Blog

【土曜メイン競馬予想】福島牝馬ステークス2018

今週はG1がお休みですが、土日で3つ重賞があります。まずは福島牝馬ステークス2018からです。

 

そういえば皐月賞は結局とても天気が良くなって、もう少し我慢して待ってたら良かったな〜と後悔。(早朝の暴風雨で諦めてしまいました)

でも予想は空振りだったので・・・ちょうどお家でふて寝できました(;▽;)

 

やっぱり土曜!さぁ土曜!

福島牝馬頑張りましょうー( ¨̮ )

sponsor link


福島牝馬ステークスG3の予想

◎5トーセンビクトリー
◯11ワンブレスアウェイ
▲6ゲッカコウ
☆4カンキタエンカ
△3レイホーロマンス
△7キンショーユキヒメ
△9ブラックオニキス
△12デンコウアンジュ

 

◎トーセンビクトリー

“コーナー4つで直線が短い小回り1800mの牝馬限定G3”という条件がピッタリ重なることもあり、前走で中山牝馬Sを走っていた馬の成績が良いレース。

過去10年馬券に絡んだ30頭のうち、実に20頭が、1ヶ月前の中山牝馬Sを走った馬でした。つまり、馬券圏内の3頭中2頭は中山牝馬S組ということになりますよね。

しかもその一戦を“勝たなかった馬”がここで挽回するケースが多く、20頭のうち中山牝馬Sを勝っていた馬はマイネイサベル1頭だけでした。

中山牝馬Sはハンデ戦でこのレースは別定戦ですので、中山牝馬Sではハンデがきつくて勝てなかった馬がこの別定戦で巻き返す、というパターンが多いです。

トーセンビクトリーはまさにその条件に当てはまる馬。前走はトップハンデの56キロでしたが、今回は54キロと斤量が2キロ軽くなります。

その中山牝馬Sは、道中ロスなく運んで直線で追い出されるも、ジワジワとしか伸びずに4着でした。

対抗にしていたカワキタエンカの理由にも書いてますが、この時の中山の芝は基本的には内がかなり痛んでたものの、内ラチ沿いの1頭分だけは、まだ割とキレイで伸びる馬場でした。

カワキタエンカはそこを通ることができて、3着のレイホーロマンスはもっとキレイな大外を伸びてきました。

この馬はというと、馬場の一番悪い内から2~4頭目ぐらいのところを走る形になってしまいました。田辺Jも外へ持ち出そうとはしたものの、なかなか進路がなく仕方なく内をついたような形でしたよね。

それでも3着レイホーロマンスとはタイム差なしの4着ですから、これはかなり立派でした。斤量もですが、このコース取りが一番大きかったように思います。

ちなみに勝ったカワキタエンカは53キロ、3着レイホーロマンスは52キロでしたので、今回はそれぞれ3キロ、4キロの差が埋まることになります。

ちなみに中山牝馬Sで1桁着順の馬はこの馬以外54キロ以下、同じ56キロを背負って人気していたマキシマムドパリやエテルナミノルが10着以下に敗れたことを考えると、この斤量で唯一好走した馬になります。

一昨年の中山牝馬Sを制していますし、札幌のクイーンSもアエロリットの2着に好走しています。

今年のAJCCも牡馬相手に掲示板を確保したように、小回りの中距離戦は得意としていますので、初の福島でも好走してくれるとみています。

 

◯ワンブレスアウェイ

ここ4戦、1度も掲示板に載れずおそらく評価をかなり下げて臨む一戦。ただ、この4戦は全て重賞の舞台で、しかもうち3戦はスタートで出遅れてしまってと不運な競馬が続きました。

それでも今回と同じ津村Jとコンビを組んだ2走前の愛知杯ではスタートもバッチリ決め、0,5秒差の6着に好走。

前走も11着と着順こそ悪かったものの、3着のレイホーロマンスとは1馬身半差でした。出遅れたことを考えると評価できますよね。

ちなみに3走前も出遅れていますが、それでも勝ったミスパンテールとは1馬身半差でした。

今回も出遅れる可能性はもちろんありますが、ここ4戦で唯一スタートを決めている津村Jとのコンビに期待したいと思います。

ちなみに津村Jは先週も福島に参戦して5勝と絶好調、しかもうち4勝は芝コースでのレースでした。土曜日もその好調を維持してくれると期待しましょう。

このレースは外枠の成績があまり良くないというのも人気を下げる要因になりそうですが、ここ10年は全て15頭以上の多頭数でした。

今回は12頭と少なく、しかもこの馬の周りは控える馬か前に行ききる馬しかいませんので、スタートさえ決まれば好位の外目という絶好のポジションをキープできそうです。

5走前の準オープンを完勝した時と同じ福島の1800mで、この馬の復活があると期待しています。

 

買い目

ワイド・馬連
◎◯

3連複3通り
◎~◯▲☆

3連単36通り
◎→◯▲☆→印
◯▲☆→◎→印

2018-04-20 | Posted in BlogNo Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】皐月賞&アンタレスS

天気が…(((( °_° ))))

皐月賞が行われる中山競馬場近くは、強風がすごいです。

阪神はまだ雨が降ったり止んだりですし、今日は波乱の1日になりそうですね。

 

昨日はまた土曜ですが、アーリントンカップで3連単を的中でしました!(ちょっとずれて取りきれなかったですが、とりあえず良しとします)

プラス分で、今日の皐月賞は色々買いたいと思いますᕦ(ò_óˇ)ᕤ“

 

あまりに暴風だったため、現地観戦を断念してしまいましたが、行かれているみなさんは転ばないように気をつけてくださいね〜

sponsor link


 

アンタレスステークスG3の予想

◎5トップディーヴォ
◯1グレイトパール
▲9コスモカナディアン
☆8アルタイル
※3ディアデルレイ
△13クインズサターン
△12ユラノト
×2.15.7

 

◎トップディーヴォ

雨がどのくらい馬場に残っているか分からなかったので、予想がなかなか決まりませんでしたが、午前中のレースを見る限り午後も重馬場は変わらなそうですね。

脚抜きのいい馬場に加えて、メンバーは前に行く馬が少ないので、ペースも味方して前は止まらない展開になりそうです。

そうなると向くのがトップディーヴォ。

重馬場は(4,2,0,0)と一度も連を外したことがないほど得意としています。

重馬場だった1600万条件下の北山ステークスでは、あのテイエムジンソクを負かしての勝利。条件が揃った時の能力は、間違いなく重賞級です。

北山ステークスもそうですが、オープン勝ちしたBSN賞も重馬場で、どちらも1枠1番から発走でした。

スピードがあるのでスッと好位を取れますが、さらに内目の枠といいうのも距離のロスなくプラスに向くと思います。

人気馬が1枠で、脚質も後方からということを踏まえると、荒れるレースも十分考えられそうです。

できれば人気薄の馬が紛れることを期待して、広めに3連複を買って行きたいと思います。

 

買い目

3連複21通り
◎〜◯▲☆〜印

馬連box10通り
◎◯▲☆※

sponsor link


 

皐月賞G1の予想

◎15ステルヴィオ
◯12グレイル
▲7エポカドーロ
☆2ワグネリアン
※3ジャンダルム
△14サンリヴァル
△1タイムフライヤー
△5キタノコマンドール

 

◎ステルヴィオ

昨日のレースではとにかく外が伸びる馬場になっていました。

9Rの山藤賞では、前半1000mが61秒5と、良馬場にしてはむしろ遅いぐらいなペースでした。

しかし直線では人気薄の2頭が外から追い込んで2、3着。(勝ったフィエールマンも外から差してきましたが、この馬は能力が違いすぎたので馬場がどうこうではないですね。)

8Rも8番人気馬が外から差して勝利。6Rも外差しが決まりました。

昨日の時点でこの馬場ですので、雨が降って内が荒れればその傾向はもっと強まりそうです。

そうなるとやはり狙いたいのは差し馬や道悪巧者ですよね。

ステルヴィオはデビューから5戦、すべて上がり3ハロンは2位以内の脚を使って連対を確保。

2着に負けた2戦は勝ち馬がダノンプレミアムですから、これは相手が強かったと言うしかありません。

特に強調したいのは前走スプリングSでのレースぶりで、道中は中団を追走、直線を向いたときは既に先頭集団を射程圏に捕らえた位置取りでした。

それまでは道中のポジションも直線を向いたときのポジションも10番手以下で、上がりは速いもののさすがに届かないといった競馬でした。

ある程度中団あたりのポジションにつけて、そこからいつも通り上がり最速の脚を使えたことが、この皐月賞で効いてくると思っています。

直線での反応も1頭だけずば抜けて素晴らしく、中山の直線であれだけ瞬時に反応できたことは心強い要素です。

叩き2戦目で上積みも見込めますし、今週の馬場とこの馬の脚質を考えると15番は絶好枠だと思いますので、ここは自信をもって本命で行きたいと思います。

 

◯グレイル

昨日まではジャンダルムが対抗でしたが、千葉は一晩中台風のような雨と風でした。

内枠はかなり厳しくなりそうですし、武豊Jも池江調教師も良馬場が良いとコメントしてましたよね。

馬場が悪くなればなるほど、グレイルに魅力を感じます。

新馬戦は超道悪だった菊花賞当日のレースで、差はクビ差でしたが着差以上に余裕のある勝ち方でした。

2着馬はその後ダート戦を圧勝するぐらいの馬で、力の要る馬場が得意な馬だったと言えます。

3着馬も未勝利→500万を連勝中ということを考えると、道悪でのパフォーマンスは高かったと判断して良さそうです。

2戦目のG3京都2歳Sも、良馬場でしたがとにかく天候に恵まれなかった秋の京都開催最終週の馬場でしたので、力の要る馬場だったことは間違いないと思います。

そこで後のG1馬タイムフライヤーを差し切っての快勝。

タイムフライヤーは直線でスムーズに手前を変えて一度は完全に抜け出しました。

それに対して、グレイルはコーナーからずっと右手前のままで直線でもうひと伸びして差し切ってしまいました。

未勝利戦も京都2歳Sも上がりは最速で、それぞれ36秒1と34秒0。

この時計からも、上がりのかかる馬場が向きそうなのは明らかです。

共同通信杯はこの馬も33秒9の脚を使ってはいましたが、とにかく内が伸びる馬場で先行が明らかに有利でした。

直線の瞬発力勝負は分が悪いので、ここは度外視で良いと思います。

枠も12番という外目の絶好枠。外伸び馬場、右回り、道悪、叩き2戦目と、今回はあらゆる条件が好転しますので、巻き返しがあると見ています。

 

買い目

ワイド1通り
◎◯

3連複15通り
◎~◯▲☆~印

馬連7通り
◎~◯▲☆※
◯~▲☆※

3連単36通り
◎→◯▲☆→印
◯▲☆→◎→印

2018-04-15 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【土曜メイン競馬予想】アーリントンカップ2018

今週はまずアーリントンカップ2018の予想から発表して行きたいと思います。

日曜日は牡馬クラシック初戦の皐月賞、あいにく天気は雨予報で、レースの結果を左右しそうですね。

先週の桜花賞は人気の3頭で決着してしまいましたので、馬券的には良いのかも?!

 

最近は調子が良いので、引き続き今週も目指せ的中!

まずは土曜から、みなさん頑張って行きましょう٩( ö̆ ) و

sponsor link


 

アーリントンカップG2

◎1パスクアメリカーナ
◯2インディチャンプ
▲12ラセット
☆6タワーオブロンドン
△5ピースユニヴァース
△13ダノンスマッシュ
△11レッドヴェイロン

 

◎パクスアメリカーナ

関西の土日は雨予報。土曜日のメインまでに降るかは際どいところですが、もし開催最終週で雨が降るとなれば、時計のかかる馬場になることは避けられなそうです。

この馬はここ2戦を強い勝ち方で完勝しましたが、どちらも馬場は稍重でした。

しかも秋の台風の影響で“稍重”という発表以上に時計のかかる馬場だった京都でのレースでしたので、雨が降ったとしたらこの馬にとってはプラスに働くと言って良さそうです。

お父さんはクロフネですので、力の要る馬場は合いそうですよね。

全姉にホエールキャプチャがいて、ホエールキャプチャは阪神JFや桜花賞で2着と、阪神マイルでしっかり結果を残しています。

ヴィクトリアマイルや東京新聞杯、クイーンCを制しているように、マイルはベストな距離でした。

このパクスアメリカーナもデビューからずっとマイルに参戦。

前走は3ヶ月の休み明けのうえ、スタートが良くなく、これまでとは違って最後方からの競馬になってしまいましたが、先週のG2ニュージーランドTでも僅差の2着に好走したケイアイノーテックを全く寄せ付けませんでした。

ちなみに3着のエントシャイデンには約3馬身、4着馬には10馬身の差をつけました。

その4着馬が次走アタマ差2着と好走していますので、いかにパクスアメリカーナとケイアイノーテックが強かったかがわかります。

ケイアイノーテックに騎乗した福永Jや、エントシャイデンに騎乗したデムーロJのレース後のコメントからも、この馬の能力の高さが伝わりました。

2走前は今回も出走するラセットに1¼馬身差で完勝、道中2番手から直線で後続を突き放す強い競馬で、3着馬には6馬身以上の差をつけました。

2戦ともまだまだ余裕がありそうな勝ちっぷりでしたので、ここはこの馬の秘めた力に期待して、本命で行きたいと思います。

 

◯インディチャンプ

先日の毎日杯でも対抗評価とした馬で、期待に応えて3着に好走してくれました。

勝ったブラストワンピースは1頭力が違いましたが、2着のギベオンにはクビ差の接戦でした。

ラスト3ハロンはブラストワンピースよりも速いメンバー最速の33秒6で、軽い馬場にもしっかりと対応できることを示しました。

その時の予想でも触れましたが、強調したいのは2走前の500万条件です。

直線を向いてもまだ最後方でしたが、そこから大外に持ち出されると一気に全頭をごぼう抜きに。ほとんどノーステッキで突き抜けてしまいました。

上がり3ハロンの33秒8というタイムは1月の時計のかかる京都で、芝マイル以上のレースでは古馬を含めても1番速い上がりでした。

それをほとんどムチ無しで記録したというのがまた凄いですよね。

2着に負かしたレッドサクヤが次走でエルフィンSを勝ち、先週の桜花賞でも4着のトーセンブレスとはタイム差なしの7着に好走しました。

今回はその時以来のマイル戦に戻りますが、やや行きたがる面があるので、現状では距離短縮はプラスに働くのではないかと思っています。

先週のアーモンドアイ、先々週のヒーズインラブ、3週前のブラストワンピースと、3週連続で重賞を勝って乗りに乗っているシルクレーシングの馬が、今週も好走するのではないかと思っています。

 

買い目

3連複9通り
◎~◯▲~印

馬連BOX3点
◎◯▲

3連単39通り
◎→◯▲☆→印 (15)
◎→△→◯▲☆ (9)
◯▲☆→◎→印 (15)

2018-04-13 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【POG2017-2018】クラシック開始でいよいよ大詰め!<中間報告>

クラシックレースの1つ目桜花賞は、アーモンドアイが圧巻の末脚でレースレコードを叩き出す、衝撃の結果となりました。

 

インタビューではルメールJも”アンビリーバブル”と言っており、歴史的名馬となる予感ですよね!

くれぐれも怪我だけはありませんように…( ー̀дー́)و

 

そして、そんなアーモンドアイを唯一POGで指名していたのがrapisuさん(17,740pt)でした!!

オークスでもポイントを稼げそうですね、ロードカナロア産駒の目の付け所がお見事です。

 

ただしそれを上回って、暫定1位につけている方がおりますよ。

 

<ドラムロール>ダララララララ・・・・ダンッ♪

 

暫定1位は「ヨネケンさん」です!

ラッキーライラックを唯一指名していて、19,780ptを獲得しています。

ラッキーライラックはアーモンドアイよりも多く重賞で走っており、確実に賞金を獲得してきましたね。

ロードカナロア産駒に比べると苦戦中のオルフェーヴル産駒、その中で頑張っている一頭を見事指名したヨネケンさんに拍手です。

 

とはいえ、やはりここからが勝負です。

頭一つ抜けているかと思われたダノンプレミアムの皐月賞回避、実は今回ダノンプレミアムの指名者が一人もいなかったので、より全員にチャンスが広がりました。

 

NHKマイルやオークス、そしてラストには「日本ダービー」が待っていますので、応援に馬券と頑張っていきましょう!

 

ちなみに今回、わたしの出番は無さそうです(><)チーン

今年は上位30名にささやかなプレゼントをお渡ししたいなと思っていますので、よろしくお願いします〜

 

*全員のランキングは以下の通りです。(2018.4.9現在)

2018-04-09 | Posted in Blog, お知らせNo Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】桜花賞2018

本日いよいよ桜花賞です!みなさん準備はよろしいでしょうか⁉︎(灬⁺д⁺灬)

 

そしてやっぱり土曜日は相性バッチリのようです。

ニュージーランドTで3連複をget!

3連単が取りきれなかったところは非常に悔しかったですが、とはいえ◎カツジが勝利し、9番人気▲デルタバローズが3着に好走して、先週に引き続き気持ちの良いレースでした。

3連複:6,780円

ただ他も結構買っていたので、思ったよりはプラスではありません( •́ε•̀ )

 

でも一番当てたいのはこのレース、そうです今日の桜花賞!!

当たったら、絶対洋服いっぱい買うんだー

sponsor link


 

桜花賞G1の予想

◎15プリモシーン
◯10アンヴァル
▲13アーモンドアイ
☆16フィニフティ
△1ラッキーライラック
△7トーセンブレス
△5レッドサクヤ
×9.4.12.17

 

◎プリモシーン

1番強調したいのは展開で、ラッキーライラックが1枠1番に入ったことにより絶対に包まれる競馬だけは避けたい状況になってしまいました。

そうなるとやはりテンに出していかざるを得ないですよね。

リリーノーブルはラッキーライラックより後ろで競馬をしても届かないというのが、チューリップ賞ではっきりしましたので、元々キレる馬ではないリリーは、ラッキーライラックより前で粘り込みを図る競馬になりそうです。

また、昨日のレースではまだまだ前が残りやすい馬場で、外差しはなかなか難しい傾向でした。

各ジョッキーその点は意識すると思いますので、そうなるとやはり前目のポジション争いが激化するのではないでしょうか。

G1でこの馬場ですので、思い切った先行策もありそうです。

 

そこで注目したいのがやはり差し馬ですよね。

この桜花賞自体も過去10年で差し・追い込み馬が7勝。馬券に絡んだ30頭のうち、実に8割の24頭が、差し・追い込み馬でした。

プリモシーンはスタートがそこまで速くないので、ここ2戦は中団よりやや後ろからの競馬に。

前走の重賞勝ちも見事でしたが、評価したいのは2走前の未勝利戦で、上がり最速の33秒2で差し切り勝ちでした。

一瞬のキレというよりは長く脚を使えるので、府中のように直線の長いコースでその良さが活きましたよね。

今回は同様に直線の長い阪神外回りコースで、その点も向きそうです。

2着に負かしたテトラドラクマは、2月のG3クイーンCを勝っており(ちなみにフィニフティやマウレアにも完勝)、おそらくNHKマイルでも好走できそうなほど、府中のマイルは絶好の条件の馬です。

その馬を府中で負かしたパフォーマンスは、特筆すべきものだと思います。

あと、3年前の動画(懐かしい♡)でクルミナルを推した時にも触れたのですが、桜花賞はディープ産駒がとにかく良く、中でも出走メンバー中450キロ以上で、且つ最も馬体重の重かった馬が(4,1,0,1)と際立った成績をおさめています。

(↑4着以下の1頭は、昨年唯一のディープ産駒だったカワキタエンカ)

当時のクルミナルも7番人気ながら2着に好走しましたよね。

これは単なる偶然ではなくて、2ヶ月連続開催の阪神で後半に行われる桜花賞は、ディープ産駒らしい切れる脚の他にも、ある程度のパワーも要求されるということですよね。

今回はプリモシーンが450キロ以上で且つ最も重いディープ産駒になりそうなので、今年もその傾向に乗っかりたいと思います。

戸崎Jも昨日G2で僅差の2着と調子を取り戻しつつありますので、復活に期待したいです。

 

◯アンヴァル

今のところ18頭中14番人気と、全く人気がないこの馬。

前走のG2フィリーズRを観て、桜花賞では枠さえ良いところを引けば重い印を打とうと決めていた馬です。

その思いが通じたのか、10番という最高のところを引きました。

未勝利戦を1馬身差→500万下を3馬身差→オープンを2馬身半差で快勝してきて臨んだフィリーズRでしたが、3番人気の支持を集めたものの1歩及ばず4着。

直線は絶好の手応えだったのですが、全く進路が開かずに追い出せたのは残り150mを切ってから。それでもムチを1度も入れられず、馬群を割ってくるのがやっとでした。

それでいて最後はしっかり伸びてきて勝ち馬とは¾馬身差なら、満足に追えていれば頭もあったと思っています。

しかもその前走は4ヶ月の休み明けで、藤岡佑介Jとも初のコンビでした。

叩いた上積みも見込めますし、2回目のコンビで馬の癖も掴んでいるかと思います。

藤岡佑介Jは今年、重賞でも度々活躍していますので、その勢いにも乗っかりたいところです。

更に、ロードカナロア産駒の成績がこの阪神1600mは特に良いのもプラスです。

ロードカナロア産駒全体で見ても、1200や1400よりもマイルでの成績が最も良いのが特徴ですよね。

アンヴァルだけでなく、展開が向きそうなアーモンドアイを含めて、この産駒に注目しています。

 

買い目

単勝◎

3連複24通り
◎~◯▲☆~印

馬連6通り
◎~△レッドサクヤまでの6頭

2018-04-08 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【土曜メイン競馬予想】阪神牝馬ステークス2018

こちらでは阪神牝馬ステークス2018の予想を発表していきます。

すでに本日行われるもう一つの重賞、ニュージーランドTの予想はもう公開していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

今日は土曜日ですが仕事があるので、もう予想を書いていきたいと思います。

 

粒ぞろいのメンバーが集まったこのレース、予想が難解ですがとても楽しみですね( ¨̮ )

 

阪神牝馬ステークスG2の予想

◎1ジュールポレール
◯5ソウルスターリング
▲2アドマイヤリード
△3リスグラシュー
△11ミスパンテール
△7エテルナミノル
△4ミエノサクシード
×10.13

 

◎ジュールポレール

前走のエリザベス女王杯で大敗を期しているのと、近走で結果を出している実績馬が揃っていることもあり、少し人気を落としている今回は非常に狙い目です。

エリザベス女王杯は明らかに距離が長かったので、ここの大敗は度外視で考えています。

二走前までは7戦連続で馬券圏内という安定感、しかもその中には去年のこのレースとG1ヴィクトリアマイルを含んでのものです。

先行〜好位の良い位置につけ、最後の直線でしぶとく抜けてくる脚質がこの安定感に繋がっていますよね。

メンバー的には前に行きたい馬は見当たらず、むしろ決めにかける馬が多いので、ペースも落ち着き、この馬の持ち味が活きて来るんじゃないかと思っています。

去年のこのレースはこの馬にとって決して得意というわけではない重馬場での開催、重馬場が得意なアドマイヤリード、そしてミッキークイーンの3着となったのは力のある証拠だと思います。

翌月のヴィクトリアマイルG1でも3着と大健闘、マイルの戦績(4,1,2,1)が表す通り、この距離なら重賞制覇も時間の問題かもしれません。

幸Jとの相性も抜群、久々のレースはプラス材料なくらい好調ですので、ここは本命でいきたいと思います。

 

◯ソウルスターリング

本命以外はなかなか決まらなかったのですが、能力上位のG1馬2頭を選びました。

オークス制覇後、毎日王冠→天皇賞秋→ジャパンカップと大舞台でしかまだ走っておりません。

目立った結果ではなかったものの、牝馬同士のG2であれば話は全く違ってくるでしょう。

そもそも阪神JFやチューリップ賞では、今回1番人気になりそうなリスグラシューを寄せ付けずに完勝しています。

その二つのレースと同じ得意の阪神1600mであれば、ハンデ差も払拭してくれるのではないでしょうか。

ちなみに3年前までは1400mだったこのレース、1600mに変わってからたった2年ですが、明らかに傾向が変わっていますよね。

今後はさらに実績馬の好走が目立ってくるのではないかと思ってます。

 

買い目

3連複13通り
◎〜◯▲〜印

馬連6通り
◎〜◯▲△

 

ここら辺は迷い中…

単勝 ◎

or

3連単14通り
◎→◯▲→印

2018-04-07 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【土曜メイン競馬予想】ニュージーランドトロフィー2018

夜中なのですが、ニュージーランドトロフィー2018の予想だけ、先にUPさせてもらいます。

 

さてさてさて〜

今週はいよいよ桜花賞ですっ!うきゃーやったね〜

東京の桜はひと足先に出番を終えてしまいましたが、関西はちょうど良い感じかな?

 

そうそうわたしも先週は桜が咲きました♩

ダービー卿CT大阪杯のどちらも3連複・馬連的中!

ダービー卿では6番人気の◎キャンベルジュニアが2着に入り、ど真ん中で的中できてとても気持ちよかったです。

3連複:27,990円 馬連:3,890円

3連複:2,780円 馬連:2,930円

 

毎週こうだったらなー笑

なんか最近は土曜の方がいい感じです、むしろ日曜あんまり当たってない…( -“- )

 

さ!

今週も土曜から頑張っていきましょう!

 

sponsor link


 

ニュージーランドトロフィーG2の予想

◎5カツジ
◯6カシアス
▲2デルタバローズ
☆12リョーノテソーロ
△14ケイアイノーテック
△8ラムセスバローズ
△15アンブロジオ
△10ファストアプローチ
△4アイスフィヨルド

 

◎カツジ

前走の5着が案外な結果で今回は少し人気を落とすかもしれませんが、その前走はデイリー杯2歳S以来3ヶ月ぶりのレースで、馬体重も+14キロと、いかにも休み明けといった仕上がりでした。

それもあってか、直線を向いて追い出されたときの反応が過去2戦とは違って少し鈍いな~と感じました。

それでも残り300mぐらいまでの手応えはなかなか良かったですし、最後伸びなかったのは距離もあったかもしれません。

お母さんのメリッサはG3北九州記念を勝つなど短距離戦線で活躍した馬ですので、デビューから2戦パフォーマンスの高かったマイル戦に戻るのはこの馬にはプラスに働きそうです。

そのマイルでの2戦が秀逸で、新馬戦は直線で追い出されると瞬時に反応。ノーステッキで馬群を割って抜け出すときの操縦性の高さが目を引きました。

深夜に雨が降るかもしれませんので、この時に重馬場を経験しているのは強みですよね。

2戦目のG2デイリー杯2歳S(この時も本命にしてました)では、最後ジャンダルムに差されてはしまったものの3着のケイアイノーテックには1馬身半差をつけての2着。

ジャンダルムはその後G1ホープフルSで2着→ハイレベルの弥生賞で3着と好走。4着にフロンティアが入ったように、なかなか強いメンバーが揃った1戦でした。

連対は外さないだろうという予想で、買いたいと思います。

 

◯カシアス

コース、メンバー問わずきっちり好走できるのが持ち味のこの馬。

唯一馬券圏内を外したレースは、ダノンプレミアム以外は差し馬が掲示板を独占した朝日杯FSを、3番手で先行してのものでした。

展開は向かなかったもののそれでも2着のステルヴィオと0,1秒差なら、むしろ評価できます。

デビューから短い距離で結果を出してきたことからマイルは長いと思われがちですが、その朝日杯FSの内容も良かったですし、

前走のシンザン記念も一度は2着馬に差されたものの最後はもう一度差し返す勢いでゴール。あの最後の伸びを見る限りはマイルでも十分力を出せる馬だと思います。

そのマイル戦も今回が3戦目で、慣れも見込めそうですよね。

スタートから無理せず前目につけることができて、直線を向いてももう一度良い脚を使える馬で、こういう馬はなかなか崩れにくいので好きです。

デビューから6戦ずっと浜中Jとコンビを組んできていて、脚の使いどころなど分かっていると思いますので、ここは対抗に推したいと思います。

 

▲デルタバローズ

新馬戦は重馬場のマイル戦をノーステッキで快勝。2着馬には4馬身差をつけました。2着以下の馬も既に5頭が勝ち上がっています。

その初戦のパフォーマンスから、前走のG3京成杯では3番人気の支持を集めましたが、序盤でかなり行きたがってしまってスタミナを使ってしまいました。

イレ込みがかなりきつかったようで、その辺りが良くなっていて更にマイルに戻る点はプラスに働きそうです。

このレースで成績の良い2枠に入りましたし、掛かりやすい馬ですので前に馬を置けるのは良いですよね。

穴を開けるとしたらこの馬かなと思っています。

 

買い目

3連複13通り
◎~◯▲~印

馬連BOX3点
◎◯▲

3連単33通り
◎→◯▲☆→印(21)
◯▲☆→◎→△8ラムセスバローズまでの5頭(12)

2018-04-07 | Posted in Blog, 予想4 Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】大阪杯2018

大変遅くなってしまいました>< すみません!

今日はG1としては今年で2回目の大阪杯ですね。

豪華メンバーでとっても楽しみなのですが、悩み過ぎてしまいました(꒪꒳꒪;)

 

昨日のダービー卿の的中報告もしたいのですが、とりあえず次回にして、早速予想を発表したいと思います。

sponsor link


 

大阪杯G1の予想

◎8アルアイン
◯11ウインブライト
▲5ペルシアンナイト
☆15スワーヴリチャード
△2サトノダイヤモンド
△3ヤマカツエース
△6スマートレイアー
△4シュヴァルグラン

 

まずサトノダイヤモンドは過去10年のこのレースで1頭も馬券に絡めていない1枠と、テン乗りというのが少々不安。

スワーヴリチャードの右回りに関して、個人的にはそこまで問題無いかと思っています。

有馬記念では相当不利な14番から、3〜4コーナーで大外を回して2着馬とはタイム差なしの4着。右回りでも十分高いパフォーマンスでした。

それよりも今回は枠と馬場が難しいですよね。

スタートがそこまで速い馬では無いので、この枠とこのメンバーではなかなか前の方につけるのは難しいかと思っています。

それでも前に行くとしたら序盤でかなり脚を使わないといけませんし、割り切って後ろから行くとすると今の馬場ではなかなか届かせるのは難しいですよね。

そうなると有馬記念のように3〜4コーナーで捲っていってなんとか馬券圏内、というような競馬になるのではないでしょうか。

 

◎アルアイン

上位人気3頭のうち最も枠に恵まれたのが本命のアルアインで、脚質的にも無理なく一番良いポジションを取れそうです。

このレースの傾向と今の馬場からしても、やはり無理せず前の方につけられるのは明らかに有利ですよね。

時計の速かった昨年の毎日杯と皐月賞を制しているように、今の時計の速い阪神の馬場で直線の短い内回りコースは最も向いている舞台かと思います。

鞍上は今、最も重賞で乗れていると言っても良い川田J。前走は人馬ともに試走の意味合いが強く、2回目のコンビという点も魅力です。まず連は外さないとみて、本命でいきたいと思います。

 

◯ウインブライト

何度好走しても、勝ち方が地味なせいかいつもそこまで評価をされないこの馬。3走前の福島記念からずっと本命の印に応え続けてくれている思い入れの強い1頭です。

内回りでコーナーが4つの中距離がとにかく得意(毎回言っている気がします)な条件。連対を外したのは8枠を引いてしまった皐月賞と未勝利戦のみ。

直線が長くてとにかくキレ勝負になる府中や京都より、福島や中山、阪神の内回りコースの方が明らかにパフォーマンスが上がります。

ただもう少し時計がかかる馬場の方が理想的だったので、1つ評価を下げて対抗評価にしました。

脚質的にもスッと前の方につけられて、ラスト800〜1000mぐらいから長くしぶとい脚を使える点が、この大阪杯との傾向に最もマッチしています。

11番という枠をやや外だと嫌われそうですが、前につけられれば内から2頭目ぐらいのちょうど動きやすいところを追走できる枠なのではないかと思っています。

ここで好走してしまうと次からはいよいよ人気してしまうと思うので、馬券的には今回までが最も妙味のあるタイミングなのではないでしょうか。

 

▲ペルシアンナイト

前走は明らかに休み明けの叩き台だった上、スタートで出遅れるロスがありました。

道中5番手以内につけた馬が1〜4着に入る流れを、後方から上がり最速の脚で追い込んでの5着。

スタートに関してはデムーロJから福永Jに替わることで、クリアできる可能性がかなり上がります。

また、ここ3戦マイルと1800mを使われていたことにより、ポジションも中団の内あたりにつけることも可能かと思いますし、その為には最高の枠を引きました。

皐月賞のような競馬ができれば、またあの時のようにアルアインと一緒に上位に来ることも十分想像できますよね。

そしてこの馬は輸送の短い関西や中京での競馬が(3,0,1,0)と絶好です。(関東圏は0,2,0,3)

3歳で古馬G1を制するのは、なかなかできることでは無いと思いますので、この人気であれば狙ってみたい1頭です。

 

買い目

3連複11通り
◎〜◯▲〜印

3連単36通り
◎→◯▲☆→印
◯▲☆→◎→印

馬連Box6通り
◎◯▲☆

2018-04-01 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【土曜メイン競馬予想】ダービー卿チャレンジトロフィー2018

都内では桜が満開を迎え、というかもう散り始めています。

今年はちょうどいいタイミングを狙って、お花見宴会をやりました!

夜の代々木公園へ初めて訪れましたが、桜はとても綺麗で、暖かくて、本当に最高でした(ノД`)

 

その感動を写真に収めたのですが、んー・・全く伝わらず、ボツ。

今年初の桜色(イチゴ味)かき氷を代替イメージとしました(´`)

 

本日はダービー卿チャレンジトロフィー2018の予想を発表します。

明日の大阪杯も楽しみですが、その前に本日頑張って行きましょう♩

sponsor link


 

ダービー卿チャレンジトロフィーG3の予想

◎3キャンベルジュニア
◯9ヒーズインラブ
▲6テオドール
☆7ゴールドサーベラス
△10ロジチャリス
△2レッドアンシェル
△4グレーターロンドン
△5マイネルアウラート
△15ストーミーシー
△1アデイインザライフ

 

◎キャンベルジュニア

久しぶりに最適な条件での出走が叶いそうなこの馬。

去年のこのレースでは1番人気を背負って2着。その後3戦が二桁着順だったこともあり、斤量は去年と同じ55キロにおさまりました。(半馬身差で1着だったロジチャリスは今回1キロ増の57キロ)

ここ3戦は全て、得意のマイルではなく1400mのG2に出走。京王杯SCとスワンSは不得意な道悪に悩まされました。

前走の阪神Cは直線、これから加速するという場面で前が塞がってしまう不利がありました。

元々はある程度前目の位置につけてから直線でもう1度良い脚を使えるのが持ち味ですが、1400m戦のペースだとポジションがやや後ろになってしまいます。

ムーアJもスタートで良いポジションが取れなかったのが痛かったとコメントしていました。

G3のマイル戦に戻ればポジションはもう少し前につけられるはずで、そうなればこの馬の持ち味がいきそうですよね。

中山の芝は今週からBコースに替わり、比較的前が有利な馬場と言えそうです。このレースの傾向もやはり逃げ・先行馬の好走が目立ちます。

天気も良さそうで得意の良馬場で行えそうなのも心強いですので、ここは本命で行きたいと思います。

 

◯ヒーズインラブ

前走、準オープンにしては、クリアザトラックやボールライトニング、ヤマカツグレース等のなかなか手強いメンバーを相手に完勝。これでマイル戦の成績を(4,2,3,3)としました。

馬券圏外だった3走は、1つは昨年の中山での4着。残りの2つは府中と新潟でのレースで、右回りのマイルに限れば(4,2,3,1)と10戦中9戦が馬券圏内。残り1つも4着と抜群の安定感です。

中でも中山のマイルは(2,1,1,1)と絶好で、去年のこの時期も1000万下→準オープンを連勝。準オープンの春興Sでは、今年の中山金杯で3着に入ったストレンジクォークに完勝しています。

中山金杯は1着セダブリランテス、2着ウインブライトとなかなかハイレベルなメンバーでしたので、ストレンジクォークを完封したこの春興Sは評価できると思います。

持ち味は中団あたりから確実に速い上がりを使えるところで、良馬場のマイル戦ではそれが顕著です。

良馬場のマイル戦はこれまで8戦経験していて、うち7戦で上がり3位以内をマークしています。

追い込み馬であれば上がりだけ速いことはありがちですが、この馬はそこまで後方に下げなくても競馬ができる馬です。それがこの安定した成績に繋がっていますよね。

斤量も1年前の春興S以来の55キロということで、条件がベストのこの馬か、久々のマイル戦が魅力で、テオドールの前残りに期待したいと思います。

 

買い目

単勝◎

3連複21通り
◎~◯▲☆~印

馬連9通り
◎~印

2018-03-31 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 47