馬でした。

それでもなんとか掲示板にのれたのは、この馬の能力と気持ちの強さですよね。

2走前の中山牝馬Sは、先行勢が上位を占める中、唯一後方から追い込んでの3着。3走前の愛知杯は今回人気になりそうなキンショーユキヒメには完勝(斤量2キロ差→今回3キロ差)しての2着と、牝馬限定重賞でここ3戦は安定して上位に食い込んでいます。

この馬が52キロの斤量で出られるのは明らかに恵まれましたよね。

福島牝馬Sで同斤量だったキンショーユキヒメが55キロ、トーセンビクトリーが56キロを背負うことを考えると、あの不利があって5着だったこの馬の52キロは魅力です。

地方ではありますがダートでも(3,1,0,0)で、稍重の中山牝馬Sを3着、力の要る中京での愛知杯を2着に来ているように、雨で馬場が重くなっても問題はなさそうですので、今回はこの馬が重賞初制覇のチャンスと見ています。

 

◯ルネイション

この馬もとにかく斤量に恵まれました。おそらく陣営も51キロか52キロにはなるだろうと思っていたのか、当初は池添Jを確保していました。

それがなんと予想外の50キロ。池添Jが乗れなくなり、急遽荻野極Jに替わったことからも、斤量には恵まれたことが伺えます。

2000mという距離も(2,0,1,1)と絶好で、着外に負けた1戦も新馬勝ち直後に挑んだG3の京成杯でした。

前走が約1年半ぶりの2000m戦でしたが、半年の休み明けで馬体重は26キロ増。一度叩いてからかと思いきや、上がり最速の33秒3の脚を使って勝ち切ってしまいました。余程この2000mの流れが合っているんだと思います。

馬場も発表は良馬場でしたが、ヴィクトリアマイルの2走前で雨も降っており、稍重と言っても良い状態でした。渋ってもいけそうなのが確認できたのは心強いですよね。

今回は叩き2戦目で上積みも見込めますし、馬体も少し絞れてくると思います。440キロ台での出走なら好走必至ではないでしょうか。

8走前から後方で脚をためる競馬にシフト。それが見事にはまり、上がり最速が6回、2位が1回、3位が1回と、終いが確実に伸びるようになりました。

今回の上がり最速はおそらくこの馬かレイホーロマンス、ペースは遅くなりそうではありますが、このレース自体は意外と後方からの差しがよく決まっているレースです。馬群が詰まってヨーイドンの競馬になれば、この決め手は魅力かと思います。

 

買い目

単勝◎

馬連流し7通り
◎~印

3連複19通り
◎~◯▲~印+(6,10,14)

3連単◎軸で少し検討

2018-06-10 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

1 2 3 4 5 47