Blog

【競馬予想】フェアリーステークス2019

今週末は3日間開催で重賞も3つ、まずは本日のフェアリーステークス2019の予想から行きたいと思います。

先週の金杯ではなんと東西制覇ができまして、今年はなんだか良いことありそう♩テンション高めに挑んだシンザン記念ではしっかり撃沈してしまいましたが、フェアリーステークスは気持ちも新たに頑張っていきたいと思います!

sponsor link

 

フェアリーステークスG3の予想

◎16アマーティ
◯3エフティイーリス
▲9プリミエラムール
☆1フィリアプーラ
△13グレイスアン
△2アゴベイ
△14レディードリー
△11アクアミラビリス
△4スカイシアター
△6レーヴドカナロア

 

◎アマーティ

軽度の骨折休養明けと、大外枠を引いたことでやや人気を落としている一頭。中山マイルは外枠不利と言われることが多いですが、馬場改修後はそれほど内外の差が無くなった印象です。有馬記念ウィークからここ2週間ほどの競馬を見ても、外枠の馬が人気薄でも平気で馬券に絡んできます。むしろそろそろ内が荒れてくる頃ですので、外枠の方が走りやすい馬場になってくる頃かと思います。

力のある馬にとっては、内で窮屈な走りを強いられるよりは外をゆったりと走らせた方が力を発揮できるのではないでしょうか。それでいてオッズが上がるわけですから、願ったり叶ったりですよね◎

アマーティはデビューから2戦がともに非常に優秀な内容。新馬戦は道中中団でしっかり折り合い、直線を向くと外から1頭だけ違う脚で前を差し切りました。上がりは33秒3。上がり2位が33秒7で、その他の15頭は34秒台でしたので、この馬の末脚が1頭際立っていました。17頭立ての多頭数を経験できたことも、今回の競馬に活きてくると思います。

ちなみに2着に負かしたノーブルスコアは次走で未勝利をアッサリと通過。その未勝利戦の3着馬はG2デイリー杯でもアドマイヤマーズと僅差の2着に好走したメイショウショウブでした。そのノーブルスコアを全く寄せ付けなかったのですから、やはりアマーティにも重賞級の力があると見て良さそうです。

それを証明したのが次走のサウジアラビアRCで、牡馬混合の重賞で馬券圏内を確保したのは価値が高いですよね。勝ったグランアレグリアは別格で、2着のドゴールの末脚には屈してしまったものの、他の馬には全く抜かされる気配がありませんでした。6着馬のトーラスジェミニが次走で百日草特別を制したように、決してレベルの低いメンバーではなかったと思いますので、この3着は素直に評価して良いと思っています。

ほとんどが1勝馬というメンバー構成にもかかわらず今のところ6番人気と魅力的なオッズですので、馬券的にも楽しみなレースです!

 

買い目

◎単勝

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

3連複21通り
◎~◯▲☆~印

2019-01-12 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【競馬予想】シンザン記念2019

やりました!!運試し金杯は両方とも的中✧しっかり大吉を引き当てたみたいです( ¨̮ )

単勝勝負だと乗っかりやすいのかもしれませんが、一緒に勝負して的中した方々もチラホラ…おめでとうございました!

中山金杯はウインブライトが思ったよりも後ろに位置していたので、頭は厳しいかもなとレース半ばにして諦めもあったのですが、そんな心配を吹き飛ばすほどの見事な末脚でした。

 

単勝 220円
単勝 840円

気持ちを切り替えて、シンザン記念2019の予想に移っていきたいと思います!

sponsor link

 

シンザン記念G3の予想

◎11シャドウエンペラー
◯9パッシングスルー
▲10ミッキーブリランテ

 

◎シャドウエンペラー

2走前のG3サウジアラビアRCでは、グランアレグリアに次ぐ2番人気の支持を集めた馬。私も▲評価にしていましたが、結果は5着。勝ったグランアレグリアには1秒離されてしまいましたが、2着のドゴールとは0,4秒差。3着のアマーティとは0,2秒差とそこまで離されていませんでした。このサウジアラビアRCは2歳重賞の中でもレベルが高いレースだったと思っているので、ここで2番人気の支持を集め、この着差で5着なら全く悲観することはありません。

前走は初の2000m戦でしたが、やや距離が長かった印象。マイルに戻り、ジョッキーもデビューから2戦でコンビを組んだ和田騎手に戻るのは魅力です。
新馬戦は重馬場の阪神で、普通なら逃げたマイネルが勝つような展開でしたが唯一34秒台の脚を使って差しきり勝ち。3着馬には5馬身もの差をつけました。
今の京都の馬場は高速馬場というよりはどちらかと言うと時計のかかる馬場になっていますので、この点もプラスに働くかと思います。

ここ2戦の敗戦で、今のところ9番人気とかなり評価を下げていますので、昨日の◎ウインブライトど同様、個々が狙い目と見て本命で行きたいと思います。

 

買い目

◎単勝・複勝

3連複19通り
◎~◯▲~総流し

2019-01-06 | Posted in Blog, 予想3 Comments » 

 

【競馬予想】中山金杯・京都金杯2019

明けましておめでとうございます!今年も1年、みなさまが良い年でありますよーに♩

さて、今年の競馬も金杯からスタートです!運勢を占うためにも…今回は1頭ずつチョイスし単勝で行ってみようかなと思っています。どっちも当たれば大吉、片方なら吉、両方ハズレなら…凶?

三択?うーんまぁいっか笑 それでは行きましょう!中山金杯・京都金杯2019の予想に移ります。

sponsor link

 

中山金杯G3の予想

◎11ウインブライト

やっと得意の条件で競馬ができて、更に近走の負け続きで人気が落ちている狙い目の馬。一昨年はスプリングS(1着)、皐月賞(8着)、そして福島記念(1着)で本命に。去年も中山金杯(2着)→中山記念(1着)と何度も本命にしてきましたが、度々人気より好走してくれる大好きな馬です。

この馬が好走できる条件はやはり小回りの中距離コースで、できれば瞬発力勝負よりは少し時計のかかる馬場の方が良い馬。まさに中山のコースと馬場がぴったりで、通算戦績も(3,2,0,1)とほぼパーフェクト。着外の1戦は8枠17番という最悪の枠を引いてしまったG1の皐月賞だけですので、普通の枠を引けば必ず好走してくれます。

重賞勝ち馬が8頭もいるなかなかハイレベルなメンバーの中、単独のトップハンデ58キロを背負うことになりますが、ここ1年で古馬のG2以上のレースを勝っているのがこの馬だけということを考えるとかのハンデも納得です。

前走のG1マイルCSでも、マイル戦、京都外回りと適性とは全く逆条件でのレースでしたが、それでも勝ったステルヴィオとは21/2馬身差の小差でした。あの条件で、しかもG1であれだけの競馬ができるようであれば、条件が揃った今回、G3であれば好走は必至です。

ハンデが示す通りここでは実績も含めて力が一枚上手かと思いますので、ここは本命で行きたいと思います。

今週は東西の金杯で本命馬の単勝を買って応援したいと思います!

 

買い目

単勝 ◎

 

京都金杯G3の予想

◎12パクスアメリカーナ

単勝2倍台の後半でも馬券妙味があるとさえ思える馬。

G3のアーリントンCで本命にし、G1NHKマイルでも対抗評価にしたように、マイル路線ではかなり期待をしていた馬。スパッと切れるというよりはジワ~っと伸びるタイプなので、内で包まれてしまうよりは、外目の枠と広いコースで動きたいタイミングで追い出せる方が能力を発揮できる馬だと思っています。そうなるとこの12番という枠と京都外回りコースは絶好ですよね。

前走は7ヶ月ぶりのレースで、仕上がりを見てもまだ一度叩いてからなのかなといった感じでした。しかも最内枠ということで、なかなか難しい競馬になるかとも思いましたが、直線を向いてからの走りが圧巻の一言。

やはり内枠が仇となって前が開かずに、追い出しを始められたのは残り200m付近から。そこからは肩ムチだけで加速して、たった1ハロンで後続を4馬身もちぎってしまいました。結局1度もしっかりとムチを入れられることなく圧勝というパフォーマンスで、オープン特別ではちょっと力が違うなといった印象でした。

デビューからずっと川田騎手が乗り続けている点もおそらくこの馬の能力を高く評価してのものだと思いますので、ここは前走に引き続きの圧勝に期待したいと思います。

 

買い目

単勝 ◎

2019-01-05 | Posted in Blog, 予想8 Comments » 

 

【競馬予想】ホープフルステークス2018

 

本日で仕事納めの方も、そうでない方も、みなさまおはようございます!

なんだか平日に中央競馬というのは、大雪での振替開催の時を思い出しますが、今年最後の重賞ホープフルステークス2018の予想を公開していきたいと思います。

有馬は良いところに目をつけていたのですが、肝心の勝ち馬を軽視してしまったので完敗でした。

ただし土曜開催の阪神カップで的中できたので、調子はまずまず。キャリーオーバーしているWIN5も注目したいところですが、大掃除の合間にちょこっとやりたいところですね。

今年最後の運試し、頑張っていきましょう!

sponsor link

 

ホープフルステークスG1の予想

◎11ヴァンドギャルド
◯2ブレイキングドーン
▲5サートゥルナーリア
☆7ミッキーブラック
△1ニシノデイジー

 

◎ヴァンドギャルド

今回の出走馬中唯一のディープ産駒。このレースは3年前のハートレー、4年前のシャイニングレイと、ディープ産駒が勝ちきっているレースです。前走の東スポ杯はニシノデイジーとタイム差なしの3着。最後はニシノデイジーに差し返されてしまいましたが、残り200mでは先頭に立ち、そのまま重賞制覇かといった見せ場もありました。

ニシノデイジーとは4コーナーでの位置取りも、上がり3ハロンも同タイム。ニシノデイジーは直線で内をつけた点が良かったですし、なかなか前が空かずに追い出しが一歩遅れたことが、逆に最後に差し返す伸びに繋がりました。

ニシノデイジーがジワーっと良い脚を使い続けられるタイプだとすれば、前走を見る限りこの馬が使える脚はわりと短い印象。つまり、府中の残り200mで先頭に立ったように、直線の短い中山では丁度先頭に立ったあたりがゴールになるようなイメージでしょうか。

新馬戦、そして前走と、ともに馬群を割って抜け出す競馬を経験している点は、直線がさほど広くない中山ではプラスに働くと見ています。少頭数で直線が長く、広いコースしか経験していないサートゥルナーリアに付け入る隙があるとしたらそのあたりでしょうか。

また、中山芝2000mでの厩舎と騎手の強さも魅力です。過去5年間での藤原厩舎の中山芝2000m戦での勝率はなんと30%超え。今回出走馬がいるトレーナーでこの次に勝率が高いのは20%の河内厩舎ですが、使った数は5戦のみ(1勝)。10戦以上を使っている厩舎でその次に勝率が高いのは17%の堀厩舎です。藤原厩舎の数字がいかに抜けているかがわかりますよね。リーディングトレーナー争いでもトップを走る藤原厩舎の厩舎力に期待です。

また、厩舎だけでなくジョッキーもこのコースを得意としています。CデムーロJは過去5年、この中山芝2000mでの勝率が27%。ルメール騎手の38%は群を抜いていますが、今回騎乗する騎手の中では2番目に高い勝率です。ちなみにお兄さんのMデムーロJは13%台ですので、相性の良さでは弟の方に軍配があがります。

中山のコースはトリッキーでクセのあるコースですので、その舞台でのジョッキー・トレーナーのこの成績の良さは、プラス材料と捉えて良いのではないでしょうか。

 

買い目

3連複5通り
◎~◯▲~印

3連単BOX6通り
◎◯▲

 

本年はたくさんの方から温かい言葉をかけていただき、大変励まされた年になりました。本当にどうもありがとうございました( ¨̮ )

来年も素敵な一年が送れるよう大切に過ごしていきたいと思いますので、来年も変わらず、みなさまどうぞよろしくお願いいたします!

2018-12-28 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【競馬予想】有馬記念2018・買い目

有馬記念2018当日になりました!とってもワクワクしますねー( ¨̮ )

昨日は難解な阪神カップを馬連で的中!なかなかの高配当でとっても嬉しかったです!土曜日に的中すると日曜に向けて気分が良いので、有馬もあって今日は余計楽しみです!

馬連 2-3 10,160円♩

 

今回はせっかく予想動画も公開したので、馬券が当たるように買い目も吟味。…とは言えいつも通り?!ぜひ皆さんも一緒にお祈りください(><)

また動画やSNS、ブログにたくさんのコメントをいただき本当に感謝の気持ちでいっぱいです。泣けちゃいます(ノД`)これからも皆さんと一緒に競馬を楽しんでいきたいと心から思っておりますので、変わらずのお付き合いをどうぞよろしくお願いします!

それでは予想に移りましょう^^

sponsor link

 

有馬記念G1の予想

◎2クリンチャー
◯15シュヴァルグラン
▲12レイデオロ
☆11ミッキーロケット
△4マカヒキ
△14キセキ
△5パフォーマプロミス
△3モズカッチャン
△16サクラアンプルール

 

予想動画では、◎クリンチャーと◯シュヴァルグランの理由を言っています。ぜひこちらからご覧くださいませ。

 

買い目

3連複
◎◯~◎◯▲~印 19通り

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

2018-12-23 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【競馬予想】阪神カップ2018

今日は阪神カップ2018の予想を書いていきたいと思います。

昨日の夜ですが、久しぶりに有馬記念の予想動画をアップいたしましたので、ぜひ見てみてくださいね。

もうすぐクリスマスですが、今日か明日の的中で、ぜひサンタさんお願いします!

sponsor link

阪神カップG2の予想

◎11レッドファルクス
◯3ダイアナヘイロー
▲2ミスターメロディ
☆13ケイアイノーテック
△ラインスピリット
△15ジュールポレール
△14ワントゥワン
△10サトノアレス
△16ベステンダンク
△6ムーンクエイク

◎レッドファルクス

今回の阪神カップがラストランの馬。去年もイスラボニータがラストランでこのレースを制しました。

1400m戦にしては珍しく逃げ馬が不在で、先行馬も5頭ぐらいしかいないメンバー構成。展開的には◯ダイアナヘイローや▲ミスターメロディのように前に行く馬に有利になると予想していますが、レッドファルクスの場合はこの中では力が一枚上と見て本命にしています。

ここ3戦の着順が8着→9着→10着と悪く、7歳という年齢からももう終わってしまったのかもしれないと捉えられがちですが、それぞれの敗因は明確です。明確な上にそれが3戦ともハイレベルなG1となれば、この着順は無視してもいいと思っています。

3走前の高松宮記念は4コーナーで中団より前にいた馬か、内を上手くついてワープした馬しか上位に来れない展開と馬場でした。そんな中この馬は後方2番手から伸びてきたものの、途中で完全に前が壁になってしまって進路を外に切り替えるロス。そこからもう一度脚を伸ばしてきましたが、勝ったファインニードルと2¼馬身差まで詰め寄るのがやっとでした。上がりはメンバー中最速で完全に脚を余したレースになってしまいました。

2走前の安田記念は(0,0,1,3)と成績の悪いマイルの距離が敗因ですよね。
前走のスプリンターズSは4コーナーで故障した馬の影響をもろに受けてしまい、かなり外を回すロスがありました。直線の短い中山であのロスは致命的ですよね。

これだけ敗因が明確で、且つ舞台がG1であれば、この近3走は度外視で良いと思います。

枠も丁度良く外目の11番。このレースは過去10年で馬券に絡んだ30頭中、19頭が10番より外の枠で、内枠の馬は近年ほぼ先行馬しか来ないというレース。外外を回らされることもなく、且つ内から外に持ち出す必要のないこの枠はまさに絶好枠です。

そこに鞍上が名手ボウマンJになるわけですので、ここはラストランを飾ってくれると期待しています。

◯ダイアナヘイロー

内枠の先行馬で、無理なく先手を奪えそうなメンバー構成。阪神1400mは今年のG3阪急杯を逃げ切ったレースで、その時の2着は安田記念を勝ったモズアスコットでした。

この阪神カップは重賞の中でも超がつくほどのリピーターレースで、阪神1400mというコース自体にもその傾向が強いです。

今年の阪神1400mの重賞を勝っていて、内枠の先行馬で、展開も向きそうなメンバー構成となれば、ここは一発があってもおかしくないと思います。

人気も今のところ12番人気と全くありませんので、超高配当に期待して対抗で行きたいと思います。

買い目

3連複21通り
◎~◯▲☆~印

馬連流し
◯~印9頭

2018-12-22 | Posted in Blog, 予想2 Comments » 

 

【競馬予想】朝日杯フューチュリティステークス2018


今日は朝日杯フューチュリティステークス2018です。

雨が降る前にレースは行えますかね。雨が降ったらジョッキーのみなさんが寒くて大変そうなので、せめて冬の寒さだけにしてあげてほしいものです。

昨日はダメだったので、今日は当てたい!今年も残り少ないですが、頑張って予想していきましょう( ¨̮ )

sponsor link


 

朝日杯フューチュリティステークスG1の予想

◎2グランアレグリア
◯4ドゴール
▲5マイネルサーパス
☆15エメラルファイト
※1クリノガウディ
△6アドマイヤマーズ
△8ディープダイバー
△14ファンタジスト

 

グランアレグリアが頭で来るのはしょうがないかと思いますので、相手でいかに穴っぽいところをチョイスするかといった馬券になるかと思います。

◯ドゴールが(今のところ)7番人気、▲マイネルサーパスが5番人気、☆エメラルファイトが8番人気、※クリノガウディが10番人気。2番手以下はそこまで差がないと思っていますので、このあたりの馬ができれば2頭馬券に絡んできてくれるとグランアレグリアが本命でも馬券妙味はありそうです。

今更グランアレグリアの本命理由を書くのもどうかと思いますので、人気薄の馬たちの理由を少しずつ書きますね。

 

◯ドゴールは津村Jというのが魅力。ここ最近は度々人気薄の馬を上位に持ってきています。特に先々週はもう津村Jを買えば高配当に繋がる!といったぐらい乗れていました。

前走のサウジアラビアRCは開幕週で前が有利な府中で最後方から追い込んでの2着。勝ったグランアレグリアには離されましたが、上がり3ハロンはグランアレグリアを0,3秒も上回る唯一の33秒台をマーク。グランアレグリアが最後流していたことはもちろん考慮しなくてはいけませんが、それでもこの2着は評価できると思います。

デビューから2戦連続で上がり最速をマークしているように終いは確実に良い脚を使うことができますし、枠も4番という絶好のところを引きました。去年のダノンプレミアムとステルヴィオと同じように、結局はサウジアラビアRCの1、2着がそのまま今回も、のパターンに期待しています。

▲マイネルサーパスは前走着差こそハナ差でしたが、後方から一気に前を飲み込むときの勢いは素晴らしいものがありました。先頭に立つと気を抜いてしまうところがあるので、最後まで前にグランアレグリアがいるであろう展開もプラスです。前走で負かしたダノンチェイサーも次走でこうやまき賞を完勝。2、3着は十分にあると思いますし、もしグランアレグリアを射程圏に捕らえられればもしかしたら…といったこともあるかもしれません。

☆エメラルファイトは今回ビュイックJに乗り替わるのがとにかく魅力。2走前の札幌2歳Sは勝ったニシノデイジーとは1¾馬身差の4着に好走。ニシノデイジーは次走で東スポ杯を、3着のクラージュゲリエは京都2歳Sを勝つなどレベルの高いレースでした。前走のアイビーS(3着)も勝ったのは先週の阪神JFで2着のクロノジェネシスでしたので、戦ってきた相手とビュイックJとの乗り替わりで人気以上の魅力があると思っています。

 

買い目

3連単
◎→◯▲☆→印 18通り
◎→△→◯▲☆ 12通り

馬連BOX
◯▲☆ 3通り

ワイドBOX
◯☆※ 3通り

2018-12-16 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【競馬予想】ターコイズステークス2018

今週はターコイズステークス2018の予想から書いていきます( ¨̮ )

sponsor link


 

ターコイズステークスG3の予想

◎11ディメンシオン
◯13フロンテアクイーン
▲15カワキタエンカ
☆14カイザーバル

 

◎ディメンシオン

このレースが重賞になってから3回レースが行われましたが、53キロ以下の軽斤量馬が5頭も馬券に絡んでいます。オープン特別で行われていた頃まで遡ってもこの傾向は一緒で、過去10年で見ても馬券に絡んだ30頭のうちなんと18頭が斤量53キロ以下の馬でした。

今回の出走16頭のうち53キロ以下は6頭だけ。人気はやはり実績馬=54キロ以上の馬がこれまでも背負ってきましたし、今回も予想オッズの6番人気までは54キロ以上を背負う馬になっています。であれば、やはり人気薄の軽斤量馬から入ってみたいところですよね。

というわけで、本命は斤量53キロのディメンシオンにしました。予想オッズでは7番人気(約25倍)となっていますが、さすがにこれはないかもしれません。もう少し人気すると思っています。

前走で準オープンを勝ち上がったばかりですが、この内容もメンバーもなかなかのものでした。重賞やオープンで勝ったこともあるヴゼットジョリーやブラックスビーチを差し置いて、単勝は1,9倍の断然1番人気に。直線で追い出されるとムチ3発で他馬とは全く違う脚色で先頭に立つと、最後は流すほどの余裕で約2馬身差をつけました。

この日の京都は時計のかかる馬場で、上がり最速のこの馬でもラスト3ハロンは35秒1。3走前と6走前に重馬場で快勝しているように、時計のかかる馬場でも苦にしないのはこの馬の強みです。中山は京都や府中に比べるとパワーも要求される馬場。単純な切れ味勝負にならなそうなのも良いですよね。

マイルは3戦3勝。福永Jとのコンビは(3,2,0,1)と絶好ですので、軽斤量を活かして好走してくれると見ています。メンバーと斤量を見るとどの馬が来てもおかしくないレースだと思いますので、軸を絞って広めに流していきたいです。

 

◯フロンテアクイーン

なかなか勝ち切れないものの、必ず好走する馬。前走のエリザベス女王杯は7着と8戦ぶりに崩れてしまいましたが、(0,0,1,4)と不得意な2000m以上のレースでしかもハイレベルなG1でしたので、度外視で良いと思っています。

なんと言っても2走前のG2府中牝馬Sでディアドラ、リスグラシューと0,1秒差の3着に好走したのは価値が高いですよね。近走の成績を考えると明らかに力は最上位ですが、重賞を勝っていないこともありトップハンデでもなければ、3歳馬のプリモシーンと同斤量。ここは間違いなく好走してくれるのではないでしょうか。

 

▲カワキタエンカ

このレースは過去10年で、逃げた馬の成績が(2,1,1,6)と半分近くが馬券に絡んでいるマイルとしては珍しいレース。しかもその4頭のうち3頭は6番人気以下の人気薄でした。人気薄でも残れるというのは、やはり残りやすい馬場やレース展開になると捉えて良さそうです。今回はメンバー的にも逃げ馬がカワキタエンカぐらいで、先行馬も少なくペースはかなり落ち着きそう。

前走は初めてのダート戦で度外視でき、2走前の府中牝馬Sは前半1000mが58秒2というハイペースでの大逃げに。それでも直線の長い府中でディアドラと0,5秒差の6着に踏ん張ったのは、改めてこの馬の力を感じさせる結果でした。

マイルは(0,0,1,4)とやや短い印象ですが、このメンバー構成であれば1800m戦に近いぐらいのペースになる可能性もありますので、中山牝馬Sを逃げ切ったこの馬の先行力に期待しています。

 

買い目

3連複23通り
◎~◯▲~9.10.12.5.7.2.1.6.4.3

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

2018-12-14 | Posted in Blog, 予想2 Comments » 

 

【競馬予想】阪神ジュベナイルF&カペラS2018

本日はいよいよ2歳牝馬G1阪神ジュベナイルフィリーズ、そしてダートスプリント重賞カペラステークスを予想していきます。

天気は良さそうですが、グッと冷え込んできました。

今日は久しぶりに競馬の仕事が入っており、これから競馬場へ行くので、服装だけは間違えないようにしないと・・・。

皆さんも気をつけてくださいね。

sponsor link


 

カペラステークスG3の予想

◎4キングズガード
◯1キタサンミカヅキ
▲8ハットラブ
☆6オールドベイリー
△13オウケンビリーヴ
△3ヴェンジェンス
△2コパノキッキング
△7ダノングッド
△11サイタスリーレッド
△15ウインムート

 

◎キングズガード

芝スタートの中山1200mは、芝で勢いがつきペースが早くなる傾向があります。今回のメンバーも先手を奪いたい馬が揃い、さらに先行争いは激しくなりそう。そうなると差しが自然と届く展開になるのではないでしょうか。

そこで一番有力なのはキングズガードではないでしょうか。

ここ2走、1200mでの末脚は確実で、目を見張るものがあります。前走のJBCスプリントではうまく馬群を捌けずも、メンバー最速の上がりラップでした。後ろからという脚質での不利は今回も不安要素ではありますが、鞍上が内田Jへ乗り替わる点は個人的にプラスだと感じています。

直近の馬柱の戦績では目立たなくなってしまいそうですが、初めて重賞に参戦してくる上がり馬が多く揃うメンバーとは対照的に、明らかに戦ってきた相手が違うベテラン馬。G1戦の強豪たちに揉まれてきた経験を、ここで見せつけて欲しいです!

 

買い目

3連複15通り
◎〜◯▲〜印

他検討中〜

sponsor link


 

阪神ジュベナイルフィリーズG1の予想

◎9クロノジェネシス
◯11ビーチサンバ
▲7ウインゼノビア
☆13ダノンファンダジー
△5メイショウショウブ
△1ベルスール
△4シェーングランツ
△2ジョディー
△12レッドアネモス
△15ローゼンクリーガー

 

◎クロノジェネシス

新馬戦→オープンと2連勝での参戦。この2走がどちらも強い競馬での完勝でした。

新馬戦はレースのラスト3ハロンが12秒2ー11秒5ー11秒1という加速ラップをあっさり指し切り勝ち。この馬自身の上がりは34秒5(稍重)で、2位が35秒1、3位が35秒8と、1頭だけ次元の違う脚だったという競馬でした。

2戦目はオープンのアイビーSに参戦。ここでもレースのラスト3ハロンが33秒4という速い上がりを、なんと32秒5というとんでもない脚で差し切り勝ち。しかもこの馬がちゃんと追われたのはラスト400m~100mの間だけで、ムチも3発のみ。最後は流す余裕でのこの上がりは驚異的でした。

負かした馬も2着馬が次走で黄菊賞を勝利。3着馬は結果的にハイレベルなメンバーだった夏の札幌2歳Sを4着に好走した馬。4着馬も次走で百日草特別を勝利と、決して弱いメンバーという訳ではありませんでした。

不安要素はまだ1800戦の緩いペースしか経験していない点ですが、この馬自身は初戦も2戦目も道中は4番手を追走していて前目のポジションなつけることができていた馬です。それよりは多少ポジションは後ろからになるかとは思いますが、追走に手こずるといったことは無いように思います。

お父さんはバゴで、産駒はオウケンサクラが桜花賞2着、クリスマスが阪神JFで4着など、このコースで若いうちから実績のある種牡馬。母父はクロフネでもちろん距離短縮はプラスですので、ここは意外とマイルの方が能力を発揮できる可能性すらあると見ています。

 

買い目

3連複
◎~◯▲☆~印 21通り

3連単なら・・・

3連単フォーメーション
◎→◯▲→印 16通り
◎→☆△→◯▲ 14通り

2018-12-09 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 53