Blog

【土曜メイン競馬予想】毎日杯&日経賞2018

おはようございます!

今週は4つの重賞がありますが、まずは毎日杯と日経賞2018の予想を発表したいと思います。

 

色々悩んでしまいまして、もっと早くupしたかったのですが、遅くなってしまいました(><)

当たるといいな〜

sponsor link


 

毎日杯G3の予想

◎5ギベオン
◯3インディチャンプ
▲4シャルドネゴールド
☆7ユーキャンスマイル
△10アルムフォルツァ
△1ブラストワンピース

 

◎ギベオン

新馬戦、500万下を1番人気の評価に応えて快勝。阪神外回り→府中と、異なる競馬場でも上がりはともに33秒7で、ディープ産駒らしく高いレベルで安定した末脚が魅力です。

特に評価しているのが前走のフリージア賞で、スタートで出遅れて後方からになってしまいましたが、直線では外を力強く伸びて完勝。

2着は先週のスプリングで3着に入ったマイネルファンロン、3着は血統的にも評価の高いシユーマの仔ブレステイキング。

更に3馬身半離した4着にはマリアライトの全妹で、新馬戦を5馬身差で圧勝したエリスライトと、なかなか豪華な顔ぶれでした。

その中でも唯一の上がり33秒台を、スタートで出遅れながらも記録したのは評価できます。

今回のメンバー中、この阪神外回り1800mで勝っている唯一の馬で、メンバー中唯一のディープ産駒です。

ディープ産駒はこのレースとの相性が抜群で、初年度産駒から7年が経ちますが馬券に絡んだのがなんと10頭、21頭中約半数はディープ産駒ということになります。

去年もアルアインとサトノアーサーのワンツーで、6年前にはワンツースリーを決めていますよね。

そしてキャリア2戦の馬も、過去10年で(1,2,2,5)と半数が馬券に絡んでいます。

調教師は今年好調の勝ち星を重ねている藤原厩舎ということで、強調材料の多いこの馬を軸で行きたいと思います。

 

◯インディチャンプ

この馬もギベオンと同じく、新馬戦→500万下を連勝で2戦2勝。

新馬戦こそ好位につけててから直線で抜け出してのクビ差勝でしたが、2戦目のスタートで大きく出遅れたことにより、結果的にこの馬の能力を引き出したかもしれません。

直線を向いてもまだ最後方。そこから大外に持ち出されると、一気に加速して全頭をごぼう抜きにしてみせました。

その間、ムチは肩ムチと、最後抜け出してから気を抜かないために1回入れられたかどうかで、ほとんどノーステッキでのあの走りは驚きでした。

その時の上がり3ハロンは33秒8。1月の京都は昨秋の台風の影響もあり、馬場が悪くかなり時計のかかる状態でした。

調べてみたら1月の芝マイル以上のレースで、古馬を含めても33秒台の上がりを記録したのはこの馬も含めて3頭だけ。

残り2頭はブラックムーンとヒーズインラブで33秒9。つまり、この馬の末脚が一番キレたということになります。

それをほとんどムチ無しで記録したのですから、やはり凄いですよね!

2着に負かしたレッドサクヤが、次走でオープンのエルフィンSを勝ったことからも、メンバーレベルも高かったと言えます。

1頭だけかなり目立ったピッチ走法ですので、坂のあるコースも良さそうですよね。

調教も抜群で、最終追いきりでは先日のAJCCを制したダンビュライトに馬なりで先着と、仕上がりも良さそうです。

心配されるとしたら初の1800mという距離ですが、確かに母系は短い距離での活躍馬が多いのですが、お父さんがステイゴールドですので、先週阪神大賞典を勝ったレインボーラインのように結局は距離を延ばしても問題なかったね、となってほしいと思います。

 

買い目

3連複4通り
◎◯~印

馬単3通り
◎→◯▲☆

3連単16通り
◎◯→◎◯▲→印

sponsor link


 

日経賞G2の予想

◎4ロードヴァンドール
◯15ソールインパクト
▲9ゼーヴィント
△7トーセンバジル
△14キセキ
△11サクラアンプルール
△12ガンコ
△3チェスナットコート
△1アルター

 

◎ロードヴァンドール

過去10年で、中山で行われた9レース中、逃げ馬が残ったのは1頭という不安データはあるものの、連対馬の半数は先行馬が占めており、やはりコース形態からしても前につけられて持久力のある馬が優位とみています。

ならば、ここ2走でより評価が上がったこの馬を狙いたいです。

前走は距離を不安視されていた初の2400m戦でしたが大健闘。

直線でガンコに交わされるか?!と思いましたが、なんとか振り切って、最後は1馬身以上引き離しての2着でした。

斤量差が4キロもあったことを考えると、同斤量になる今回は、さらに差が開いてもおかしくないですよね。

2走前の中日新聞杯は、上位馬は差し・追込が占めており、展開的に楽ではない中で逃げ残っての3着というのも評価できます。

メートルダールやミッキーロケット、マキシマムドパリなど、重賞を勝つような有力馬が多数揃ったレースでしたので、メンバーに恵まれたという訳ではなく着実に力をつけてきていると言えそうです。

ここ2戦に跨ったの横山典Jとのコンビが継続するのも心強いですね。

メンバー的にもすんなりハナに行けそうなので、マイペースに持ち込んで好走を期待したいです。

 

◯ソールインパクト

この馬の実績からすると、あまりにも人気がないので注目したいのがこの馬。

芝2400m以上の成績は(1,1,3,1)と抜群で、まず馬券圏内には高い確率で入ってきます。

スパッとキレる脚はないですが、スタミナがあって長く良い脚が使えるタイプ。

やや時計がかかる馬場の方が合うので、中山の舞台はこの馬にとって絶好で、実際に中山芝の成績は(2,0,4,3)と得意にしています。

そして時計のかかる稍重の成績は(0,2,1,0)と、こちらにも馬場の相性が表れています。

今週は結構雨が降り続き、昨日も雨が降っていたようなので、本日晴れていても稍重か、良でも多少水分が含んだ馬場になると思うので、この馬にとっては好条件です。

福永Jとも非常に相性が良く、勝ち切るパンチ力はないものの、馬券圏内の信頼性は高いと思います。

 

買い目

3連複13通り
◎〜◯▲〜印

馬連box
◎◯▲

2018-03-24 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】スプリングステークス&阪神大賞典2018

今日はスプリングステークスと阪神大賞典2018の予想を書いていきます。

天気が良くてとっても気持ちー♩

でも、的中するともっと気持ちー♩ということで、的中目指して頑張りますっ!

sponsor link


 

阪神大賞典G2の予想

◎10アルバート
◯7レインボーライン
▲1トミケンスラーヴァ
☆6サトノクロニクル
△8クリンチャー
△3シホウ

 

◎アルバート

3000m以上の長距離戦は(4,0,0,2)と4度も重賞を制覇している得意の舞台。

負けている2戦はどちらも天皇賞(春)のハイレベルなメンバーの中でのもの。しかもあまり得意とは言えない京都で、それでも6着と5着で好走はしていますので、今回のメンバーを見るとまず崩れることは考えられません。

能力が落ちているという声もありますが、前走のステイヤーズSでは、先日ダイヤモンドSを制したフェイムゲームを2馬身半突き放す圧勝でした。

2走前のアルゼンチン共和国杯では、得意の距離ではないにも関わらず、しかも58,5キロの最重量を背負っての4着は、大健闘と言っても良いのではないでしょうか。

初の阪神の舞台となりますが、中山で行われるステイヤーズSを3連覇しているように、坂のある右回りコースはむしろ得意な舞台だと思いますので、今回も問題はないとみています。

不良馬場を得意とするクリンチャーが菊花賞、京都記念の好走で人気を背負っていますが、良馬場であれば状況は一変するはずです。

実績を考えるとおいしいオッズだと思いますので、アルバートの勝利を期待したいと思います。

 

買い目

3連複3通り
◎〜◯▲☆

3連単12通り
◎→◯▲☆→印

 

sponsor link


 

スプリングステークスG2の予想

◎7ビッグスモーキー
◯8ステルヴィオ
▲6ハッピーグリン
☆11ゴーフォザサミット
△5エポカドーロ
△10カフジバンガード
△2ルーカス
△12マイネルファンロン
△13ライトカラカゼ

 

◎ビッグスモーキー

前走のすみれステークスを評価。

1着のキタノコマンドールは、すみれSの勝ちっぷりからおそらく皐月賞でも人気(5番人気以内)しそうな馬で、別格とも言える強さでした。

4コーナーで最後方から一気にまくってきた脚は圧巻でしたよね。そこから直線でもう一伸びして見事勝利、これは褒めるしかありません。

2着がケイティクレバーで、この馬はもともと個人的にとても評価している馬で、G3京都2歳Sでもグレイル、タイムフライヤーに次ぐ3着に入っており、中距離戦で単騎で逃げられれば皐月賞でも面白い存在だと思います。

その1、2着馬の次に入線したのがこのビッグスモーキーで、キタノコマンドールとは2馬身差、ケイティクレバーとは1¼馬身差でした。

ちなみに5着に負かしたG3京成杯2着馬、コズミックフォースには、3¼馬身差をつけています。

初めての芝でのレースで、阪神開幕週の高速馬場にあっさり対応できたのは評価できますよね。

もともとダートを使っていた馬で、1800m戦で未勝利とオープンを連勝、Jpn1全日本2歳優駿では5着でしたが1600mという距離がやや短い印象でした。

今の時計のかかる中山の馬場は、元々ダートを走っていたこの馬にはプラスに働きそうですし、1800mという距離もベストです。

昨日の中山の芝レースは、勝ち馬の4コーナーでの位置取りが、全て4番手以内で、前が残りやすい傾向が続いています。

この馬も道中5番手以内のポジションでレースを運べますので、脚質的にも魅力は十分です。

穴を開けるのはこの馬と見て、思い切って本命で行きたいと思います。

 

◯ステルヴィオ

朝日杯でも本命にした馬で、馬場や展開問わず最後はものすごい脚で上位に食い込んできます。

朝日杯も後方から勢いよく伸びてきての2着、勝ったダノンプレミアムは別格でしたが、G1でもその末脚は際立っていました。

2走前のサウジアラビアRCも高く評価していて、16番枠からの発走で、ポジションを下げざるを得ない形になってしまいましたが、直線で少しずつ外に出していって2着まで追い込んできました。

開幕初日の府中であそこからよく追い込んできたなという印象で、ラスト3Fは唯一の33秒台、上がり2位の馬が34秒2でしたので、ダノンプレミアム等も出走していたハイレベルな舞台でも1頭だけ違う脚を使っていました。

デビューから4戦で、上がり3Fは全て2位以内という安定感で、今回13頭と頭数が少なめなのも、狭い中山では好条件です。

今の馬場を考えると全頭を差し切るまでは難しいかもしれませんが、2、3着には入ってくるだろうと思っています。

 

買い目

単勝◎

3連複7通り
◎◯~印

3連単21通り
◎▲☆→◯→印

ワイド3通り
◎▲☆

2018-03-18 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【土曜メイン競馬予想】フラワーカップ&ファルコンステークス2018

今日はアップが遅くなってしまいました(><)

 

えーと、二日前にフットサルをやってきまして。

フットサルがやりたくなって、フットサル場が主催する個人参加できるようなのに申し込んでみたのです。

エンジョイ!っていうカテゴリーで適度に運動したかったのですが…

人数のせいもあって、2時間みっちり走りました(º ロ º ;;)

わたし雪合戦以来の運動だったので(笑)、下半身の筋肉痛で動きが鈍くて、痛くて、大変なことになってます。

 

・・・あ、遅くなった言い訳ではありません(//v//)ホント

 

フラワーカップとファルコンステークスの予想を書いていきます。

良い予想だった、先週の中山牝馬ステークスに続けるように頑張りたいと思いますっ!

sponsor link


 

ファルコンステークスG3の予想

◎4テンクウ
◯7アサクサゲンキ
▲11アンブロジオ
△9ダノンスマッシュ
△15タイセイプライド
△8フロンティア
△1ムスコローソ
△10.5.13

 

◎テンクウ

メンバーを問わず好走できる堅実なタイプで、重賞ではもうワンパンチほしい感じはありますが、3連複の軸にはもってこいの馬です。

堅実に走れる一番の要素は、ある程度前目でレースを運べることと、そこから長く良い脚を使えること。

キャリア4戦は全て上がり2位以内。かと言って後方からの競馬ではなく道中も5番手あたりを追走してのこの上がりです。

G3新潟2歳Sでは上がり最速で3位。サウジアラビアRCではあのダノンプレミアムより速い上がりで4位に食い込みました。

その2戦を含めてデビューから3戦が東京→新潟→東京と、直線の長い左回りコースは得意な印象。

稍重のサウジアラビアRCでも好走しているように、力の要る馬場にも対応できそうです。

前走は3か月ぶりのレースで初の右回り、しかもトリッキーな中山と難しい条件が揃いましたが、好位から上がり最速の脚を使い抜け出しての完勝、改めて能力の高さを示しました。

今回は初めてマイル以外の距離を走りますが、お父さんがヨハネスブルグですので距離短縮は魅力です。

1番人気のダノンスマッシュが今回は休み明け。そして新馬戦でパフォーマンスの低かった(勝ち馬がその後全く好走できず)左回りコースに替わり、鞍上も乗り替わります。

そう考えると、叩き2戦目でさらに上積みが見込め、コース、馬場、距離とも問題なさそうなテンクウに期待したいなと思います。

 

買い目

3連複15通り
◎〜◯▲〜印

馬連box3通り
◎◯▲

sponsor link


 

フラワーカップG3の予想

◎1メサルティム
◯9トーセンブレス
▲5ノーブルカリナン
△4ロックディスタウン
△10カンタービレ
△3ノームコア
△2バケットリスト
△8モルフェオルフェ
△13カラリエーヴァ

 

◎メサルティム

まずこのレースの傾向ですが、過去10年、阪神で行われた2011年を除くと、逃げた馬9頭中4頭が勝ち。先行した馬が4勝で、前に行かないと勝てない、というハッキリした傾向があります。

連対率も逃げ・先行馬が32%に対して、差し・追込馬が14%と大きな差がありますので、やはり本命を打つとしたら前に行ける馬ということになりそうです。

おそらく逃げるのはモルフェオルフェで、もちろん2走前に中山で逃げ切っているこの馬にも注意が必要ですが、その後ろぐらいのグループが多く、逃げ馬にとっては常にすぐ後ろからプレッシャーがかかるレースになりそうです。

メサルティムは3~5番手ぐらいの丁度いい位置でレースを運べそうで、内でロスなく脚をためて、直線でもう1度脚を使って抜け出す理想的な競馬ができそうですよね。

また、この馬が2走前の未勝利戦で負かした相手がなかなか強敵揃いでした。

2着のアドマイヤアルバは、フロンティア、アマルフィコースト、タイムフライヤー、ミュージアムヒルといった強いメンバーといつも差の無い2着に好走している馬です。

3着のカフジバンガードは私も重賞で度々重い印をうっていますが、東スポ杯4着、シンザン記念5着、共同通信杯5着と、あと一歩馬券圏内には届かないものの、強いメンバーの中でも常に好走している馬です。

京都の重馬場で、逃げて上がり34秒4という時計も優秀でしたし、この2走前の未勝利戦は非常に評価できるものでした。

そして前走は同じ舞台の中山1800mの500万下条件戦を完勝、タイムも優秀でした。

脚質、戦ってきた相手関係、舞台適正からも、この人気はおいしいですよね。ここは頭で来ることを期待して、単勝と3連単もちょこっと買いたいと思っています。

 

◯トーセンブレス

G1の阪神JFで4着という実績は、このメンバーの中では頭1つ抜けていますよね。

1~3着馬は先日のチューリップ賞でも1~3着と、やはりこの世代ではレベルが高かったことを証明しています。

その阪神JFのときも3番手で評価していましたが、4コーナーを回った時点ではまだ15番目ぐらいで、そこから直線で一気に伸びてきました。

ゴール板を過ぎてもまだ加速していて、やや脚を余した印象でした。今回は13頭立てで捌くのにも手間取らないと思いますし、この末脚はやはり魅力です。

さらに強調したいのが新馬戦のパフォーマンスです。

スタートで出遅れて道中は最後方に近い位置取りに。4コーナーでもまだ12番手ぐらいの位置取りでしたが、そこから大外を突き抜けての見事な勝ちっぷりでした。

稍重の中山で上がり34秒0というのも素晴らしいですよね。

その時負かした相手は5頭が勝ち上がっており、またその中の1頭はG3フェアリーSを勝ったプリモシーンだという点も評価できます。

それ以来の舞台で、また力を発揮してくれると期待しています。

 

買い目

単勝◎

馬連BOX3通り
◎◯▲

3連複13通り
◎〜◯▲〜印

2018-03-17 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン予想】フィリーズレビュー&金鯱賞2018

今日の重賞2つ、フィリーズレビューと金鯱賞2018の予想を発表していきます。

 

その前に、昨日の中山牝馬ステークスでは…

3連単と馬連をGETできましたー(灬⁺д⁺灬)♡とってもうれしいです。

 

予想は大本線というわけではありませんでしたが、いつも苦戦している買い方に今回は救われた感じでした。

3連単50,360円
馬連1,940円(こっちはパットで購入)

そうそう、現地観戦の現地っていうのはいつもの中山ではなく初の中京競馬場です( ¨̮ )

名古屋めしをたくさん楽しんでいます。

 

実際に見ると思った以上に直線が長いなーという印象ですが、昨日は前がよく残っていたので、今日の午前中も前の人気薄を狙っていきたいなと思っています。

そして金鯱賞を目の前で見れるのはとても楽しみ^^(そんなに買うレースではなさそうなので、馬券は少しにします)

 

勢いに乗って今日も1日頑張るぞー

sponsor link


 

フィリーズレビューG2の予想

◎15コーディエライト
◯9アンコールプリュ
▲7モルトアレグロ
☆3マドモアゼル
△6アマルフィコースト
△14アルモニカ
△17ラブカンプー
△1アンヴァル
△2デルニエオール
△5イサチルルンルン
△18アリア

 

◎コーディエライト

昨日のカワキタエンカ同様、前走の大敗で人気を落としそうな1頭です。

前走はG1阪神JF。このフィリーズレビューは阪神JF組の成績が良いのは有名ですが、ここ4年は必ず前走阪神JFからの馬が馬券に絡んでいます。

今回の出走メンバーで前走が阪神JFだった馬はこの馬とナディアの2頭だけ。

ナディアは18着と最下位で、コーディエライトは13着でしたが、道中5番手以内につけた馬が1番人気のロックディスタウンを筆頭に総崩れのレースでしたので、2番手につけたこの馬にはやや厳しい展開だったのかもしれません。

阪神外回り1600mというコースも差しが決まりやすいコースですので、内回りの1400mに替わるのは間違いなプラスですよね。

2走前は1400mのG3ファンタジーSで0,1秒差2着(アマルフィコーストには先着)、3走前もG3新潟2歳Sで0,1秒差の2着と、重賞でも勝ちに等しい競馬を続けていました。

前走の大敗だけで評価を落としている今回が、距離やコースを考えると狙い目かと思います。

◯アンコールプリュ

2戦2勝とまだ底を見せていないこの馬。

クラシックシーズンに向けてグンッと成長を見せるディープインパクト産駒ということを考えると、未知の魅力はやはりありますよね。

前走は後方から圧倒的な末脚での完勝、掲示板に載った馬がこの馬以外は全頭、中団より前につけていたことからも、決して展開が向いていたわけでないことがわかります。

直線を向いてラスト2ハロンの時点ではまだ16頭中後方3番手、そこからレースの全体が22秒4で上がっているので、普通なら前に行く馬が残るような展開ですよね。

それを後方3番手から差し切ってしまったわけですから、相当な末脚ですよね!

そのパフォーマンスからも、上がり最速は今回もこの馬がマークする可能性が高いかと思います。

このフィリーズレビューは上がり最速馬の勝率や複勝率が著しく高いレースですので、そのあたりのデータも心強いですよね。

お兄さんはNHKマイルで2着、ダービーでも3着に入ったブラックシェルで、キャリアでも馬券圏内を外したのは2走だけ、一番つけられた着差も0,5秒という安定感抜群の馬でした。

アンコールプリュもこれだけ終いが切れれば、馬券圏内に食い込んでくる確率はかなり高そうです。

 

買い目

3連複17通り
◎〜◯▲〜印

ワイド3通り
☆~◎◯▲

迷っているけどもし3連単を買うなら…

36通り
◯▲→◎→印(18通り)
◯▲→印→◎(18通り)

sponsor link


 

金鯱賞G2の予想

◎5サトノダイヤモンド
◯9スワーヴリチャード
△2メートルダール
△7デニムアンドルビー
△3ブレスジャーニー
△1ヤマカツエース
△4サトノノブレス

 

馬券は少しだけ買って、見て・応援して・楽しみたいと思います。

◎サトノダイヤモンドに関しては、状態面など色々と不安があるかもしれませんが、単純に能力は最上位。

おそらく国内のG2で、単勝が3倍つくのは今回くらいだと思います…。

あのキタサンブラックを力勝負で負かした馬、ここで簡単に負けて欲しくはないので、迷わず本命にします。

 

買い目

3連単5通り
◎→◯→△

2018-03-11 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【土曜メイン予想】中山牝馬ステークス2018

本日の重賞、中山牝馬ステークス2018の予想です。

久しぶりに雨が降り続いた気がしますが、今日からはあったかいって聞いていたのにめっちゃ寒いよ。

現地観戦予定なのですが、完全に薄着で出て来てしまいました…(;▽;)お日様もっと照ってー

仕方がないので気合いと応援を熱く、頑張ります!

sponsor link


 

中山牝馬ステークスG3の予想

◎1エテルナミノル
◯14カワキタエンカ
▲6フロンテアクイーン
☆5キンショーユキヒメ
△10レイホーロマンス
△4マキシマムドパリ
△2トーセンビクトリー
△8ゲッカコウ
△11ワンブレスアウェイ
△3バンゴール

 

◎エテルナミノル

本命はエテルナミノルにしました。前走の愛知杯では6番人気の低評価を覆しての重賞制覇。私も本命にしていたので大興奮でした。

その時も触れましたが、2走前、同じ中山でのG3ターコイズSが強い内容でした。

スタートで大きく出遅れ、4コーナーでは6頭分ぐらい大外を回る厳しい競馬になりましたが、それでも内を通った馬たちと同じ脚色で伸びてきての0,1秒差5着。

上位4頭より明らかにロスの多い競馬でこの差ですので、一番強い競馬をしたと言っても過言ではありません。

2着に入ったフロンテアクイーンは内を上手く立ち回った印象で(それができるのも武器ですね)、それでいて今回この人気差であれば、エテルナミノルから買いたいですよね。

中山実績が(0,0,0,3)なので評価を落としそうですが、直近のレースは先述のターコイズSで好走しており、その前となると一昨年のターコイズSまで遡ります。

もう1戦は3歳時のフラワーCで13番人気ながら5着と好走していますので、決して中山が苦手というわけではありません。

そしてもう1つ強調したいのが道悪適正で、4走前の準オープンの内容が秀逸でした。

泥んこ馬場で行われたあの菊花賞の翌週で馬場は重馬場発表。各馬が内を開けてレースが進む中、直線で外に出されると2着に5馬身差をつけての圧勝でした。

負かした馬も先日準オープンを勝ち上がったエアアンセムや、重賞でも2着に入ったことのある超良血馬ヴァナヘイムなど、オープンでも人気を背負いそうな強い相手でした。

1800~2000の距離は絶好で、直近この距離で走ったレースは、前走重賞制覇の愛知杯が2000m。先程触れた準オープンが1800m。

5走前のクイーンS(1800m)ではG1馬アドマイヤリードや、今回人気のマキシマムドパリに先着しての5着。6走前の垂水S(1800m)はあのシルバーステートと0,2秒差の2着いうことで、ずっと好走し続けています。

それでこの人気は美味しいですよね。ここは自信の軸でいきたいと思います。

 

◯カワキタエンカ

前走は10着と大敗、確実に評価を落とすと思いますが、全てが好転する今回は買い時だと思っています。

まずは距離、前走の1600mは(0,0,1,3)とやや短い印象で、1800mになると(2,2,0,0)と絶好。逃げ馬だけに、やはり中盤のペースがマイルよりかなり緩む点はプラスです。

しかも前走は秋華賞以来約4ヶ月の休み明け、馬のテンションも相当高かったようで、返し馬では向こう正面過ぎまで暴走してしまったようです。

さらに左トモの落鉄もあったようなので、ここまで悪条件が重なってしまってはなかなか競馬になりませんよね。

叩き2戦目での上積みも見込めますし、ジョッキーも君子蘭賞で高いパフォーマンスを見せた(2着のヤマカツグレースは次走G2で2着)池添Jとのコンビに戻ります。

逃げ馬も不在ですんなりと先手を奪えそうですし、コーナー4つのコースで息も入りやすいです。

また、今の中山は内1頭分だけは割ときれいな馬場があり、先週のレースでもそこを通った逃げ馬が人気より好走するシーンが目立ちました。

斤量は53キロは、ローズS2着、秋華賞5着の実績を考えると良いところにおさまりましたよね。前走オープンでの大敗のお陰かもしれません。

木曜からの雨で馬場もかなり悪そうですが、この馬は新馬戦を道悪で完勝し、2戦目の千両賞も重馬場でしたが、皐月賞馬アルアイン、道悪の鬼キョウヘイに次ぐ僅差3着と苦にしません。

ここは期待したいと思います。

 

買い目

単勝◎

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

3連複フォーメーション15通り
◎〜◯▲〜印

3連単30通り
◎◯→◎◯▲☆→トーセンビクトリーまでの7頭

2018-03-10 | Posted in Blog, 予想4 Comments » 

 

【日曜メイン予想】弥生賞2018

本日行われる弥生賞2018の予想を発表していきます。

 

ポカポカしてきてとってもいい感じの季節になってきましたね。

寒くておサボりしていた現地観戦、来週久々に見に行くことになったのでとても楽しみです♩

来週に向けて、今日は頑張っておきたいなと思います( ¨̮ )

sponsor link


 

弥生賞G2の予想

◎8ワグネリアン
◯3ジャンダルム
▲9ダノンプレミアム
☆10サンリヴァル
△1オブセッション

 

◎ワグネリアン

迷いに迷いましたが、本命はワグネリアンにしました。理由はとにかく、最後の切れ味です。

おそらくこの馬が上がり最速をマークするんだと思いますが、今回は10頭立てでペースもそこまで上がらず、最後の瞬発力勝負になってきそうです。

陣営のコメントからもこの馬は後ろから行く形になりそうですが、かといってこの頭数であれば前との差もそこまでなく、馬群は小さくなると見ています。

少頭数なので後ろからでもスムーズに加速できそうなのは大きいですよね。

そうなれば、力の要る中京で32秒6、重馬場の阪神で33秒0をマークしたこの馬の末脚が炸裂すると思っています。

枠の並びも良いなと思っていて、外の2頭はおそらく前に行く2頭。そうなるとこの馬が必然的に一番外を走る形になりそうです。

とはいえ少頭数なので距離ロスは無し。前のダノンプレミアムやサンリヴァル、内のオブセッションやジャンダルムを見ながら、ストレス無く追走して動きたいタイミングで仕掛けられそうなのは良いですよね。

去年は福永Jのカデナが差し切り勝ち、一昨年は友道調教師のマカヒキが差し切り勝ち、3年前は福永Jのサトノクラウンが差し切り勝ちと、近年の弥生賞の勝ち方を知っている強力コンビに期待したいと思います。

 

◎ジャンダルム

“堅実”という言葉がまさにピッタリなこの馬。

勝ち方もそこまで派手ではなく、戦ってきた相手関係からも評価がされにくいですが、メンバーや距離、コースが変わってもしっかりと好走できるまさに“堅実”な馬です。

武豊Jのコメントからもこの馬の能力を相当評価していると感じますし、馬券的に一番妙味があるのはこの馬ではないでしょうか。

中山の2000mはトリッキーなコースとよく言われますが、そうなるとコース経験が大事になってきますよね。

今回のメンバー中、中山2000mを経験してるのはジャンダルムとサンリヴァルの2頭だけ。ジャンダルムはG1のホープフルSで2着と、ハイレベルな中でも結果を出しています。

ちなみに上位1~3番人気の馬でコーナー4つのレースを経験しているのはワグネリアンだけ。

ダノンプレミアムとオブセッションはそのあたりも課題になってきそうなので、そこにジャンダルムの付け入る好きがあるんじゃないかと見ています。

その前走、ホープフルSは、17頭立ての15番枠という厳しい枠順から、道中もやはり外外を回る競馬になってしまいました。

更に3~4コーナーでは大外をまわしてまくっていくような形で、かなり距離ロスの多い競馬になりました。(とはいえ上位に食い込むには仕方のないロス)

それで最後もう1回脚を使えたわけですから、あのレースで最後脚が鈍って距離が長いのとは違う思います。

少頭数で距離ロスもほとんど無さそうですので、今回も期待できそうです。

 

買い目

3連単12通り
◎→◯▲☆→印(9)
印→◎→◯(3)

3連複2点
◯☆~◎▲

2018-03-04 | Posted in Blog, 予想Comments Closed 

 

【土曜メイン予想】オーシャンステークス2018

ここではオーシャンステークス2018の予想を発表します。

チューリップ賞の予想は昨日発表してますのでこちらから見てね。

 

そうそう、カーリング女子がブームとなってますが、わたし去年のGWに知床半島へ旅行へ行った際に、(そこで米つぶみたいなクマを見たのですが、それは置いといて)

あのカーリングの練習施設も行ってきました。

とはいえ人もいなくて、中に入ることはできなかったのですが、「ここでカーリング練習してるのかーすげー」って言いながら、施設の周りをぐるぐるしました。

近くで売ってるカーリンググッズが可愛かったのですが、色々迷って買わなかったのを思い出しました。ざんねん( -“- )

そんなわずかに縁のあるカーリングで銅メダルは、他人事とは思えません!!笑

これからも頑張っていって欲しいですね。

 

そしてわたしも的中目指して頑張ります!

オーシャンステークス、穴を開けそうなメンバーが揃って荒れそうな予感。

sponsor link


 

オーシャンステークスG3の予想

◎4ビップライブリー
◯1フミノムーン
▲3アルティマブラッド
△13ナックビーナス
△11スノードラゴン
△9ネロ
△10ダイメイフジ
△7キングハート
△15レーヌミノル
△16ロードクエスト

 

◎ビップライブリー

どんな馬場でもどこのコースでも、どのジョッキーとコンビを組んでも、きっちり好走する安定感抜群のこの馬。

1000万下条件戦&1600万下条件戦に合わせて11戦出走しており、馬券圏内を外したのはなんと昇級初戦の1回だけです。

3走前から重賞に上がってもその安定感は健在で、その実力の高さを端々に感じます。

3走前のスワンSでは、初めての古馬重賞にも関わらず勝ち馬のサングレーザーとは0,3秒差、3着馬のレッツゴードンキとはタイム差なしの4着でした。

サングレーザーはその後、G1マイルCSで3着、G2阪神Cで3着に入り、めきめきと力を付けている実力馬ですので、その馬にあれだけ食い下がれたビップライブリーは評価できると思います。

前走の阪神Cでは5着でしたが、直線で前が塞がる不利がありました。直線でしぶとく伸びてくるタイプなので、あの不利は致命的だったと思います。

不利が無ければ3着のサングレーザーと良い勝負になっていたはずで、勝ち馬イスラボニータがレコードを出したレースで馬券圏内もあり得たと思います。

0,1秒差の4着だったモズアスコットは先週の阪急杯で2着に好走。メンバーレベルを考えても、やはりこの馬が今回巻き返してくる確率はとても高いと思います。

初コンビの戸崎Jにも期待したいです。

 

買い目

3連複17通り
◎〜◯▲〜印

他の馬券考え中です。

2018-03-03 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【土曜メイン予想】チューリップ賞2018

まずはチューリップ賞2018の予想を発表します。

このチューリップ賞は今年からG2となり、弥生賞とともにクラシックに向けた最重要トライアルレースという色が、より濃くなりましたよねー。

どちらも前哨戦に相応しい好メンバーが揃いました♩大注目の土日になりそうです。

頭数は少ないですが、的中目指して頑張っていきたいと思います!

 

sponsor link


 

チューリップ賞G2

◎9リリーノーブル
◯5ラッキーライラック
▲3スカーレットカラー
☆10サラキア
△4マウレア
△8シグナライズ

 

◎リリーノーブル

この馬とラッキーライラックの2頭は、このメンバーの中で抜けていると思うのですが、この2頭同士の実力差はほとんど無いと思っています。

阪神JFでは直線でラッキーの目標にされてしまったこともあり、最後は苦しくなってしまいました。

それでも初めての重賞でメンバーレベルやペースも違う中、すぐに対応できた辺りにこの馬の能力と、伸びしろを改めて感じました。

しかも中1週という厳しいローテーションだった点も見逃せません。

10/28のデビュー戦から1ヶ月半で3戦も走ったため、馬体重は502キロ→498キロ→494キロと減り続けてしまいました。

それで0,1秒差であれば、しっかり態勢を整えた今回は十分逆転可能と見ています。

また、ルーラーシップ産駒は菊花賞馬キセキに代表されるように、成長曲線がやや遅めの印象です。

ダンビュライトも先日、4歳になってからのAJCCで初めて重賞を勝ちましたよね。

この馬も本当に強くなるのはまだ先だと思っていますので、2歳の早い時期から完成度の高かったラッキーライラックと比べて、ここ3ヶ月の成長度が上回っていることを期待しています。

前が止まりにくい今の阪神も、この馬には優位に働きそうです。

 

◯ラッキーライラック

結局は阪神JFの予想の◎と◯が入れ替わっただけです( ¨̮ )

この馬は中団より前目のポジションでスッと折り合える点と、そこから直線でも速い上がりを使える点がやはり強みですよね。

今回は初の1番人気になりそうなので、マークはより厳しくなるかと思いますが、とはいえこれだけの少頭数ですので崩れることは考えにくそうです。

阪神JFではやや出遅れ気味にスタートを出たものの、すぐにポジションを上げて道中は8番手を追走。(普通はここで掛かってしまってもおかしくないので、素晴らしい)

ラストは前にいたリリーノーブルを上がり最速の脚で差しきりました。

1番人気のロックディスタウンや、新潟2歳SとファンタジーSで2着のコーディエライト、アルテミスSで2着のサヤカチャンなど、前に行った実力馬が全滅のレースだったので、

その時唯一残ったリリーノーブルに今回は逆転のチャンスがあると見ていますが、それでもやはりラッキーライラックが強いことは変わらないですよね。

このレースの1番人気馬の成績は過去10年で(4,3,1,2)と抜群で、敗れた2頭はともに前走オープン勝ちから評価を上げて参戦した馬でした。

阪神JFを勝って臨んだ馬で馬券を外したのは過去11年でもたったの1頭と、傾向からもこの馬が崩れることは無いと思っています。

 

買い目

3連複1通り
◎◯▲

3連単12通り
◎→◯→印(4)
◯→◎▲(2)
☆→◎◯▲(6)

2018-03-02 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン予想】阪急杯2018

本日の重賞二つ目の予想、阪急杯2018を書いていきます。

中山記念の予想はすでに公開してますので、こちらから( ¨̮ )

今日は遅くなってしまいましたが、阪急杯の他にすみれステークスの予想も少し書きます。

 

sponsor link


 

阪急杯G3の予想

◎12ディバインコード
◯8ヒルノデイバロー
▲6レッドファルクス
☆17モズアスコット
△16アポロノシンザン
△4ペイシャフェリシタ
△7ムーンクレスト
△14モーニン
△15カラクレナイ
△13ダイアナヘイロー

 

◎ディバインコード

この条件なら、3着以内にはまず入ってくるだろうと思っています。

芝1400m戦では5戦して(2,1,2,0)と馬券圏内を外しておらず、うち4戦はオープンクラスのレースでした。G2の京王杯2歳Sでもしっかりと3着をキープしています。

キャリアで馬券圏内を外したのは府中マイルの2戦だけで、距離短縮と右回りコース(2,2,2,0)に替わるのは明らかにプラスです。

また圏内を外したとはいえ、その2戦もG1のNHKマイルと前走の東京新聞杯でレベルの高いレースでのものでした。

前走の東京新聞杯はリスグラシュー、サトノアレス、ダイワキャグニーが上位に入る中、0,3秒差の5着と大健闘。グレーターロンドンやアドマイヤリード、ダノンプラチナといったG1でも勝ち負けをしてきたような馬にも先着しました。

なかなか勝ちきれないところもあるのですが、メンバーが強くても確実に好走する馬で、それを可能にしているのはやはり番手でしっかりと折り合えるレースセンスだと思っています。

好位から直線でももう一度良い脚を使うことができるので、なかなか崩れにくいですよね。

開幕週の阪神内回りコースということもあり、過去のレースを見ても逃げ・先行馬の活躍が目立つレースです。過去10年で馬券に絡んだ30頭のうち、半数以上の17頭が、4コーナーを6番手以内につけていた馬でした。

今回のメンバーを見てもハナ争いはアポロノシンザンとニシノラッシュで多少速くなりそうですが、その後ろはダイアナヘイローとディバインコードあたりが楽に追走できそうなので、位置取りも絶好のところを取れそうです。

コース替わり、距離短縮、脚質、展開と全てが向きそうですので、この馬を本命で行きたいと思います。

 

◯ヒルノデイバロー

ディバインコードが今のところ6番人気、ヒルノデイバローが10番人気ということで、この2頭で決まればかなり良い思いができそうです( ¨̮ )

10番人気ではありますが、本命をこの馬にするか悩んだぐらい私の中では評価が高く、その上枠も8番と良いところを引きました。

1400mの距離は去年のこのレースで2着と、2走前のG2スワンSで2着、どちらも着差はアタマ差で、ハイレベルな中でも結果を残しています。

中山記念と同様、このレースもリピーターの多いレースで、ここ10年で見てもスズカフェニックス、ローレルゲレイロ、サンカルロ、マジンプロスパー、ミッキーアイルと、5頭も複数回馬券に絡んだ馬が出ています。

サンカルロに至っては4回も3着以内に入るというリピーターぶりでした。今年の出走馬の中で過去馬券に絡んだのはこの馬だけで、それで10番人気はとても魅力的ですよね。

10着に敗れた11月末の京阪杯以来、約3ヶ月振りのレースになりますが、この馬はこれぐらいの間隔を開けたときは3戦全てで連対しています。

その前走もスタートで隣の馬にぶつけられてしまい、さらに道中もずっと馬に囲まれる形になってしまってと、ストレスのかかる厳しい競馬になってしまいました。

2走前のスワンSはスタートをしっかり決めて、道中3番手を追走、直線では最後サングレーザーに差されてしまいましたが、3着以下には約2馬身差をつけました。

その時の鞍上四位Jに今回は戻りますし、本来は道中4~5番手を追走できる馬で、4コーナー6番手以内につけることも可能だと思いますので、今回穴を開けるのはこの馬だと期待してます。

 

買い目

3連複21通り
◎〜◯▲☆〜印

3連単40通り
◯▲☆→◎◯→ペイシャフェリシタまでの5頭
◯▲☆→ペイシャフェリシタまでの5頭→◎◯

ワイドBOX3通り
◎◯▲

 

番外編

阪神9Rすみれステークス

◎5ケイティクレバー

頭数が少ないのですが、他が人気を被ってくれているので意外と狙い目。この馬が突き抜けると思うので、頭から書います!

2018-02-25 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 44