Blog

【競馬予想】北九州記念2018

ここでは北九州記念2018の予想を書いていきます。

札幌記念はすでに公開してますので、こちらをご覧くださいね。

 

上の写真は軽井沢の緑に癒された1枚…今日はゴルフ場の緑と戯れてきます!!

夏休みはこれで終わり、今年もあっという間でしたが、来週からも元気に仕事しようと思います。

sponsor link


 

北九州記念2018の予想

◎6セカンドテーブル
◯9ラブカンプー
▲1ゴールドクイーン
△14アサクサゲンキ
△17フミノムーン
△4ナインテイルズ
△11ダイメイプリンセス
△3ダイアナヘイロー
△16ナリタスターワン

 

◎セカンドテーブル

前走のCBC賞が優秀な内容。レースの前半3ハロンが32秒7という超ハイペースを2番手で追走。直線が長く坂もある中京ということもあり、1、2、4着には差し馬が突っ込んできました。

そんな中、直線でももう一度脚を使って3着に粘ったのは非常に価値が高いと思っています。

今回は直線が短く平坦な小倉に替わって粘りが増すと思いますし、逃げ馬が何頭かいるのでその後ろあたりで無理なく折り合えそうな点もプラスです。

2走前、1番人気で4着に敗れた鞍馬Sの内容からも、スローペースからの直線での切れ味勝負は部が悪く、前半かなり速い流れで入った時が確実に好走しています。

その点、今回は逃げ馬が揃っているので展開的にもこの馬好みのペースになりそうです。

今の小倉は相当速い時計が出る馬場ですが、前走のCBC賞と3走前の中山での春雷S(しかも大外16番枠)で1分7秒台前半のタイムをマークしており、時計的な裏付けがあるのも心強いです。

ここは京王杯2歳S以来久々の重賞制覇の、そして水口Jの重賞初制覇のチャンスと見ています。

 

◯ラブカンプー

1000〜1400mの短距離戦では9戦して8連。連を外した1戦もG2フィリーズレビューで、掲示板は差し馬が独占したように、逃げ馬にとっては厳しい展開のレースでした。

常に安定した走りをしつつも、3歳牝馬らしく近走メキメキと実力をつけてきた、成長著しい1頭です。

特に前走のアイビスSDでは古馬相手に2着と大健闘、このレースとも相性の良いアイビスSDで結果を残しているのも好感が持てます。

これまでは逃げの戦法で結果を残していますが、過去10年の北九州記念では逃げ馬は1頭も逃げ残っていません。しかし今回は最内枠でテンの速い▲ゴールドクイーンがハナを切ると思いますので、2番手あたりを無理なく追走できれば、直線でゴールドクイーンを捕らえることができると見ています。

 

▲ゴールドクイーン

逃げ馬が揃っている中でも特にテンが速く、得意のスタートを決めてハナを切るのはこの馬になりそう。

傾向的に逃げ残るのは難しいレースなので一つ評価を落としていますが、距離ロスの少ない最内枠を引けたのは好条件。

新しく重賞となった葵Sでは、アイビスSDで2着となったラブカンプーを退けて完勝しており、その粘り強さは今回も注目です。

この馬自身も、前走初めて古馬との対戦となったバーデンバーデンカップで勝ち馬とタイム差なしの2着と好走。最後に差されてしまいましたが、最後までたれることなく力強い走りでした。

さらに相手は強くなり、ペースも速くなりますが、ここで逃げ残れるようであれば一気に実力を示せると思いますので期待しています。

 

買い目

3連複13通り
◎〜◯▲〜印(※全頭流しも検討)

他の馬券考え中です

2018-08-19 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【競馬予想】札幌記念2018

今週は札幌記念2018の予想から書いていきます。

 

お休みは軽井沢へ行って、その流れから諏訪湖の花火大会も見てきました!

迫力満点の花火に大興奮(⑉°з°)

自分のところに落ちてくるんじゃないかと思うほど大きな花火で、とっても感動でした。改めて花火って綺麗。

 

そういえば花火の司会進行で、ウイニング競馬(土曜3時の競馬中継)でキャスターをしている柴田阿弥さんの声が聞けたのも嬉しかったです。なんだか慣れてない感じが可愛かったです。

 

それではみなさんは、ぜひ夏競馬で大玉を打ち上げましょう。

sponsor link


 

札幌記念G2の予想

◎14ミッキースワロー
◯13スズカデヴィアス
▲8ネオリアリズム
☆2サングレーザー
△12サウンズオブアース
△9サクラアンプルール
△5マカヒキ
△4マイスタイル
△6クロコスミア

 

◎ミッキースワロー

このレースは直線が平坦で短い札幌で、Cコース替わり。かつコーナー4つで息が入りやすく、スタートから最初のコーナーまでが長くて先行争いもそこまで激しくならないとあって、先行馬の成績が良いレースです。

しかし、今回はマルターズアポジー、アイトーン、マイスタイル、クロコスミアと逃げて結果を出してきた馬が揃い、他にも前目でレースを運びたい馬も多く参戦。ペースはかなり速くなりそうです。

そうなると馬群はバラけて後ろの馬がポジションを上げやすくなり、今年に限っては後ろから行く馬が有利とみています。

ミッキースワローは良馬場であれば確実に速い上がりを使える馬。直線だけでなく、コーナーもポジションを上げられる点はこの札幌では魅力です。

前走の大阪杯は、中距離G1のハイレベルなメンバーの中5着と好走。1~4着馬が4コーナーで内の進路を取っていた点を考えると、5~6頭分外を回してから最後また伸びてきたのは相当強い競馬だったと思います。

超がつくくらい道悪で、3000mという距離も堪えた菊花賞以外は全てのレースで掲示板内に好走。洋芝は初めてになりますが、中山や福島で高いパフォーマンスを発揮しているように、パワーも要求される小回りコースは適性が高いと見て、ここはこの馬が勝つとのではないかと踏んでいます。

 

◯スズカデヴィアス

ここのところずっと重い印を打ち続けている馬ですが、G3ではだんだん馬券妙味が無くなってきたところで今回はG2。前走函館記念で負けていることもあり、今のところ10番人気と全く人気がありません。

その前走は、スタートが上手く決まらず道中は後方から3番手のポジションになってしまったのが痛かったです。

1~3着を4コーナーで5番手以内にいた馬が独占。3着には先行していた13番人気のエテルナミノルが残ったように、後ろから行った馬には厳しい展開でした。

この馬は4コーナーでもまだ後方。直線に入ってから外に持ち出されて凄い脚で追い込んできましたが、直線の短い札幌では5着が精一杯でした。

今回はようやく展開が向きそうで、このメンバー構成であればミッキースワロー同様、おそらく後ろからの競馬になりそう。馬群がバラけることが予想されますので、外枠の距離ロスも少なく、コーナーで捌くのにもロスを最小限に抑えられると思います。

この札幌記念の傾向として前走函館記念組の好走が目立ちますが、去年のサクラアンプルールやナリタハリケーン、一昨年のネオリアリズムのように、その函館記念で不完全燃焼に終わった馬の巻き返しが近年は目立ちます。今年はこの馬が巻き返してくれるのではないでしょうか。

ちなみに去年はキングカメハメハ産駒がワンツースリー。今年はこの馬とサクラアンプルールのみと、この点も注目です。

 

買い目

馬連
◎~サクラアンプルールまでの5頭

3連複
◎~◯▲~印 13通り

3連単なら…2頭軸マルチ42通り
◎◯~印

2018-08-18 | Posted in Blog, 予想1 Comment » 

 

祝★10万馬券的中報告&関屋記念・エルムステークス2018【競馬予想】

やほ〜〜〜〜!!涙出ます…;;

まさかまさかの特大馬券的中しました(灬⁺д⁺灬)♡おめでとうコメント、的中メールなどたくさんありがとうございました!

感動のレパードSの予想はコチラ!!

3連複102,870円

 

わたくし喜びの反面、とにかく後悔後悔の1週間でした(´;ω;`)

何と言っても3連単、自分の予想した通りだったらプロスパラスデイズじゃなくてグリムじゃん!なんでその順番よ〜・・

67万円は手の届くとろこまで来てました( -“- )ぶー

 

またチャンスきっとある!(よね?)改めて頑張っていきましょう⚑︎゛

エルムステークスと関屋記念2018の予想を書いていきます。

sponsor link


エルムステークスG3の予想

◎✧12ブラゾンドゥリス
◯2ドリームキラリ
▲3ミツバ
△13モルトベーネ
△8ハイランドピーク
△1リッカルド
△6リーゼントロック
△9ロンドンタウン
△7アルタイル

 

◎ブラゾンドゥリス

とにかく先行有利の傾向が強いレース。札幌で行われた過去4年は、4コーナー地点での前3頭がそのまま1~3着で決着するなど、特に近年はその傾向は顕著です。

逃げ馬・先行馬、もしくは16年勝ち馬リッカルドや15年勝ち馬のジェベルムーサのように、まくって行って先団に着けないと、直線からではなかなか前を捕まえられません。

であればやはり逃げ馬ドリームキラリや、まくれるミツバが気になりますが、ここは人気のないところでブラゾンドゥリスから勝負していきたいです。

近走の戦績はパッとせず、あまり安定感がないように見えますが、初めての札幌競馬場がこの馬に合う条件だと見ています。

まずは右回りコースに替わる点。右回りダートの戦績は(2,5,1,1)と抜群、ほぼ馬券に絡んでいます(絡めなかったレースも4着)。近走を見ても好走しているのは、京都の栗東S(2着)、阪神のギャラクシーS(2着)と、やはり右回りコースの時です。

もちろんそれだけが好走の理由ではないと思いますが、9戦して馬券圏内を外したのが1回というのは凄いですよね。

近走の惨敗はほとんどが東京でのもの。小回りで右回りの福島や中山では確実に好走しており、札幌はこの馬にとって好舞台と見ています。

近走は1400~1600mを使われていますが、1700m戦は(1,2,0,1)と実績も十分。むしろ、1400mのペースでも無理なく2~3番手で追走できているので、道中良いポジションを確保する上でもこの距離延長もプラスと見ています。

あとは能力が足りるかどうかですが、前走プロキオンSではレコードタイムが出るほどハイペースの中、先行して食らい付き、今回人気のドリームキラリに先着しての5着は充分評価できる結果です。

これでも人気がないのであれば、この馬の一発逆転を期待したいと思います。

 

買い目

3連複13通り
◎〜◯▲〜印

馬連2通り
◎〜◯▲

sponsor link


関屋記念G3の予想

◎5ショウナンアンセム
◯14ヤングマンパワー
▲1ベルキャニオン
☆2フロンティア
※4エイシンティンクル
△12プリモシーン
△11チャンピオンルパン
△13ウインガニオン
△3スターオブペルシャ
△6リライアブルエース

 

◎ショウナンアンセム

このレースはここ8年連続で、4コーナーを6番手以内で通過した馬が勝ちをおさめているように、直線が長い新潟コースのわりには前が残る傾向が強いです。

先週のレパードSもそうでしたが、やはり直線が平坦だという点は大きく、中京や府中で差し切られていたとしてもここでは注意が必要です。逆に中京や府中で差してきたことで人気を集めている馬も、ここでは届かないというケースがよく見られます。

昨日の競馬を見てもやはり前が残る印象で、5Rで10番人気の逃げ馬が2着に残り、メインレースでも7、8番人気の馬が道中1、2番手からそのまま1、2着で入線しました。

人気を集めているのはプリモシーンやリライアブルエース、ワントゥワンといったディープ産駒の差し馬ですが、ここは前に行く馬の評価を上げたいと思います。

ショウナンアンセムはここ2戦逃げて連勝中。確かにペースに恵まれた感はありますが、それでも逃げ切るのが難しい府中で勝ち切ったのは評価できます。

キャリア28戦のうち、掲示板を外したのは僅か3戦のみで、20戦は馬券に絡んでいるという驚異的な安定感。

更に5戦前から前の方で競馬をするようになって(3,2,0,0)と、その安定感に磨きがかかりました。

中でもマイル戦は15戦して馬券にならなかったのは2回だけと絶好の条件です。

高速決着に対応できるかが不安視されていますが、ここ3戦は前の位置から上がり3F33秒台をマーク。新潟では去年の2戦でともに32秒台の上がりを使えているように、決してキレる脚が無いわけではありません。

むしろ道中3番手以内からこの上がりを使われたら、後ろの馬は物理的に届かないのではないかと思っています。

田辺Jは昨日のメインレースでも7番人気の馬で逃げ切り勝ち。ロゴタイプの安田記念が印象的ですが、前の馬を残すのが非常に上手なジョッキーですので、ここでもこの馬を残してくれると期待しています。

 

◯ヤングマンパワー

このレースは4年連続の参戦。過去3年は3着→1着→4着と抜群の相性を誇ります。

ここ2戦の凡走で一気に評価を落としていますが、2走前はG1のマイルCS。前走はそのマイルCS以来5ヵ月ぶりのレースとなったマイラーズCでどちらも京都の1600mでした。

3走前は毎日王冠で勝ち馬とは2馬身差の5着とハイレベルなG2でも好走していますし、重賞勝ちは関屋記念と富士Sということからもこの馬は左回りの方がパフォーマンスが高いと見ています。

更に7~9月が(1,0,2,1)と暑い時期に強いので(ほとんど関屋記念の成績ですが)、ここ2戦の凡走よりもこの時期のこのコース替わりを買いたいと思います。前につけられる脚質というのももちろんgood。

また、過去10年で(4,4,1,16)と、このレースではとにかく成績が良い8枠を引きました。去年まで3年連続で連対馬を出していますので、今年はこの馬と見ています。

 

買い目

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

3連複21通り
◎~◯▲☆~印

3連単を買うなら…
◎(2着ながし)~プリモシーンまでの5頭(20)
◎(3着ながし)~プリモシーンまでの5頭(20)

2018-08-12 | Posted in Blog, 予想2 Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】小倉記念2018

小倉記念2018の予想を書いていきます。

すでにレパードステークスの予想はアップしているので、コチラもぜひご参考に( ¯ ³ ¯ )

sponsor link


 

小倉記念G3の予想

◎12サンマルティン
◯6マイネルサージュ
▲2レイホーロマンス
△4ストロングタイタン
△11トリオンフ
△10サトノクロニクル
△3ストーンウェア
△7マウントゴールド

 

◎サンマルティン

5歳以降はまだ5戦しか走っていない馬ですが、去年の春以降の4戦は非常に高いパフォーマンスを見せています。

2走前、大外枠で完全に掛かってしまった福島記念以外は全て上がり最速をマーク。良馬場であれば確実に最後伸びてくることができます。

去年のこのレースでも、最後はタツゴウゲキにハナ差敗れはしましたが3着以下には3馬身もの差をつける勝ちに等しい内容。

タツゴウゲキは内でじっとしていたロスのない競馬だったのに対して、この馬は道中外外を通ってかなり行きたがっており、3~4コーナーでもかなり外を回されていました。

タツゴウゲキよりも斤量が2キロ重かったことを考えると、より評価ができますよね。

ちなみにタツゴウゲキは次走で新潟記念も制覇しています。

メンバーレベル的にも非常にレベルの高い去年の小倉記念で、一番強い競馬をしたのはこの馬だったと思います。

そして前走、半年の休み明けとなった都大路Sでは、スタートで出遅れてしまい最後方からの競馬に。

ただ、かえってすんなりと折り合いがつき、直線の爆発的な末脚に繋がりました。

追い出されてからは瞬時に反応できる馬なので、道中いかにロスなく運ぶことができるかがポイントになりそうで、その点は初コンビだった池添Jとも呼吸がバッチリ合っているようでした。

最後は流す余裕があったほど楽勝だったのですが、その時2着のエアアンセムが次走で函館記念を制覇。

道中しっかりと折り合いさえつけば、G3では少しレベルが違うように思いますので、ここはこの馬のポテンシャルと、ついにそのポテンシャルを引き出せる良いパートナーに巡り会えたと見て、本命でいきたいと思います。

 

買い目

3連複11通り
◎〜◯▲〜印

馬連2通り
◎〜◯▲

3連単なら◎1着固定の◯▲を2、3着で。

2018-08-05 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】レパードステークス2018

今週はレパードステークス2018の予想からです。

台風は大丈夫でしたか?雨のおかげで少し涼しくなったなぁと思ったら、あっという間に暑さが戻ってきてしまいました…((( °_° )))

 

外に出たくなくてだいたい室内にいますけど、お盆休みはどこか涼しい地域に繰り出そうと思っています。

考えることはみんな同じかな。

9月の残暑あたりには北海道旅行も計画中!それまでバテないように生きなくちゃ。

sponsor link


 

レパードステークスG3の予想

◎11ビッグスモーキー
◯15ヒラボクラターシュ
▲3イダペガサス
☆14グレートタイム
※8プロスパラスデイズ
△6グリム
△2アルクトス
△4ドンフォルティス
△9エングローサー

 

◎ビッグスモーキー

まずこのレースの特徴として、逃げ・先行馬の成績が圧倒的に良いということ。

過去全9回のうち、逃げた9頭中4頭が馬券に絡んでいます。(ここ5年で4頭)

先行した馬の成績も(6,4,5,17)で、連対率31%、複勝率47%と抜群。

逃げ馬と合わせても(6,8,5,22)=連対率34%、複勝率46%と、もう前にいく馬を予想するようなレースになっています。

ちなみに差し・追込馬は(3,1,4,80)で、連対率5%、複勝率9%とその差は歴然です。

新潟コースは芝の外回りこそ直線が長く差しが決まるイメージですが、ダートは直線が354mで阪神とほぼ同じ長さ。

ただ阪神とは違い直線が平坦なため、やはり前が残りやすいです。京都のダートコースに近い感じでしょうか。

今回はスズカアーチストやマイネルユキツバキが抽選を通らず(これもビッグスモーキーには非常にプラス)、おそらくハナを奪うのはビッグスモーキーになりそうです。

その後ろを、アルクトス、イダペガサス、グリム、ヒラボクラターシュあたりが続くような形でしょうか。

当然これらの馬たちも重い印にしていきます。

大方の予想ではグレートタイムとドンフォルティスの一騎討ちという様相なのもプラスで、この2頭が後ろでお互いを牽制し合うようであれば、より前に有利な展開になりそうです。

ただグレートタイムのルメールJはまくって行くような気がするので評価を上げています。

ビッグスモーキーの前走は古馬混合の準オープン、そこでなんと2番人気の支持を集めました。

この時期の3歳馬が、古馬の準オープンクラスで勝ち馬と約2馬身差の5着は立派ですよね。

しかも2ヶ月半ぶりのレースで体もまだ緩かったと騎手がコメントしており、今回は叩いた上積みも見込めます。

またこのレパードSは距離実績が非常に重要で、過去の連対馬18頭中16頭がダート1800mを勝ったことのある馬でした。

ビッグスモーキーはダート1800mは(2,2,0,0)とほぼ完璧。

人気はさほどありませんが、脚質、コース、展開が向きそうな実力馬のこの馬を軸で行きたいと思います。

 

◯ヒラボクラターシュ

前走は古馬に混じった1000万条件で、今回出走するプロスパラスデイズに負けてしまいましたがそれでも4着に好走。

1000万条件としてはメンバーがかなり強力で、準オープンで好走していた馬や1000万条件で常に上位に来ている馬を相手に立派でした。

人気薄の勝ち馬や3着馬が後方から差してきたように、ペースも流れて先行馬にはなかなか厳しい展開の中、よく踏んばりましたよね。

勝ったプロスパラスデイズも強かったですが、道中は後方でしっかり脚を溜めることができ、4コーナーでも上手く内をついてポジションを上げれたりと、全てが上手くハマった勝利でした。

今回は中京から新潟に替わって直線が60m短くなりますし、直線の坂も無くなります。

であれば、今回は人気薄ですがヒラボクラターシュに逆転の目があると見ています。

 

▲イダペガサス

この馬もヒラボクラターシュ同様、前走の1000万条件は今回出走するアルクトスに敗れての2着。

当然、アルクトスよりも人気は落とすと思いますが、力的には差がないか、むしろイダペガサスの方が上だと見ています。

前走、アルクトスは内枠発走からずっと好位の内ラチ沿いをピッタリ追走できたのに対して、イダペガサスは外から出していって道中は3頭分ほど外を追走する形に。

直線では内の馬が外に寄れてイダペガサスに接触したのに対して、アルクトスは寄れて開いた内を上手く突くことができました。

0,2秒の着差は通ったコースの差かと思っています。

道中の行きっぷりや4コーナーの手応えはイダペガサスの方が良く、今回も無理なく先行することができそうですので、この馬の前残りにも期待しています。

 

買い目

単勝◎

馬連BOX
◎◯▲☆

3連複18通り
◎~◯▲☆~印

3連単マルチ36通り
◎→◯▲☆※

2018-08-04 | Posted in Blog, 予想3 Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】アイビスサマーダッシュ2018

アイビスサマーダッシュ2018の予想を書きます。

金曜日にクイーンステークスの予想はアップしていますので、よろしければそちらもご覧ください( ¯ ³ ¯ )

新潟は台風の影響は無さそうですが、大雨に強風など続いている地域の方は、十分気をつけて過ごしてくださいね。

今日も楽しんで行きましょう!

sponsor link


 

アイビスサマーダッシュG3の予想

◎17ペイシャフェリシタ
◯4ベストマッチョ
▲14レッドラウダ
△15ダイメイプリンセス
△13ノットフォーマル
△8ラブカンプー
△9アベルトゥーラ
△6ラインスピリット
△12ナインテイルズ

 

◎ペイシャフェリシタ

近走で勝ち馬から0,5秒以上離されて負けたのは前走のCBC賞のみ。その前走はスタートで出遅れてしまい、そこから押していってポジションを上げたことにより、序盤でかなり掛かってしまいました。

外枠で距離ロスも多かったですし、3ヶ月の休み明けというのも大きかったかもしれません。

今回は1度叩いて上積みが見込めますし、何と言っても絶好枠を引きました。

スタートをしっかり決めることができれば無理なく中団ぐらいの位置から、最後に馬群を割って抜け出してくれると思っています。

今回人気を集めているダイメイプリンセスとは5走前の浜松ステークスで2馬身半差で完勝しており、前走の負けで人気を落としていることを考えると馬券妙味はこの馬かと思っています。

昨日の直線1000mの閃光特別も、8枠の2頭が1、2着でした。開幕週で内も良いとは言え、やはり千直は圧倒的に外枠有利。

過去10年のこのアイビスSDも、8枠の馬が(5,3,0,16)と、2年に1回は勝利。勝率21%、連対率36%とずば抜けています。

ここは、ペイシャフェリシタの重賞初勝利に期待したいと思います。

 

買い目

3連複13通り
◎〜◯▲〜印

馬連box3通り
◎◯▲

3連単少し検討中

2018-07-29 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】クイーンステークス2018

今週のクイーンステークス2018から予想していきます。

 

なんだか先週久々に函館2歳ステークスを的中できて、本当に嬉しかったですよー!

3連複と単勝をGET♩

 

その日は暑さから逃げるために奥日光をぷらぷら。

湯滝に行ってあゆの塩焼きを食べたり、憾満が淵でお地蔵さんを数えたりしている途中の良いお知らせでした( ¯ ³ ¯ )

 

ただ最近さっぱりだったので、いつもなら3連単で行きそうなところを行かなかったという後悔に襲われ…

夜も眠れないことはありませんでしたが、嬉しさの割引に遭ってしまいました(;▽;)

3連複 05-06-10 11,090円

 

今週も的中させて暑い夏を乗り切りたいです!頑張りましょー

sponsor link


 

クイーンステークスG3の予想

◎4ツヅミモン
◯2ソウルスターリング
▲6リバティハイツ
△5フロンテアクイーン
△3トーセンビクトリー
△9ディアドラ
△10ハッピーユニバンス
△1アグレアーブル

 

◎ツヅミモン

今週から札幌開催がスタートですね。

直線の短い札幌競馬場の開幕週ということもあって、過去の傾向を見ても前に行った馬の成績が非常に良いレースです。

ただ逃げ切るとなると、去年のアエロリットや10年前のヤマニンメルベイユのように実績のある馬以外は着外に沈んでいるのも事実で、やはり道中5番手以内ぐらいのポジションでレースを運べそうな先行馬が狙い目ですよね。

ツヅミモンはデビューから4戦全て道中は2~3番手で、今回も同じような位置取りになりそうです。

ここ3戦は重賞で京都外回り→府中→阪神外回りと、先行馬には不利なコースを経験、それでも勝ち馬からはそこまで離されず粘っていました。

今回はコース的にも狙い目かと思っています。

稍重のシンザン記念で2着に好走しているように、パワーも要求される洋芝は合いそうです。

そしてなんと言っても51キロの斤量がとにかく魅力ですよね。

このレースは過去10年で3歳馬が最多の4勝を挙げているように、斤量差が結果に直結するレースです。

今回の3歳馬はこの馬とリバティハイツの2頭。どちらも好評価ですが、より前で競馬ができそうなこの馬を本命でいきたいと思います。

絶好調の藤岡佑介Jの勢いと、手綱捌きにも注目です。

 

◯ソウルスターリング

過去10年でなんと14頭が馬券に絡んでいる前走国内G1組。約半数がG1からの参戦という高確率であれば、やはり今回も軽視はできません。

今回、前走国内G1を走っていたのは桜花賞からのツヅミモンとリバティハイツ、ヴィクトリアマイルからのソウルスターリングの3頭です。

ソウルスターリングのヴィクトリアマイルは着順こそ7着でしたが、外からジワーっと伸びてきての2馬身半差と、復調の兆しは十分見せました。

マイルでも道中は中団ぐらいの位置でしたので、距離が延びるここはメンバー構成的にもおそらく5番手以内で競馬ができそうです。

やはり前の方につけられる馬の評価を上げたいと思いますので、コースや展開が向きそうなこの馬は魅力ですよね。

フランケル産駒で、お母さんもヨーロッパのG1を6勝した馬なので洋芝が悪いわけはないですし、実際に新馬戦で同じコースを勝っています。

その新馬戦→アイビーSと連勝し、毎日王冠で0,5秒差と悪くない戦績の1800mという距離もまた良いです。

近走の負けで人気も落ちていますし、馬券的な妙味からも対抗はこの馬で行きたいと思います。

 

買い目

単勝◎

馬連
◯~◎▲

3連単
◎◯→◎◯▲→印 24通り
◎◯→△→◎◯▲ 20通り

2018-07-27 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】函館2歳ステークス&中京記念2018

おはようございます〜暑い暑い(><)

本日は函館2歳ステークス、中京記念2018の予想を書いていきます。

 

とんでもない暑さの日々…みなさん大丈夫ですか??

競馬を観に行くのもちょっと腰が重くなってしまいますが、外での観戦は十分注意してくださいね。

cafeタイム設けてください。そして今日は儲けてくださいw(=ω= )w

sponsor link


 

函館2歳ステークスG3の予想

◎6アスターペガサス
◯✧16ニヴィアン
▲3スズカカナロア
☆1ラブミーファイン
△5カルリーノ
△9ロードワンダー
△4トーセンオパール
△12ラブリロンリロンス
△11ナンヨーイザヨイ
△15ホールドユアハンド

 

◎アスターペガサス

新馬戦の勝ちっぷりと負かした相手がとにかく優秀。スタートからやや押していって、道中は2、3番手を追走。

出していったにも関わらず全く掛かる気配はなく、ピタッと逃げ馬の後ろで折り合えるレースセンスは新馬とは思えないほどでした。

4コーナーで先頭に並ぶと、残り200mを切ってからしっかり追われて、後続を2馬身半突き放しました。

2着以下の馬とは何回走っても勝てるのではないかと思わせるような圧倒的な内容でしたが、この負かした馬たちが続々と未勝利戦を突破。

7着馬も次走で2着に好走したことからも、このレースのメンバーレベルの高さと、このアスターペガサスの能力の高さがわかります。

しかも陣営もまだ追い切りが足りておらず仕上がり途上というようなコメントで、それであの走りですので奥が深いですよね。

お父さんはアメリカの馬でストームキャット産駒。母系もダートも苦にしない血統なので、力のいる函館の洋芝はピッタリなように思います。

枠も6番と、先行するには一番良い枠を引きましたので、ここはこの馬が勝つと見ています。

 

◯ニヴィアン

今のところブービー人気と全く人気がないですが、2戦目のパフォーマンスなら馬券圏内は全然可能性があると見ています。

前半の3ハロンが稍重で34秒2というかなり速いペースを2番手で追走。

すぐ外にはヤマカツルビー(ヤマカツエースやヤマカツグレースの妹)にピタリとつけられて常にプレッシャーがかかる展開に。

それでも後半の3ハロンはメンバー中最速で、2着馬とはクビ差でしたが3着以下には更に5馬身もの差をつけました。

全体時計も稍重で1分11秒1ならまずまずで、前日のスズカカナロアの勝ち時計と全く同じですよね。

初戦は本命のアスターペガサスと同じレースで5着でしたが、スタートでやや出遅れてしまい少し後ろからの競馬になってしまったことが痛かったです。

2戦目でスタートは改善されていましたし、多少遅れたとしても大外枠なら包まれる心配はありません。

鞍上の古川Jは昨日も穴馬を2頭 馬券圏内に持ってきていて、こういう人気の馬に乗るとなかなか面白いジョッキーですので、ここは大穴を開けてくれると期待しています。

 

買い目

単勝◎

3連複21通り
◎〜◯▲☆〜印

ワイド9通り
◯~印

sponsor link


 

中京記念G3の予想

◎14ミエノサクシード
◯12ロジクライ
▲11ワントゥワン
☆5フロンティア
△16グレーターロンドン
△2ロワアブソリュー
△4リライアブルエース
△3ブラックムーン
△9ダイメイフジ
△10ガリバルディ

 

◎ミエノサクシード

2走前の元町Sのように、脚をためて鮮やかな末脚で差し切ることもできれば、前走のマーメイドSのように先行して粘る競馬もでき、対応能力の高さが魅力の馬。

元町Sでは今回人気の1頭で安定した末脚が魅力のワントゥワンに、末脚勝負を挑んでの勝利。

マーメイドSでは上位7着までは中団より後ろから差してきた馬が占める中、先行して3着に食い込むなど、展開が向かない中でも状況に応じた強い競馬を見せてます。

また2走前のG2阪神牝馬Sでは、休み明けにも関わらずG1常連馬たちの中で6着に好走しました。

ちなみにここでもワントゥワンにも先着しており、それでいてこの人気差があるとなると、ミエノを応援したくなってしまいますよね。

この時の上がり3Fは33秒9。ちなみにこの馬、前走の2000m戦こそ上がりは33秒台でしたが、それまではなんと12戦続けて上がり3F33秒か32秒台をマークしているように、マイル前後の距離では確実に終いは伸びてきます。

しかも後方一気ではなくある程度のポジションから伸びてきているというのがまた良いですよね。

直線の長い中京のマイル戦ですので、この馬には合う条件と見て期待しています。

 

買い目

3連複21通り
◎〜◯▲☆〜印

馬連box3通り
◎◯▲

2018-07-22 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】函館記念2018

めーっちゃ遅くなってしまい申し訳ありません…(꒪꒳꒪;)

ちょと体調が優れず、予想がなかなか進みませんでした…が!だいぶ良くなったので、この函館記念を的中させて、残り半分のお休みを満喫したいと思います♩

sponsor link


函館記念G3の予想

◎11マイネルハニー
◯5スズカデヴィアス
▲10ブレスジャーニー
△6エアアンセム
△14エテルナミノル
△7トリコロールブルー
△1ブラックバゴ
△8ロジチャリス
△12ナスノセイカン
△2カデナ

 

◎マイネルハニー

これまで何度も重い印を打っている馬で、期待に応えてくれたり全然ダメだったりとかなり波のある馬ですが、今回は走り時だと見ています。

前走の巴賞はスローペースを先行したにもかかわらず、直線では全く伸びずに8着。

どちらかというと直線でのヨーイドンの競馬より、ある程度ベースが流れたところから長めのスパートで、持久力勝負に持ち込む方が好走できる馬なので、前走のような競馬になるとやや分が悪いです。

今回は前にいく馬も揃っていてペースは流れそうですので、Bコースに替わって前が残りやすい馬場ということもありこの馬に条件が向くと見ています。

その前走の巴賞は明らかに叩き台で、急仕上げで調教の負荷も足らず、馬体重も+12キロと完全に太め残りでした。

一回叩かれた上に今回は調教の負荷もかなりかけられていて、タイムも手応えも抜群でした。

斤量もその時の58キロから1キロ減って57キロになりますので、ここは巴賞組には先着すると見ています。

3走前の白富士Sは◯スズカデヴィアスを負かしての勝利。左回りの2000mはスズカデヴィアスが得意の条件で、そこで勝ちきったのは価値がありますよね。

丹内Jは一昨年、マイネルミラノでこのレースを制していますので、同じマイネルの先行馬での好走に期待しています。

 

買い目

3連複15通り
◎〜◯▲〜印

3連単32通り
◎◯→◎◯→印
◎→印→◯
印→◎→◯

2018-07-15 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 51