Blog

【土曜メイン競馬予想】平安ステークス2018

明日の平安ステークス2018の予想をしていきます。

 

ですがその前に、コケパワーでたよ〜〜w(=ω= )w

↑チャツボミゴケ公園でゲン担ぎ

 

先週のヴィクトリアマイルで3連複に加え、検討していた3連単もGETすることができました!

ううぅ〜うれしくて泣けます〜(ノД`)久しぶりに大きく取れて良かったです。

ずっと惜しい感じが続いてて、でも穴馬を見つけられていたので、良い雰囲気はあったので、うおーやっとかーという気持ちです。

3連複 8,850円✧
3連単 63,640円✧

 

いよいよ今週、来週は3歳馬も一番気合が入る決戦の日、わたしも負けないように頑張りたいと思います!

その前にまずは平安ステークス。今回は、うーん堅いかなー( •́ε•̀ )?

sponsor link


 

平安ステークスG3の予想

◎6グレイトパール
◯10クインズサターン
▲5テイエムジンソク
☆15トップディーヴォ
△14クイーンマンボ
△13ナムラアラシ
△11プリンシアコメータ
△1ミツバ
△16マイティティー

 

◎グレイトパール

ちょっと今回は逆らえなそう…。強いて不安点を挙げるとしたら、

①前走が約1年ぶりのレースとなり、しっかり追われて反動がないか。
②重賞2連勝中とはいえメンバーレベル自体はさほど高くないため、G1を戦ってきた馬たちとの力関係がどうか。
③このレース自体が前に行く馬の成績がとにかく良いので、後ろから届くかどうか。 ぐらいでしょうか?

①に関してですが、長期休養明けの叩き2戦目で、むしろパフォーマンスを上げる可能性も大いにあると思います。

前走の馬体重は+8キロの546キロで、この馬自身は536~540あたりがベストなところかと思いますので、大型馬の叩き2戦目はやはりプラスに働きそうです。

②に関しては、4走前、今回と同じ京都1900mの初夢Sでテイエムジンソクを全く寄せ付けなかったパフォーマンスが強調できますよね。

テイエムジンソクが吉川Jとのコンビで本格化する前ではありましたが、3~4コーナーで大外を回した上に、直線ノーステッキで突き放す様子は着差以上の力差を感じさせるものでした。

そして③は、直線もさほど長くなく平坦な京都ダートコースですので、逃げる、先行するということよりは4コーナーで先頭集団にいることが大事だと思います。

グレイトパールは最初からある程度のポジションを取りに行くこともできますが、やはりラスト800mぐらいから捲っていって長く脚を使えるのが強みですので、4コーナーではもう前を射程圏に捕らえているかと思います。

またこのレースはアンタレスSを使った馬の成績が良く、5月の京都1900mで行われるようになった5年前から4年連続で2頭ずつ馬券に絡んでいました。

去年だけはマイネルバイカ1頭でしたが、マイネルバイカは15番人気でしたし、そもそも勝ったのはこのグレイトパール自身ですので、やはりアンタレスS組は評価を上げて良さそうです。

単勝を買っても全然つきそうにないので、3連単をある程度絞って買いたいと思います。

 

◯クインズサターン

クインズサターンもアンタレスS組。今回一発があるとしたらこの馬だと思っています。

展開的にはテイエムジンソクやサンライズソア、ミツバなど、グレイトパール以外の人気どころは前の方につけそうで、他にも前に行きたい馬は何頭かいるのでレースはまずまず流れそうです。

当然、テイエムジンソクはグレイトパールを、グレイトパールはテイエムジンソクを意識することになると思います。

コースやレースの特性上、前が残りやすいという頭は各ジョッキーにあるかと思いますので、気持ち早めに前を捕まえに行くような競馬になりそうです。

そうなると各馬かなり脚を使った状態になるかと思いますので、この馬の末脚がはまるんじゃないかと見ています。

ここ5戦中3戦で上がり3F最速をマーク、前走はグレイトパールと同じ上がりを使いました。最後のゴール前の脚は1頭際立っていましたよね。

2走前のマーチSでは中山1800mの鬼、センチュリオンに中山1800の舞台でハナ差2着、ハイランドピークやエピカリスといった強敵には完勝でした。

金曜も明日も雨予報(今日は降ったかな?)、京都は脚抜きの良い馬場になりそうです。前走の不良馬場での最後の追い上げや、半年前の準オープンでの3馬身差圧勝など、後ろからの馬ですが道悪は得意です。

雨により、さらに前が有利という意識が各ジョッキー働きそうですので、この馬に展開が向けばと思っています。

 

買い目

3連単32通り
◎→◯▲→印 14通り
◎→☆△→◯▲ 12通り
◯→◎▲☆→◎▲☆ 6通り

単勝◯(ちょっとだけ押さえます)

2018-05-18 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】ヴィクトリアマイル2018

今日はヴィクトリアマイル2018の予想を書いていきます。

 

京王杯スプリングカップは単勝少しだけGETー!しかし3連複またヒモ抜け…

というかTweetしちゃいましたが、ムーンクエイクの馬体重が絞れてなかったので、3連複は◎と◯をひっくり返したのですが、結果どちらにしてもはずれました( -“- )

 

仕方がないので昨日は自然のコケパワーを注入…

群馬県のチャツボミゴケ公園とてもキレイでした( ¨̮ )

 

ヴィクトリアマイル的中目指して頑張りましょう!

sponsor link


 

ヴィクトリアマイルG1の予想

◎16リスグラシュー
◯17デンコウアンジュ
▲11アドマイヤリード
☆4ジュールポレール
△6レッドアヴァンセ
△12エテルナミノル
△10アエロリット
△15デアレガーロ
△7カワキタエンカ
△18メイズオブオナー

 

◎リスグラシュー

前走の阪神牝馬Sが最高の内容でした。

超スローペースで前に行ったミスパンテールや、レッドアヴァンセ、アドマイヤリード、ジュールポレールといった今回も出走する馬達が上位を独占しましたが、この馬は中団でじっと我慢することができ、直線で外から1頭だけ凄い脚で伸びてきました。

展開を考えると1頭力が違うといった競馬でしたよね。

元々折り合いに難のある馬ですので、ここで超スローペースを我慢できたことが確実に今回に繋がると思いますので、トライアルレースとしては最高の内容だったと思います。

さらに今回は2戦2勝(どちらも重賞)と抜群の、府中マイルに替わります。

左回りコース自体も連対を外したのはオークスの5着だけで、敗因を距離とすればむしろよく頑張りましたよね。

スタートに課題がある馬なので、偶数枠でを引けたのも大きいですし、包まれない外目の枠もこの馬には良さそうです。

土曜のような馬場だと外枠は厳しそうですが、当日の午後は雨が降る予報ですので、少しでも時計のかかる馬場になれば、この馬やデンコウアンジュ、アドマイヤリードには最高の馬場になりそうです。

 

◯デンコウアンジュ

◯~☆は去年の1~3着馬になりました。特に意識したわけではないのですが、このレースのリピーター率は凄いですよね。

人気薄でも、とにかくもう1回来るレースになっています。今回過去にこのレースで馬券に絡んだことのある馬はこの3頭のみですので、確かにどの馬かは来そうですね☆

デンコウアンジュは知っての通り府中マイル巧者で、アルテミスSではあのメジャーエンブレムを下して重賞初制覇。

そして去年のヴィクトリアマイルでは2着。もう1戦、今年の東京新聞杯でも牡馬に混じって4着と好走しました。

2着で今日の京王杯SCでも好走したサトノアレスとは0,1秒差の僅差で、3着は府中でとにかく走るダイワキャグニーでした。

となると、この馬は府中マイルを走った3戦全てで高いパフォーマンスを発揮していることになります。

その他の条件の時はよく凡走もするので、なかなか人気が上がらず、まさにこの条件でこそ狙える馬ですよね。

さらにこの馬は重賞で馬券に絡んだ全4回が8枠→5枠→7枠→8枠と、外枠の方が力を発揮できるタイプです。

今回も17番と、この馬にとっては絶好枠(逆に人気は落とす枠)を引きましたので、ここはリピーター最有力と見ています。

雨が降りそうなのもこの馬にとってはプラスかと思いますので、人気薄の激走はこの馬と見ています。

 

買い目

3連複21通り
◎~◯▲☆~印

ワイド6通り
◯〜アエロリットまでの6頭

3連単は◎の2〜3着で検討中、頭は◯▲☆

2018-05-13 | Posted in Blog, Photo, 予想No Comments » 

 

【土曜メイン競馬予想】京王杯スプリングカップ2018

↑富山にある能作のファクトリーショップがとても素敵でした❥

 

GWは終わってしまいましたが、春競馬はまだまだ終わりません!

今週も京王杯スプリングカップ2018の予想からスタートしていきます。

 

先週日曜の新潟大賞典では、11番人気の☆ナスノセイカンからのワイドをなんとか拾いました!!

だけどなー…3連複取れずでめーっちゃ悔しかったです。

拾えるところを拾わなかったので、悶絶状態でした。ジュウマンエン(ノД`)

 

土曜の京都新聞杯でも11番人気の☆アドマイヤアルバを評価していたので、穴馬キラリ✧発動中かもしれません( ̄▽ ̄)

というわけで、今週も穴馬から攻めているので、ぜひ参考になればいいなと思っております。

sponsor link


 

京王杯スプリングカップG2の予想

◎5ムーンクエイク【穴馬キラリ✧】
◯14ビップライブリー【穴馬キラリ✧】
▲6グレーターロンドン
☆15ダンスディレクター
△10セイウンコウセイ
△13ダイメイフジ
△12テオドール
△1サトノアレス
△9ウインガニオン
△8リライアブルエース

 

◎ムーンクエイク

今回間違いなくパフォーマンスを上げてきそうな1頭。穴人気する可能性はありますが、それでも6番人気以下にはなりそうです。

前走はオープン昇格初戦で3か月ぶりのレースでしたが、馬体重は18キロ増の504キロ。冬場でなかなか絞るのが難しかったのか、とにかく重めでした。

この馬はこれまで11戦していて、馬券を外したのは僅かに3回なのですが、3回とも500キロ台での出走でした。逆に400キロ台で出走している時は(6,2,0,0)とほぼパーフェクトです。

ちなみに500キロ台で馬券を外した3走も4着2回と5着1回なので、まだキャリアで掲示板を外したことがないという抜群の安定感です。

当日馬体が絞れていれば、確実に好走してくると思います。

 

1400mは初めてですが、ファインニードルやセイウンコウセイといった、短い距離での活躍馬が多いアドマイヤムーン産駒。マイルの前走も道中はかなり掛かっていましたので、距離短縮はむしろ魅力ですよね。

前走は今年の京都の荒れた馬場で、しかも稍重と、なかなかこの馬には向きませんでした。2走前~4走前は良馬場で全て上がり最速での完勝ですので、良い馬場でできそうな点もプラスです。

さらに今回は(5,1,0,0)と、とにかく絶好の相性を誇るルメールJに手綱が戻ります。

府中も6戦して4連対と成績が良いですので、あとは本当に馬体重次第では、いきなりの重賞制覇もあると思っています。

 

◯ビップライブリー

戦ってきたメンバーと着差を考えると、ここではもっと評価されてもいい馬ですよね。

5走前のG2スワンSでは勝ったサングレーザーと0,3秒差4着。4走前のG3京阪杯では、出遅れながらも勝ったネロとはタイム差なしの2着。

3走前のG2阪神Cでは、直線で前をカットされる不利がありながらもそこから盛り返して5着。2走前のG3オーシャンSでは、苦手と思われる中山でも勝馬とは0,1秒差でした。

重賞でこれだけ好走していて、予想オッズではなんと11番人気です。

そのビップライブリーですが、今回は最も得意とする1400m戦、府中、そして(2,2,0,1)と相性抜群の大野Jとのコンビに戻ります。

これだけ条件が好転すれば、今回は馬券に絡んでくれると見ています。

 

買い目

3連複21通り
◎~◯▲☆~印

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

ワイド5通り
◎~◯▲☆
◯~▲☆

単勝◎

2018-05-11 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】NHKマイルカップ&新潟大賞典2018

遅くなってしまいましたが、本日はNHKマイルカップと新潟大賞典2018の予想を書いていきます。

 

わたしは無事に北陸旅行から帰って、急いでブログを更新しています><

あ〜京都新聞杯は惜しかったな(ノД`)

 

いろんな芸術にふれたので感度が研ぎ澄まされて、予想にも効果が現れるかも?!なんていう期待をしてます。(昨日のアルバみたいなの✧)

 

そういえば金沢の21世紀美術館は、あまりにも高度な芸術にわたしはちんぷんかんぷんでした…笑

 

それよりも良かったのは富山のガラス美術館。

隈研吾さんの設計にとてつもなく感動!

展示作品も素敵なものばかりでした❥❥

 

ということで、本日も素敵な予想に挑みます!

sponsor link


 

新潟大賞典G3の予想

◎1スズカデヴィアス
◯13マイスタイル
▲8ハクサンルドルフ
☆2ナスノセイカン✧
△10トリオンフ
△7カレンラストショー
△5トーセンマタコイヤ
△4シャイニープリンス✧

 

◎スズカデヴィアス

前走の小倉大賞典を評価したいと思います。

テレビにはたまたま写らなかったため、パトロールビデオを見ないとなかなかわかりづらかったですが、4コーナーの手前で故障した馬が失速した際に、思いっきりその影響を受けてしまいました。

一度完全にブレーキを踏むような形でしたが、そこから大外を回してもう一度加速して、直線の短い小倉で3着まで詰め寄ったのは驚きでしかありませんでした。

普通ならもうあとは流すしかないぐらいの不利でしたので、もう一度立て直したのは立派でした。

しかも勝ったトリオンフとは2,5キロ、2着のクインズミラーグロとは3,5キロの斤量差があったのを考えると、3¾馬身差の3着はむしろ評価に値すると思っています。

今回はトリオンフの方が0,5キロ重くなるので、逆転は十分可能ではないでしょうか。

2017年から控える競馬をしてきて、さらに中距離を中心に使われてきてからはとにかく成績が安定してきて、金鯱賞、福島記念、小倉大賞典と重賞でも度々馬券に絡むようになりました。

その間、左回りの2000mは5戦していて馬券圏内を外したのは1度のみ。この条件は最も安定して力を出せる舞台です。

近走の成績と戦ってきた相手関係を考えても56,5キロは恵まれたと思いますので、ここは好走必至ではないでしょうか。

 

買い目

3連複24通り
◎◯〜◎◯▲☆〜印

ワイド3通りずつ
2.4✧〜◎◯▲

あとは迷い中です。

sponsor link


 

NHKマイルカップG1の予想

◎1カツジ
◯10パクスアメリカーナ
▲14デルタバローズ
☆5プリモシーン
△7タワーオブロンドン
△8ダノンスマッシュ
△16ミスターメロディ
△9ギベオン
△18ロックディスタウン
△17レッドヴェイロン
△11ケイアイノーテック

 

◎カツジ

デイリー杯、きさらぎ賞、ニュージーランドTと3戦ずっと本命にしているこの馬。今回も本命でいきます!

脚質や馬名、騎手からなのか、馬主や生産牧場が社台系じゃないからなのか、実力ほど人気しないのが良いですよね。

4戦して連対を外したのはきさらぎ賞のみ。前走のニュージーランドTの予想でも書きましたが、敗因は明らかでした。

しかも中間にフレグモーネも発症していたようで、それでも掲示板を確保したのは能力の高さ以外、何ものでもありません。

前走はスタートが合わず、更に中山のマイルということもあってすぐに内に馬が殺到してしまって後方からの競馬になってしまいましたが、スタートはいつもは普通に出る馬です。

また行き脚もつくので、府中のマイルならスタートしてからでもいいポジションが取れるとみています。

メンバー的にもどうしても逃げたいような馬はいないので、先行勢に有利な流れになると思いますし、好位の内でじっとしていて直線で抜け出すことができれば、まだ内が良い府中の馬場でしぶといレースをしてくれるのではないでしょうか。

松山Jがデビュー前から期待している馬で、ここまでずっと調教も含めて馬を育てている点も非常に好感が持てます。

ここはG1の大舞台でも、好走してくれると思っています。

 

◯パクスアメリカーナ

この馬も前走のアーリントンCで本命にした馬で、3番人気で2着と期待に応えてくれました。

スパッと切れるというよりはジワ~っと伸びるタイプなので、内で包まれてしまって追い出しが遅れたときはヒヤッとしましたが、追い出されるとジワ~っと伸びてきてくれました。

今回、10番という枠と広い府中であれば動きたいタイミングで追い出すことができると思いますので、前走よりも更に良くなるとみています。

全姉にホエールキャプチャがいて、ホエールキャプチャはヴィクトリアマイルや東京新聞杯、クイーンCを制しているように、府中のマイルはベストな距離でした。

クロフネ産駒もこのレースは去年のアエロリット、3年前のクラリティスカイと非常に相性が良いことで有名ですよね。

この馬もカツジ同様、デビューからずっと川田Jとのコンビで、人馬一体でここまで成長してきました。

ちなみに馬主、生産牧場とも非社台系で、実力より評価されない点はカツジと同じかもしれませんね。

偶然ではありますが、この2頭に注目したいと思っています。

 

買い目

ワイド3通り
◎◯▲

3連複24通り
◎~◯▲☆~印

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

あとは3連単◎を2、3着固定で36点ぐらい買うと思います。

2018-05-06 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【土曜メイン競馬予想】京都新聞杯2018

今週は京都新聞杯2018の予想から書いていきます。

 

あっという間にGW後半、わたしの北陸旅行も本日まで。夏のような暑い日もあれば横殴りの雨も降ったりと、天気の対応力が重要でしたが、そこは上手くやって、とっても充実した数日間となっています。

ちなみに今日は最高の天気( ¨̮ )

旅の拠点は富山県の絶景キャンプ場で、そこから福井へ行ったり金沢・能登半島に行ったり、もちろん富山も楽しんで、という感じでした。

 

宿泊が格安なので、その代わりに美味しいものをたくさん食べて、買い物して、というお決まりスタイルとなっています。

 

そしてお休みの締めくくりは今日、明日の競馬となるわけですね。

今日も明日もなかなかおもしろそうなレースなので、楽しみです。頑張っていきましょう!

sponsor link


 

京都新聞杯G2の予想

◎7ケイティクレバー
◯15シャルドネゴールド
▲2グローリーヴェイズ
☆8アドマイヤアルバ
△13ステイフーリッシュ
△11アルムフォルツァ
△1フランツ
△12ユーキャンスマイル
△3レノヴァール
△9ロードアクシス

 

◎ケイティクレバー

密かにずっと買い続けているこの馬。好走してもあまり人気にならないので、今回も皐月賞の大敗でさほど人気しないのではないでしょうか。

その皐月賞は、関東への初輸送、テン乗り、距離短縮、初めてジョッキー、5番手に控える競馬と、難しい条件が重なってしまいました。

ただ、この時に控える競馬を経験したことが今回に必ずいきてくると思いますし、先行争いが激しくなりやすい中山2000mから、最初のコーナーまでが長い京都の2200mになることが今回は非常に大きいと思っています。

ゆったりと番手を追走できれば、更にチャンスが広がるのではないでしょうか。

京都のコーナー4つのコースは(2,1,1,0)と絶好で、京都2歳Sでグレイル、タイムフライヤーに次ぐ3着に入り、若駒Sを3馬身差で圧勝し、すみれSでキタノコマンドールと0,1秒差の2着に好走した舞台です。

大敗したのは朝日杯FSと皐月賞のG1の2戦。どちらも距離短縮で臨んだレースでした。

ハービンジャー産駒は距離延長を得意とすることは有名ですし、母父はこのレースで2度も産駒がワンツースリーを決めているディープインパクト、血統的にも舞台適正は高そうです。

ここはこの馬が巻き返すと見ています。

 

◯シャルドネゴールド

前走のG3毎日杯は7着と案外な結果に終わってしまいました。

なかなか敗因を特定するのが難しいところですが、この馬は1800mよりも2000m以上の距離で、ワンターンよりコーナー4つのコースの方が適正があるとみています。

新馬戦もワンターンの1800mで3着でした。(それでもロックディスタウンと1馬身差であれば評価できる!)

その後3戦はコーナー4つの2000mを3戦走って1着→2着→1着。

戦ってきた相手もなかなか強く、葉牡丹賞はジェネラーレウーノ(京成杯1着→皐月賞3着)とハナ差2着で、マイネルファンロン(スプリングS3着)には完勝でした。

勝ち上がった500万条件戦では、フローラSの覇者サトノワルキューレとも大接戦を演じたエタリオウ(青葉賞2着)を下しました。そのレースには今回も対戦するフランツやリシュブールも出ています。

ちなみに7着に負かしたアイトーンはその後、福寿草特別と若葉Sを連勝しているように、メンバーレベルはかなり高い一戦だったと言えますよね。

前走の7着と15番という枠で多少人気を落としそうですが、距離延長とコーナー4つのコースで巻き返すとみて、対抗でいきたいと思います。

 

買い目

単複◎

3連複21通り
◎~◯▲☆~印

馬連BOX6通り
◎◯▲☆

2018-05-05 | Posted in Blog, Photo, 予想1 Comment » 

 

【日曜メイン競馬予想】天皇賞(春)2018

天皇賞(春)2018の予想を発表していきます!!

今日はもう予想書いちゃいます。的中目指して頑張りましょ!

sponsor link


 

天皇賞(春)G1の予想

◎11シュヴァルグラン
◯12レインボーライン
▲10サトノクロニクル
☆14アルバート
△15トーセンバジル
△2チェスナットコート
△1ミッキーロケット
△9ソールインパクト
△16スマートレイアー
△4カレンミロティック

 

◎シュヴァルグラン

1番人気ですし、おそらく誰もが思ってるような理由なので、サクッと。
・距離延長
・2400m以上のレースで馬券を外したのは、14戦して一昨年の有馬記念6着のみ(自分から捲っていっての勝負騎乗なので度外視でOK)
・JC制覇&有馬3着のボウマンJとのコンビ
・叩き2戦目で元々ここが目標
・去年2着、一昨年3着で実績も文句なし
といったところでしょうか。

ここは単勝が3倍台後半でも相当美味しいと言えそうです。相手で思い切った取捨選択をして行きたいところですね。

 

◯レインボーライン

ここ3年は阪神大賞典組が2頭ずつ馬券に絡んでいて、勝って臨んだ馬は3年連続馬券圏内です。

その前走が圧巻で、有馬記念以来3か月ぶりのレースで馬体重も+10キロと余裕残しの仕上げでしたが、3~4コーナーでGOサインが出ると瞬時に反応。

直線入り口で先団に取り付いて、あとは後続を全く寄せ付けませんでした。

これまでは馬場が重くなった時に好走する馬という印象でしたが、良馬場でもこれだけの走りができたのは成長の証ですよね。

3000m以上の長丁場はこれまで3戦して菊花賞2着、天皇賞(春)12着、阪神大賞典1着と結果を残しています。

去年の天皇賞(春)は16番という枠が大きかったと思うので、この長距離実績はやはり魅力です。

12番であればそこまでロスなく競馬ができますし、動きたいタイミングで動くことができる悪くない枠だと思いますので、阪神大賞典の再現に期待したいと思います。

 

▲サトノクロニクル

この馬も有馬記念9着以来の出走となった阪神大賞典で2着と好走。直線でレインボーラインに前をカットされる不利がありましたが、一旦ブレーキをかけたところからもう一度伸びてきて、最後は差を詰めていました。

3着のクリンチャーには1馬身半差で、もっと距離が延びていたら更に引き離していたと思います。

良馬場の京都は条件としても絶好で、川田Jとのコンビも(1,3,0,1)と相性抜群です。(負けた1戦は相当重いハンデを背負わされたラジオNIKKEI賞)

勝ち鞍が2000m以下しかないこと、サトノラーゼンの弟ということ、2500m以上の好走が前走の阪神大賞典しかないことから、おそらく距離が長いと思われがちで人気も7番人気とあまりありません。

ただ、前走の最後の伸びからも良馬場であれば全く問題ないと思っていますので、穴を開けるならこの馬かと思っています。

 

買い目

単複◎

3連複10通り
◎~チェスナットコートまでの5頭

3連単32通り
◎→◯▲→印
◯▲→◎→印

2018-04-29 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【土曜メイン競馬予想】青葉賞2018

おはようございます。GWに入られた方もいらっしゃいますね。

わたしもそんな感じで休みに入ったのですが、後半はテントを担いで北陸の旅を計画しています。

なので雨が降らないと良いのですが、ちらほら雨マークあるんですよねー〣( º-º )〣

みなさんも良い休日をお過ごしください。

 

さて今週は天皇賞(春)ですが、何だかあまりテンションが上がらないんですねー…メンバーのせいでしょうか。

その前に本日の青葉賞2018の予想を書いていきたいと思います。(こっちの方が楽しみ)

sponsor link


 

青葉賞G2の予想

◎3スズカテイオー
◯12ダノンマジェスティ
▲15エタリオウ
☆18サトノソルタス
△8オブセッション
△10スーパーフェザー
△4ダブルフラット
△13ノストラダムス
△1カフジバンガード
△11トラストケンシン
△9ゴーフォザサミット

 

◎スズカテイオー

現在のオッズでは7番人気、穴馬としてとても妙味のある1頭です。

新馬戦はサトノシリウスや、今回も出走するディープインラヴなど同じディープインパクト産駒の評判馬に完勝。

すみれSは皐月賞でも頑張ったキタノコマンドールには離されましたが、2着は若駒Sを勝ったケイティクレバー、5着にG3京成杯で2着のコズミックフォースと、なかなかハイレベルなメンバーの中4着に好走しました。

そして強調したいのが前走の大寒桜賞で、勝ったのは今回人気を集めそうなダノンマジェスティでしたが、勝馬とはタイム差無しの4着に好走。ただ、レース内容的にはかなりロスの多い競馬でした。

パトロールビデオを見ると、3~4コーナーでかなりの大外を回す形に。真ん中でじっとしていたダノンマジェスティや1~3着馬より距離ロスは相当大きかったと思います。

4コーナーでは3着馬が大きく外に膨らみ、その煽りを受けてこの馬も大外に膨らんでしまいました。

そして直線、何度も3着馬が内に外にとフラフラしてしまい、この馬はその度にブレーキをかけるような形に。

ダノンマジェスティもその影響を受けて1度ブレーキをかけるようなタイミングがありましたが、スズカテイオーの方がその不利は大きかったと思います。

それでもラスト3ハロンはなんとメンバー最速。しっかり伸びてタイム差無しの4着まで詰め寄ったのは評価できます。

このロスがなければおそらく勝っていたと思いますし、そうなればここでも人気になっていたと思います。
(ちなみに2着のグレートウォリアーも次走ですぐに新緑賞を勝ち上がりました。)

前走大寒桜賞組はここ5年連続で馬券に絡んでいる相性の良いレースです。

今回の出走メンバーではこのスズカテイオーとダノンマジェスティの2頭のみ。

この人気差であれば、レース内容からもダノンマジェスティよりこの馬を狙いたいところですよね。

 

◯ダノンマジェスティ

5年連続で馬券に絡んでいる大寒桜賞組のもう1頭。ちなみにその5頭は全て大寒桜賞の勝ち馬です。

この馬も前走は直線で3着馬に大きな不利を受けましたが、そこからもう一度伸びてきて差し切り勝ち。スズカテイオーに次ぐ上がり2位のタイムを記録しました。

今回の出走メンバーで唯一、新馬戦から全てのレースで1番人気に支持されているように、ポテンシャルの高さは相当なものです。

ただ、気性が難しく、きさらぎ賞のような凡走もあるため本命にはできませんでしたが、今回は初めてジョッキーが継続騎乗。この点は相当大きいのではないかと思います。

もう1つ大きいのが左回りという点です。

右まわりの新馬戦は4コーナーからずっと外に外に行こうとして、直線でも最後は大外にまで斜行しての、3馬身半差圧勝。

きさらぎ賞でも道中はずっと掛かりっぱなしで、外に外に行こうとして消耗し、4コーナーではやはり大きく外に膨れて競馬になりませんでした。

前走の大寒桜賞は左回りになってそれまでの2戦よりその点が明らかに改善されてきましたし、ジョッキーも馬混みに入れることでだいぶ馬も落ち着いて走っていました。

今回も上手く馬混みに入れて運べれば、直線では突き抜ける可能性もあると思っています。

初めて1番人気にはならなそうですが、ここが狙い目と見て、対抗でいきたいと思います。

 

買い目

単複◎

3連複24通り
◎~◯▲☆~△

馬連5通り
◯~スーパーフェザーまでの5頭

2018-04-28 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【日曜メイン競馬予想】マイラーズC&フローラS2018

本日はフローラステークス&マイラーズカップ2018の予想を発表していきます。

わたしの気合い的にはフローラに偏っていますが、気楽な予想の方が当たったりすることもしばしば( -“- )

今週もめっちゃ予想したな〜・・日曜にドッと疲れが。。

 

さて昨日今日と初夏並みの暑さですが、キャンプやピクニックに出かけたくなりますね。

今日はケツメ(友達と会う会)なので、これから急いでお出かけです♩

 

気付いたら的中してたー!というパターン希望。みなさんも頑張ってくださいね^^

 

sponsor link


 

フローラステークスG2の予想

◎12レッドベルローズ
◯10オハナ
▲5ノーブルカリナン
☆3ウスベニノキミ
△15パイオニアバイオ
△13ヴェロニカグレース
△16ノームコア
△1サラキア
△4サトノワルキューレ
×7・2

 

◎レッドベルローズ

牝馬限定戦で距離も2000m。先行馬も少なくおそらく超スローペースになることが予想されます。

土曜日のレースを見ても、開幕週の府中らしく前と内がなかなか止まらない馬場状態となると、道中は中団からある程度のポジションにつけられて、直線でも速い上がりを使える馬が良さそうです。

そうなるとディープインパクト産駒の切れ味はやはり魅力ですよね。

ただ、人気のサトノワルキューレはここ2戦は2400mを使っている上に、スタートが苦手なデムーロJが騎乗(前走もデムーロJで出遅れています)。

過去10年、距離短縮でこのレースを勝った馬がいないことは、おそらく緩いペースに慣れてしまって道中のポジションが悪くなるからだと推測できます。

サラキアは2戦とも出遅れていて、陣営もスタートに関してはまだ課題とコメントしています。

その上最内枠を引いてしまったので、1コーナーまでの距離が近い府中の2000mでは必然的にポジションは悪くなりそうです。

◎レッドベルローズは前走、まずまず流れたレースで3番手を追走できたのは収穫です。直線で抜け出すと後続を全く寄せ付けずの完勝でした。

決して展開が向いたというわけではなく、2、3着は後方から追い込んだ馬。逃げた馬は最下位で、2番人気のシャドウアイランドもレッドベルローズをピッタリマークする前目のポジションでしたが5着に沈みました。

今回も12番という枠順とペースを考えると、ある程度自由にポジションを取れそうなのは強みです。

2走前のG3クイーンCは、スタートで出遅れてしまい後方からに。直線で大外に回されると、内の馬が急に斜行して致命的な不利を受けてしまいました。

そもそもこの日の馬場は外を回すとかなり厳しい馬場でしたので、悪いことが全て重なった結果だったと思います。

それでも3着馬とは0,3秒差だったのは力がある証拠だと思います。スタートの課題も克服した今なら、好走必至と見ています。

 

◯オハナ

この馬も比較的中団から前の方につけられるディープインパクト産駒です。

デビューから3戦ともマイルを使われてきたので、距離延長で追走が楽になるのはプラスだと思います。枠も10番と絶好のところを引きました。

この馬もレッドベルローズ同様クイーンカップを走っていますが、4着とレッドベルローズより先着、重賞でも好走しました。

この馬も直線は外目を通って差してくる形になってしまい、あの時の馬場では4着まで追い上げるのがやっと。2着に入ったフィニフティと一緒に、後ろからよく伸びてきました。

新馬戦は府中のマイル戦を使われていますが、この時は重馬場だったにも関わらずラスト3ハロンは33秒6と唯一の33秒台をマーク。

道中の流れが遅かったところもありますが、言い換えると道中が緩めばこれだけ他馬よりキレる脚を使える馬ということです。

2走前は力の要る中山で、決して得意な条件ではなかったと思いますが前残りの展開の中、しっかりと前を差しきっての完勝。

前走はペースも速く追走に苦労していた印象でしたので、今回ペースも遅くなり、直線の長い府中に替わるのは間違いなくプラスに働くかと思います。

巻き返しに期待して、対抗でいきたいと思います。

 

買い目

単勝◎

3連複24通り
◎~◯▲☆~印

3連単買うなら…
◎→◯▲☆→◯▲☆△(21)
◯▲→◎→◯▲☆△(14)

sponsor link


 

マイラーズカップG2の予想

◎8ロジクライ
◯1ヤングマンパワー
▲5サングレーザー
△4エアスピネル
△9モズアスコット
△10ブラックムーン
×7.3.14

 

◎ロジクライ

京都の開幕週は、高速馬場になる傾向が強いですが、去年の台風の影響で、今年はそこまで顕著ではなさそうです。

去年のこのレースのようにレコードタイムが出るような高速レースにはならないはずで、それであればまだ未知数のロジクライも出番は十分あると見ています。

上がり馬とはいえ、3歳の頃からその能力は秀でるものがあり、シンザン記念では8番人気を覆しての勝利。目立つタイプではないですが、先行してからの粘り強さがあります。

メンバー構成を考えると前が残る展開になりそうなので、ロジクライの持ち味が活かせそうなのはプラス。

怪我でおよそ2年のブランクがあり、復帰戦こそ7着に破れているもののそれ以外では、実力を開花させたシンザン記念から考えると常に連対、まだ実力の底を見せていません。

相手は一気に強くなりますが、ここで結果を出して安田記念に進んで欲しいです。

 

◯ヤングマンパワー

去年のこのレースの3着馬、しかもレコードタイムを叩き出したイスラボニータ、今回1番人気で去年も絶好調のエアスピネルに次ぐ、ほとんど差がない(イスラボニータとは0,2秒差)3着はとても評価ができますよね。

近走はあまりいい結果が出ていませんが、去年もマイルCSでは大敗、東京新聞杯を挟んではいますが、それからマイラーズカップで好走しています。

今回もいきなり好走してもおかしくはないと思いますし、喉の手術後、調教もとにかく調子が良いそうです。

今回は先行脚質も向きそうですし、なおかつ先行してからも33秒台の早い上がりが使えるのはこの馬の武器。

前の2頭で決まるパターンもあると思っています。

 

買い目

3連複19通り
◎◯〜◎◯▲〜印

馬連box3通り
◎◯▲

単勝◎◯

2018-04-22 | Posted in Blog, 予想No Comments » 

 

【土曜メイン競馬予想】福島牝馬ステークス2018

今週はG1がお休みですが、土日で3つ重賞があります。まずは福島牝馬ステークス2018からです。

 

そういえば皐月賞は結局とても天気が良くなって、もう少し我慢して待ってたら良かったな〜と後悔。(早朝の暴風雨で諦めてしまいました)

でも予想は空振りだったので・・・ちょうどお家でふて寝できました(;▽;)

 

やっぱり土曜!さぁ土曜!

福島牝馬頑張りましょうー( ¨̮ )

sponsor link


福島牝馬ステークスG3の予想

◎5トーセンビクトリー
◯11ワンブレスアウェイ
▲6ゲッカコウ
☆4カンキタエンカ
△3レイホーロマンス
△7キンショーユキヒメ
△9ブラックオニキス
△12デンコウアンジュ

 

◎トーセンビクトリー

“コーナー4つで直線が短い小回り1800mの牝馬限定G3”という条件がピッタリ重なることもあり、前走で中山牝馬Sを走っていた馬の成績が良いレース。

過去10年馬券に絡んだ30頭のうち、実に20頭が、1ヶ月前の中山牝馬Sを走った馬でした。つまり、馬券圏内の3頭中2頭は中山牝馬S組ということになりますよね。

しかもその一戦を“勝たなかった馬”がここで挽回するケースが多く、20頭のうち中山牝馬Sを勝っていた馬はマイネイサベル1頭だけでした。

中山牝馬Sはハンデ戦でこのレースは別定戦ですので、中山牝馬Sではハンデがきつくて勝てなかった馬がこの別定戦で巻き返す、というパターンが多いです。

トーセンビクトリーはまさにその条件に当てはまる馬。前走はトップハンデの56キロでしたが、今回は54キロと斤量が2キロ軽くなります。

その中山牝馬Sは、道中ロスなく運んで直線で追い出されるも、ジワジワとしか伸びずに4着でした。

対抗にしていたカワキタエンカの理由にも書いてますが、この時の中山の芝は基本的には内がかなり痛んでたものの、内ラチ沿いの1頭分だけは、まだ割とキレイで伸びる馬場でした。

カワキタエンカはそこを通ることができて、3着のレイホーロマンスはもっとキレイな大外を伸びてきました。

この馬はというと、馬場の一番悪い内から2~4頭目ぐらいのところを走る形になってしまいました。田辺Jも外へ持ち出そうとはしたものの、なかなか進路がなく仕方なく内をついたような形でしたよね。

それでも3着レイホーロマンスとはタイム差なしの4着ですから、これはかなり立派でした。斤量もですが、このコース取りが一番大きかったように思います。

ちなみに勝ったカワキタエンカは53キロ、3着レイホーロマンスは52キロでしたので、今回はそれぞれ3キロ、4キロの差が埋まることになります。

ちなみに中山牝馬Sで1桁着順の馬はこの馬以外54キロ以下、同じ56キロを背負って人気していたマキシマムドパリやエテルナミノルが10着以下に敗れたことを考えると、この斤量で唯一好走した馬になります。

一昨年の中山牝馬Sを制していますし、札幌のクイーンSもアエロリットの2着に好走しています。

今年のAJCCも牡馬相手に掲示板を確保したように、小回りの中距離戦は得意としていますので、初の福島でも好走してくれるとみています。

 

◯ワンブレスアウェイ

ここ4戦、1度も掲示板に載れずおそらく評価をかなり下げて臨む一戦。ただ、この4戦は全て重賞の舞台で、しかもうち3戦はスタートで出遅れてしまってと不運な競馬が続きました。

それでも今回と同じ津村Jとコンビを組んだ2走前の愛知杯ではスタートもバッチリ決め、0,5秒差の6着に好走。

前走も11着と着順こそ悪かったものの、3着のレイホーロマンスとは1馬身半差でした。出遅れたことを考えると評価できますよね。

ちなみに3走前も出遅れていますが、それでも勝ったミスパンテールとは1馬身半差でした。

今回も出遅れる可能性はもちろんありますが、ここ4戦で唯一スタートを決めている津村Jとのコンビに期待したいと思います。

ちなみに津村Jは先週も福島に参戦して5勝と絶好調、しかもうち4勝は芝コースでのレースでした。土曜日もその好調を維持してくれると期待しましょう。

このレースは外枠の成績があまり良くないというのも人気を下げる要因になりそうですが、ここ10年は全て15頭以上の多頭数でした。

今回は12頭と少なく、しかもこの馬の周りは控える馬か前に行ききる馬しかいませんので、スタートさえ決まれば好位の外目という絶好のポジションをキープできそうです。

5走前の準オープンを完勝した時と同じ福島の1800mで、この馬の復活があると期待しています。

 

買い目

ワイド・馬連
◎◯

3連複3通り
◎~◯▲☆

3連単36通り
◎→◯▲☆→印
◯▲☆→◎→印

2018-04-20 | Posted in BlogNo Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 49